2008年03月17日

3月6日

SANY3330コピー.jpg

たえのブログに遊びに来てくださっている皆さん、突然のお暇頂きまして申し訳ありませんでした。
前回コメント欄を閉じさせて頂いたにもかかわらず、別の記事にコメント残してくださった皆さん、嬉しいコメントをどうもありがとうございました。

もう少しお休みしようかと思っていたのですが、やっぱりブログが無いと、どうにも気になって・・・。(笑)
けど、今回はなんとなく重たい気持ちもあり、
でも、みんなの声が聞きたい、ブログに早く戻りたいという、なんとも複雑な心境の中、今、タイピングしています。

私事ですが、3月6日、義父が他界しました。
別にこんなプライベートな話、する必要ないのかも知れません。

ただ、たえの独り言・・・だと思って、さらっと読み流して頂けると嬉しいです。

義父は肺がんによる肺水腫が原因でした。
タバコも吸わないし、お酒も飲まない、毎日朝夕散歩をする健康的な義父でしたので、義父を知る方は皆驚かれていました。

アタシたち夫婦が義父のガンを知ったのは去年の10月中旬のこと。
余命は3か月。ガンはステージ4。
新年を迎えられるかどうかも分からない・・・という話。
あまりにも唐突な話で実感が湧きませんでした。
去年9月中旬に一時帰国したばかりで、その時はいつものように義父と楽しい時間を過ごしてきたから余計に混乱しました。

遠い外国に住んでいて、こういうとき一番辛いのは、すぐに飛んで行けないという現実。義母や家族に全てを任せっぱなしにしてしまうことでした。
そして、こういうとき一番良かったと思う事・・・なんて何もないけど、しいて言えば、遠いからこそ1日1日弱っていく義父を目の当たりにしなくて済んだこと・・・・でしょうか。

10月にガンの事を知らされた時は、てっちゃんに、1日も早く帰国して、残りわずかの時間、義父と一緒に過ごしてもらいたいと思っていたのですが、現実はそう簡単ではないですよね。
第一、まだまだ彼にとっては現実味のない話だったようですし。

電話は時々もらっていたので、毎度一喜一憂・・・ではないですが、心配する日と、安堵する日が入り乱れていました。

時々電話口で聞く義父の声は、日によって体調がうかがえるものでしたが、それでも調子のいい時は声にもハリがあって、ガン患者とは思えないほど。

義父の治療法は切開手術も放射線治療も無理で、残された抗がん剤の投与のみでした。
合計2種類の抗がん剤を試しましたが、1種類の方は体調が急変する事もなく、穏やかな作用という感じで。
でもしばらくして検査をすると、1種類目の抗がん剤があまり効いてなかったようでした。
ガンが大きく成長していたそうです。
握りこぶし大にも膨れ上がったガンが義父の一方の肺を塞ごうとしていて、もう片方の肺にもガンが転移していました。
他にも既にあちこち転移していました。
2種類目の抗がん剤を勧められて使ったのが、肺がんの為の抗がん剤である”イレッサ”というもの。
これは日本人女性には有効だそうですが、日本人男性には1/3の確率だということ・・・。
詳しくはこちら⇒患者のための抗がん剤事典・イレッサ

アタシたちは勧めたくなかったのですが、最終的には本人の意思で使ってみることになりました。
最後の最後までガンと戦いたい、一つの賭けに出た義父でした。
自宅で簡単に水で服用できるこの抗がん剤は、恐ろしく強力だったようで、義父には負担が大きすぎたようです。
服用してまだ数回足らず、どんどん義父の容態は悪化。

義兄から電話をもらった時は余命1週間。
とにかくすぐにでも帰国しないと。
電話を受けてすぐに翌日の航空チケットを手に入れ、帰国準備をしていた矢先、義父の死を知らされました。
取る物もとりあえず飛行機に乗ったという感じで、無念の再会。
アタシはともかく、てっちゃんには、まだ義父の目が開いている間に会わせてあげたかった。義父には、てっちゃんを目に焼き付けて欲しかった・・・と思うと、どうにもやりきれませんでした。
もっと早いうちに、もっと強く一時帰国するように訴えていれば良かったのかも。
アタシに一体何ができたのか。
愛する人が悲しく肩を落としている時、一体何をしてあげれば良かったのか。
ずっと横で手を握っているしかできなっかったんです。
背中を何度もさすることしかできなかったんです。

イレッサ服用後、ほんの2週間程度だったんじゃないでしょうか。
服用し始めて数日、体調が悪くなり、あまりの苦しさに途中で服用を中止したようですが、それから日々悪くなってしまったようです。

ある日お手洗いに席を立った義父でしたが、大きくぶら下がったガンが何かの拍子に肺を完全に塞いでしまい、呼吸が更に困難になりました。
その後は肺に水が溜まり肺水腫に。

肺が完全に塞がり、片方の肺は全く機能せず真っ白になっていたので、亡くなる前の数日は特に呼吸が苦しく、モルヒネか何かを投与する事で意識を散らす(ハイにさせる感じ?)ように配慮されていたそうです。
そうすることで、息苦しさが少し和らぐというか、忘れられるというか。
1〜2時間すると、また意識がしっかりしてきて、苦しくてたまらないようです。
亡くなる前は苦しいから薬を入れて欲しいと言って、入れてもらった後、気持ち良さそうにしていたそうです。
そのまま本人も少し落ち着いた状態で息を引き取ったので、優しい表情で亡くなっていました。
苦しくて険しい顔を見なかったのが幸いです。

アタシは母子家庭で育ったため、結婚してからはアタシにとって義父は義父ではなく、本当の父親ができたように思っていました。
とはいえ、最初は育ってきた環境の違いや、性格の違いなどもあり、何度もぶつかった事もありましたが、年々本当の家族としてお互いを理解し合えるようになった事もあり、去年の帰国では今までで一番楽しい時間を過ごせたんです。
ただ、おうちで何気ない話をしていただけでしたが、いろんな会話をして、義父の事を新たに知った一面もあったし、本当にすごくいい時間を過ごしたと思っていたのに。

今まで嫁として至らなかった自分を恥じています。
結婚したばかりの時、良い嫁になろうと必死で努力していたけど、度を越して、無理しすぎたんでしょうね。心がどんどん荒んでいった時期があって。

もっと早いうちから義父と向き合って、楽しい時間をもっとたくさん持ちたかった。
「今まで我ままばっかりの頼りない嫁でごめんね。過去にぶつかり合いもあったけど、本当はお父さんと仲良くしたいと思えば思うほど、焦ってしまって空回りしててん。」・・・と、ちゃんと伝えたかったのに。

義父がアタシに残してくれた最後の言葉は、「たえちゃん、ほんまに良ぉなったわ〜。」でした。(笑)

その時の会話、話してくれたのは、「たえちゃんはな〜、いつもニコニコと、花みたいに笑ってて、ものすご良い天気の時もあるのに、そう思ったら急に曇り空になってしもてな〜。最初は心配したけど、だんだんお天気が続いてな〜。花がいっぱい咲いて来て、アメリカのパーっとしたのがええんかなぁ〜。アメリカ行ったのは寂しいけど、たえちゃんが花いっぱい咲いたみたいになってくれたのは良かったわ。ほんまやで。たえちゃん、ほんまに良ぉなったわ〜。」
前からお喋りのアタシだったけど、義父がもっとおしゃべりで、会話に入れなかっただけやのに。(笑)
でも嫁になって約半分はぶつかってばかり、残りの約半分はアメリカで生活・・・だから、そう思われても無理ないですもんね。

でも、毎年短い一時帰国の中で、義父は嫁のアタシを息子であるてっちゃんと同じように、しっかりと見てくれてたんだと思うと、本当に嬉しくて、ありがたい気持ちで一杯でした。
まだまだこれから、もっとたくさん会ってお話ができると思っていた矢先だったもので、なんだかぽっかりと穴が開いてしまった感覚です。

この帰国の間に義父を最後まで見送って、オハイオに戻り、気が抜けたのか、今改めて、少しづつ寂しさが心にしみています。
でも悲しいけれど、悲しんでばかりもいられない。
そんな事では、いつもさっぱりして、楽しく笑っていた義父に怒られる気がします。
残された者は、愛おしい人を失くした事を胸に、しっかりと強く生きていかなければなりません。
上を向いて歩いて行くこと。
それがなにより義父への最高の供養になると思うのです。

アタシよりも、てっちゃんの方がもっと辛いはず。
もちろん義母はもっともっと辛いはずです。

ただ、アタシが出来ることと言えば、てっちゃんが辛い時、隣に寄り添うことくらいだと思いますが、いつかてっちゃんが笑顔で義父の思い出話が出来る時まで、アタシは義父が残してくれた言葉どおり、毎日ニコニコ、お花をいっぱい咲かせるみたいに笑っていたいと思います。
てっちゃんがそれで少しでも救われてくれたら良いな。

***************************


長々とすみませんでした。
ここまで細かい事を書くことに少し抵抗もありましたが、アタシ自身心をしっかりリセットしていきたい気持ちもあり、書かせてもらいました。
今回の事と時差ボケ真っ最中で、ちょっと変なこと書いてるかも・・・後から「もっとちゃんと書けば良かった・・・(涙)」なんてこともあるかもしれません。(笑)
でもこれはこれで、今の素直な心の中身。
文章がどうであれ、とにかく綴っておきたい。そういう気持ちを優先しました。

最後まで読んでくださった皆さん、本当にどうもありがとうございます。
次回からは、また自分に喝を入れて、いつものブログを書いていきます。
どうかまた遊びに来てくださいね。



**義父の病気の経過については、かなり省略している部分もあるので、肺がんの事、抗がん剤の事など、諸々誤解が生じる事もあるかもしれません。
今回は義父に限ってのお話ですので、何卒ご了承くださいませ。**

posted by たえ at 22:46| Comment(26) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

ちょっとお休みします・・・

030508 (3).jpg

少し暖かくなって春を感じるようになったと思ったら、今朝はまた突然のの雪。うっすらと積もって、寒い一日でした。

今日の食後のデザートに、てっちゃんの大好きなチョコレート味のスポンジケーキと大好きなフルーツをいっぱい使ったトライフルを食べました。

トライフルはやっぱり、もっと暖かい時に食べる方が美味しいです。(笑)

さて、たえは少しの間、お暇いただきます。
でもまた元気に再開します!

その頃、またよろしかったら是非遊びに来てくださいね♪
posted by たえ at 14:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

白餡レシピ

shiroan(L).jpg

アメリカで小豆餡は売ってても、白餡って売られてない所もあると思うねん。
和菓子好きなら小豆餡も良いけど白餡も食べたいもんね♪
日本のお豆使った本当の白餡は食べられなくても、アメリカのお豆でなんとかしましょ。(笑)
とっても甘さ控えめで優しい味の白餡です v
白餡のまま、スプーンでパクっと食べれるくらい。
甘さは皆さんのお好みでどうぞ♪

ライマビーンズは大きな粒のLarge Lima Beansが扱いやすいで〜☆

shiroan(L)1.jpg

         〜***白餡***〜

*アメリカ計量(1カップ=250cc)です。

<材料>
ライマビーンズ(乾燥豆)・・・1ポンド(453g)
砂糖・・・3/4カップ(好みでもっと増やしても)
塩・・・1つまみ


<作り方>
1.乾燥豆をたっぷりの水に1晩浸けておく。

shiroan(L)2.jpg

2.しっかり膨らんだ豆をさっと洗い、皮をむく。
  枝豆の皮を剥くみたいに簡単に剥けるはず。

3.大きなお鍋に豆を入れ、豆がかぶるくらい水をたっぷり入れ
  て火にかけ沸騰させたら、挿し水をして再沸騰させる。

4.3.を一旦ざるに上げて、さっと流水をかけて5分ほど放置
  して渋抜きする。

5.お鍋に4.を戻し、豆が完全に沈むくらいのたっぷりの水を
  入れて火にかける。
  沸騰したら中弱火にし、アクを取りながら指で簡単に潰れる
  まで炊く。

shiroan(L)3.jpg

6 5.をガーゼなどに取って、絞るようにして水を切る。

shiroan(L)4.jpg

7.フードプロセッサーに5.と砂糖を入れ、滑らかなピューレ状
  になるまでガーーーっと撹拌する。

shiroan(L)5.jpg

8.7.を鍋に入れ、中火にかけ、水分を飛ばしながら好みの
  堅さになるまで練り上げる。
  焦げ易いので、木べらを絶えず動かすように。
  仕上げに塩を加えて混ぜる。

shiroan(L)7.jpg

9.天板やシリコンシートなどに8.を乗せて冷ませば
  出来上がり♪

お豆の皮を剥く作業が一番忍耐のいる作業。あたしはこういう単調で黙々とやる作業好きやから楽しんでるけど、面倒臭い・・・思う人たくさんいてると思うわ〜。(笑)
だから大きなお豆の方が扱いやすいし、作業が楽・・・いうのもあります。

それと、練ってる最中、あんこが沸騰してビュッ!ビュッ!っと飛んでくるねん!めっちゃ熱いから注意してね。(汗)

アタシは、みんなに見せられない格好して餡子作りしてるねん。
メガネ、もしくはサングラスかけて、目以外、タオルで顔を包んで。言うてみればマフラーを首に巻いて、その状態でマフラーをぐっと目の下まで持ち上げたみたいな感じかな・・・。耳まですっぽりやから、顔だけミイラみたいな?(爆)
勿論長袖、更に長いミトンをつけて挑んでるん。
だって、ほんまに期待はずれなとこにビュッ!って飛んできて、どんだけ熱い!!
やけど何度もしたから、もうトラウマ。(笑)
ほんっまに気を付けて作ってな〜☆

shiroan(N).jpg

昨日の白餡はあっという間になくなってしもたから、今日はネイビービーンズで白餡の半殺し(粒あん)作ってん♪
あれ?写真明るくなりすぎた・・・。(汗)



その他の注意事項
**このレシピのいかなるハプニングも当方は一切責任を負いかねます。**

**こちらでご紹介するお料理・お菓子は、いい加減かつ創作料理が多い為、レシピについてはすべてのお問い合わせに対応させていただけるとは限りません。申し訳ありませんが、ご了承ください。**
posted by たえ at 13:24| Comment(14) | レシピ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

ひな祭り 2008

今日はお友達と一緒に桃の節句、お祝いしました v
今日明日とてっちゃんが不在やから、ゆ〜っくり楽しめたわ。(笑)

まずは前菜に仲良く1つづつ♪
サーモンクラブケーキ。
030308(1).jpg

中にチーズ入れて焼いたんやけど、中からチーズが我慢できずトロ〜っと溶けだしてしもた。(笑)
いい加減に作ったから、見た目悪すぎ。(汗)
「み、み、見た目悪いけど、味はまぁまぁやと思うしぃ・・・」って、弱々しく訴えながら食べました。(爆)

030308(2).jpg

クラブケーキと一緒に、スプリングミックスとグレープフルーツのサラダ。
さっぱり爽やか。
グレープフルーツを1房づつ、袋から果肉を取り出したあと、ギュッと絞り出したグレープフルーツの果汁でドレッシングを作れば無駄なく1個使いきり♪

030308(3).jpg

てっちゃんって、スパゲティーが大好きやねんけど、これは苦手。
てっちゃんが居ない日だからこそ、このパスタも許される。(笑)
ハーブとレモンのパスタ。
酸味が効いてて、ハーブの香りも春らしい。
いや、これは夏にもぴったりやねん♪
夏場にお友達とランチパーティーする時に出すと好評☆
特に女性の支持率高し。(笑)
レモン汁たっぷり加えて、すっごいさっぱりしてるからやろね。
パルミジャーノレッジャーノ山ほどすりおろして頂きます♪

030308.jpg

ポテトのやわから磯風味。
ワカメを入れて、ホワホワとろけるようなポテトボールを作りました。
一旦油で揚げて、水菜と一緒に炊いたもの。
てっちゃんも大好きなおかず♪
っていうか、和風やら洋風やら、全然まとまり無いやん!!(爆)

まずはこれを食べながら、たんまり喋り倒しました。
ああでもない、こうでもない、しょ〜もない話やけど、爆笑の渦!
毎度よぅこれだけ喋ることあるわ〜って変に関心してしもたりして。(笑)
今日も大盛り上がり!お酒なくって良かったなぁ〜って言うててん。
あったらきっと・・・v ふふふ。
もう私らの事、誰にも止められへんかったはず〜〜〜!(爆)
ヒーヒー言いながら顔ぐちゃぐちゃに笑いながら、アタシは次のお料理を準備♪

準備・・・言うても既に作ってあるから、最後にトッピングをしただけやねんけど。(笑)

最後にや〜っと、お雛さんらしく。
ご飯とお椀。

030308 (17).jpg
お雛さん言うことで、ちらし寿司。
しいたけ、にんじん、かんぴょうは前もって甘辛く炊いといたから、当日は刻んで酢飯に混ぜるだけ。おネギも刻んで入れました。
シンプルなちらし寿司のご飯に、トッピングは錦糸卵、きゅうり、酢じめ鰺、いくら、えび。
お椀はハマグリのお吸い物。

食後のお菓子は自家製の白餡を使って、イチゴ大福。

030308 (11)コピー.jpg

形、不細工です〜。写真載せるの恥しいけど。(笑)
丸めたのは良いけど、写真用に半分にカットしたら、ムニュ・・・。
「ぎゃぁ〜〜〜!!!」
1人大慌てしてました。(笑)
今度こそ!とカットしたら、またムニュっっっ。
うそや〜〜〜ん。(汗)
なんだかんだと4個カットしてもうてん。
ぜ〜んぶカットしてしまうわけにもいかへんし、自分の不器用さも分かってるし・・・。
「もうええわ、これで。」で、パチリ☆(笑)
諦めの速さも日本一?!(爆)え?

白餡は昨日、半殺し(←粒あん)は前に作ったもの冷凍してたヤツ。
白玉粉で作った求肥でくるみました。
でも・・・今回売ってたイチゴのデカイこと!
手のひらサイズより少し小さめのいちごで、笑ってしまうほど大きかったん!

てっちゃんが選んでくれたんやけど、大きければ大きいほど食べ応えがあると思ったみたいで。(爆)
4つ割にしてもまだ大きかったわ〜。
パックの中でも出来るだけ小さいものを選んで、それをさらにカットして使ってるから、可愛いイチゴの▽の形じゃないものもあって・・・。
ふふふ。
まぁ、それも手作りっぽさ出ててええか〜♪(笑)

今回の求肥、めっちゃ美味しくできて凄い嬉しかった!
トロ〜ンと柔らかくて、甘すぎず大好評☆
「和菓子〜〜〜〜ぃ!!!」よく叫んでたお友達も、ニッコニコで食べてくれました v(笑)
練り切りなんかもええかと思ったけど、旬のいちごで春らしく、可愛く、お雛さんらしくて、なかなか良かったかな〜って。

それにしても、さんざん食べて喋って、口がずっと動きっぱなし!
家に来てもらってから解散するまで!!
このパワー、自分で自分が怖いわ。(爆)

はぁ〜。今日はほんまに楽しかった♪
良く考えたら、アメリカに来てから女子だけでお雛祭りをお祝いしたことってなかったかも。
なんか嬉しい v(笑)

posted by たえ at 09:53| Comment(8) | お料理系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

自家製☆白餡

limashiroan1.jpg

ここしばらく雪が降ったり止んだりしてるけど、それでも毎日お日様が顔を出しては暖かく身体を包んでくれると感じられるようになりました。
日差しが、うんと明るく、暖かくなって、こんな些細なことでも待ち遠しい春は日毎に近付いているようです v

春が近づくと和菓子な気分になります。
和菓子・・・あんまり好きじゃありませんが。(爆)

子供の頃はあんこがむっちゃ嫌いで絶対食べへんかったん。
でも大人になって、歳を重ねるごとに和菓子を食べられるようになりました。
今でも餡子はあんまり好きちゃうし、和菓子屋さんなど、市販のものは甘すぎてよぉ食べれません。
昔々、ダイエット用に作った自家製餡子を食べてから餡子が食べれるようになったんやけど、甘さを自分で調節したら、「あ・・・。これ、あんがい美味しいんや。」って、餡子に開眼。(笑)

ま、そんな大げさじゃないけど、春は和菓子がなんとなく気分。
明日3日はひな祭り。
そう。女の節句 v むふっ。
アメリカにいながら、手作り和菓子ではんなりお雛祭り楽しむのも、ちょっとええやん♪
オンナの為の祭り・・・考えただけでワクワクするわぁ〜v
よっしゃ!やる気出てきた〜〜〜!!!

色気全くないアタシやから、とりあえず食い気で。(爆)
今年の春、和菓子第一弾は白餡作り☆

limashiroan.jpg

小豆餡は年中、結構定期的に作ってるかな。
今日は白餡をご紹介してます。
今日のは、お友達に美味しい白餡のお菓子食べさせてあげたくて、作りました v

アメリカでも小豆餡なら市販品もちょくちょく見かけるねんけど、白餡は見かけません。
都会に行けばあるんかな?オハイオでは今のところ見た事ないな〜。
だから、アタシはいつも手作り。
アメリカでも白餡は簡単に、しかも経済的に作れるんよ♪

今回はライマビーンズというアメリカでは普通のスーパーで簡単に手に入るお豆、使用しました。
お菓子によってお豆変えて餡子作るとええと思うわ。
アタシが白餡を作る時、今日みたいにライマ(Lima)ビーンズを使ったり、あとはネイビー(Navy)ビーンズ、グレイトノーザン(Great Northern)ビーンズなど、安くて白い乾燥豆を使っています。
今日使ったお豆なんて、ポンド99セント♪
お財布にも優しいでしょ〜、奥さんっ!(笑)

こっくりして、クリーミーで甘さ控えめ。
好みの堅さ、甘さに調節できるのが自家製の良さ。
普通の小豆餡みたいに、作り置きして冷凍保存もできるし、1度に大量に作っておくと便利。
アメリカで時々和菓子も結構楽しい♪

明日はとりあえず・・・、やっぱ、定番のアレで気まりやな。(笑)
posted by たえ at 11:11| Comment(8) | おやつ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

ラムレーズンのコッペパン

030108 (1).jpg

またパンです・・・。(笑)
パン大好物やから、1回焼くと、1種類では物足りひんくって、大体2〜3種類一度に焼くか、もしくはしばらく続いてしまうねん。

パン久しぶりに昨日焼いたけど、昨日は時間があんまりなくって、夜に生地を仕込んで冷蔵庫に入れ、冷蔵庫の中で時間をかけて発酵させたものを今朝焼きました♪

030108 (2).jpg

普段は朝寝坊しまくりのアタシやから、朝から焼き立てのパンって焼かへん・・・っちゅーか、焼けへん?焼きたくても・・・。(笑)
で、大体日中焼いて夜ごはんとか、翌日の朝に食べたり、そんな感じが常。
でも時々お休みの日やと、てっちゃんもゆっくり寝たはるし、ある程度前準備さえしておけば、お寝坊さんのアタシでも、朝に焼きたてを準備してあげることができます v

030108 (6).jpg

今回はコッペパンみたいな形で、自家製のラムレーズンを一緒に捏ね捏ねしました。
上に甜菜糖をふりかけたものと、グラニュー糖をふりかけたもの2種類。
それぞれに甘味や風味がちょびっとだけ違います。
ほんまはざらめを使いたかったんやけど、「はっっ!!ない・・・。(涙)」
「何でもありまっせ〜♪」といつも自負している、マイ・パントリーにも、切らしてた・・・。あ〜あ。

コーヒー豆、ガリガリ挽いてたら、パンの焼けるええ匂いで、今朝は早めに起きてきたてっちゃん。
「パンのええ匂いがする〜♪」って。(笑)
こういう朝の風景は、とっておきやね v
いつもとはちょっと違う幸せの瞬間感じました。
いやぁ〜んv(爆)

出来の悪い妻なもんで、普段、朝からちゃ〜んとしたげてへんからねぇ・・・、余計にこの光景が美しく見えたんですわ・・・。(汗)

posted by たえ at 01:52| Comment(8) | パン系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月29日

蕪の葉とソーセージのパン

022808 (4).jpg

まだまだ寒い日が続いていますが、こんな日は暖かいホコホコの蕪の炊いたんをよく食べます。
蕪大好き v

アメリカでも蕪は簡単に手に入ります。
日本の白くて大きくてまん丸の蕪とは少し違うけど、小ぶりのこちらで良く見かける蕪もなかなか美味しいもの。

わっさわっさした葉っぱ付きの蕪をいつも買うねん。
我が家は蕪だけじゃなく、蕪の茎も葉っぱも全部食べつくすので、よっぽど葉っぱが悪くない限り葉付き。
なんかちょっと得した気分にもなるし〜v・・・って思うのあたしだけ?(笑)

蕪の実(根っこの部分)だけが売られてるものと、葉っぱ付きのものと、どちらも売られてます。

蕪の茎や葉っぱはお浸し、炒め物、煮もの、混ぜご飯にしたり、もぉ挙げたらきりがないくらい多様に使えますが、今日はパンに混ぜました♪

蕪の葉は一度さっと茹でて使う事であくが抜け、苦味もクセもなく食べやすくなるから、パンに練り込んでも全く問題なし☆
普段はほうれん草を使うのですが、ほうれん草のパンは結構ありきたりやけど、蕪の葉のパンは珍しくない?(笑)
これがなかなか美味しいんよ〜♪(笑)

ソーセージを乗せて朝食用のパンって感じにしました。
てっちゃんはお惣菜パンが好きではないけど、ソーセージ乗せてるだけなら大丈夫かな・・・?
食べてくれるか、ちょっと心配やけど。(笑)
たえが食べる分にだけケチャップをかけてこんがり焼いたら、
あぁ・・・もぅ我慢できひ〜ん☆

お野菜とソーセージで、ちょっと健康的なパンでしょ?(笑)
てっちゃんの朝食用だけじゃなく、アタシのおやつにもええかも・・・v
posted by たえ at 09:21| Comment(14) | パン系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

チポレパイナップル・スペアリブ

chipotlepineapperib.jpg

今日はてっちゃんの大好物のスペアリブが夕食〜♪
今回のリブはチポレパイナップルソース(市販品)を使ってん。
あ、ソースの写真忘れた・・・。(汗)

今までリブのソースを一から作ってたんやけど、市販品の味もいい勉強になるかと思って、最近いろいろ試してるねん。
ドレッシング嫌いのてっちゃん、BBQソースも最初市販品は凄い嫌がって〜。
「得体が知れへんやん」・・・っていうのが理由。
だからBBQソースとか焼き肉の漬けこみダレなどは、おうちで作ってるん。
でも「市販品、一回試してみぃひん?一回だけ!」って、ある時かって試したら、これがめっちゃ美味しくって、てっちゃんもびっくり☆(笑)

それ以来、たえは手が抜けるし、てっちゃんは「次はこれ、いってみよか?」なんて言いながらソース選びを楽しむようになってん♪

今回もスロークッカーで。
もぉ骨付きの大きなお肉は、これが一番♪
らくちんやし、スイッチオンして、一晩寝たらできあがりやし〜。

chipotlepineapplerib1.jpg

軟骨までトロトロに柔らかい〜〜〜〜っっ v
もうね、感激の柔らかさやねんって!!
この感動は、スロークッカーを初めて試した時と同じ、今でもまだ「おぉ〜〜〜〜〜!!!」って歓声を上げてしまうくらい v(笑)

chipotlepineapplerib2.jpg

骨までスルっと外れてしまう♪
これ、パーティー料理にもきっと喜んでもらえそう☆
あとは蒸し野菜でも用意したら、それだけで御馳走〜って感じやしね。(笑)

今回使ったソース、めっちゃ美味しかったから、次買ってきたときには必ずご紹介せなあかんわ!!
posted by たえ at 11:02| Comment(8) | お料理系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

ふわふわ♪グーイーチョコクッキー レシピ

022608 (3).jpg

焼きたてはふかふか♪
時間が経つにつれ、どんどんチューイーになるクッキーです。

サクサクしてないから好き嫌いあるかも・・・ですが、興味がある方は是非・・・v
日が経って堅くなったらレンジやトースターで少し温めれば、またふわふわの食感に戻って、これまたひと味違う美味しさ。
暖かいクッキーにアイスクリームを添えて食べても美味♪



      〜***グーイーチョコクッキー***〜

*アメリカ計量(1カップ=250cc)です。
*アメリカ在住の方へ。小麦粉はAll purpose flourを使用しています。
 
<材料>
無塩バター・・・1/4カップ(1/2本)
無糖チョコレート・・・2オンス
ビタースイートチョコレート・・・2オンス
(甘いのが好きな方はセミスイートやミルクチョコレートで代用可)

ライトブラウンシュガー・・・1/2カップ
グラニュー糖・・・1/2カップ
バニラエッセンス・・・小さじ1
卵・・・2個

小麦粉・・・1/2カップ
ココアパウダー・・・1/4カップ
塩・・・小さじ1/4
シナモン・・・小さじ1/2(無くても)

ビタースイートチョコレート・・・6 オンス(オプション)
(セミスイートやミルクチョコレートでも)


<作り方>
1.オーブンを165℃(325°F)に余熱しておく。
  天板にクッキングシート、シリコンマット、または
  ノンスティックスプレーをふって用意しておく。
  チョコレートは板状や塊の物なら溶けやすいように刻んで
  おく。チョコチップならそのままで。

2.耐熱ボウルに無塩バター、無糖チョコ、ビタースイートチョコ
  レートを入れてレンジに2〜3分かけて溶けるまで温める。
  焦げるのが心配であれば、湯せんで溶かす。

3.ライトブラウンシュガーとグラニュー糖を2.に加えてよく混
  ぜ、バニラエッセンスを加えて更に混ぜる。
  卵を1個づつ加えてしっかりと、よく混ぜる。

4.別のボウルを用意し、小麦粉、ココア、塩、シナモンを入れ
  て泡だて器で軽く混ぜ、3.に加えて粉っぽさがなくなるま
  で混ぜる。神経質に混ぜすぎ無いように。

5.4.にオプションのチョコレートを入れて軽く混ぜる。

6.スプーンで軽く生地をすくい、天板に落としていく。
  オーブンに入れると生地がかなり広がるので、生地と生地の
  間は5cmくらい隙間を空けておくこと。12〜15分焼く。

7.クッキーのまん中がふわふわと柔らかい状態で取りだし、
  天板に乗せたまま5分放置。
  その後天板からクッキーをラックへ移して完全に冷ませば
  できあがり♪




たえはお菓子を毎日食べるけど、甘すぎるものは好きじゃないので、ビタースイートチョコレートを使用していますが、みなさんの好みで、もう少し甘い方が良ければセミスイートやミルクチョコレートで作る事もできます♪
最後のチョコレートはオプションとして、生地に混ぜ込むものなので、必要なければ入れなくても良いし、逆に、もっといろいろ入れたければ、ドライフルーツやナッツ類なんかも美味しいですよ v

このふんわり感は、クッキーのようでクッキーじゃない・・・?!
ブラウニーとチョコレートファッジのあいのこみたいな不思議な食感。
気になるそこのあなた!どんなのか、試しに焼いてみてくださいね♪(笑)



その他の注意事項
**このレシピのいかなるハプニングも当方は一切責任を負いかねます。**

**こちらでご紹介するお料理・お菓子は、いい加減かつ創作料理が多い為、レシピについてはすべてのお問い合わせに対応させていただけるとは限りません。申し訳ありませんが、ご了承ください。**
posted by たえ at 10:24| Comment(2) | レシピ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

ふわふわ♪グーイーチョコクッキー

022408 (15).jpg

今日、め〜〜〜っちゃくちゃヒマやったんです。(汗)
朝起きたのも遅かったし(それはいつものこと)、
用事は昨日のうちに済ませたし、今からお化粧するのもなぁ・・・って。(爆)
めちゃくちゃダラけてました。
てっちゃんと喋ってても、いまいち面白みに欠ける・・・そんな1日やったんですわ〜。
ええ、こんな日もあるんです、アタシにも。

こんな時こそ、楽しいブログ!
記事を更新しよ〜っと♪思ったら・・・メンテ中・・・。
うそや〜〜〜ん。(涙)

退屈しのぎで焼いたクッキーご紹介してます。
ボウルに満たんこの幸せ。(笑)
黒グロしてまっしゃろ?

022408 (5).jpg

このクッキー、アメリカンにも人気ありそうな感じのソフトでチューイーで、グーイーな柔らかクッキー。
ふわふわしてて、周りだけカリっとした感じに焼き上がりました。
ソフトクッキーって好き嫌いあると思うけど、これはどうかな・・・。
なんとなくブラウニーにも似た感じというか・・・。

あんまりヒマやったもんで。
このクッキー、配合を計量しながら作りました。
明日か明後日あたり、レシピUPしま〜す♪

このクッキーで、もっと美味しいことしました。

022408 (1).jpg

ふっふっふ・・・。
どうだ! アイスクリームサンドクッキー v
てっちゃんと映画みながら頬張る予定。

あ、そうそう。
昨日撮った写真、うまく見えるか分からないけど。

022308 (6).jpg

見える?

022308 (12).jpg

これは?
木がキラキラしてるの見える??

今年のは、まだまだ甘いけど・・・。
例年はもっとすごいんよ〜。

022308 (19).jpg

おひさまの光に反射して樹氷がキラキラしてるの。
外に出たら家の周りの木という木、全てがキラキラして、すっごい綺麗やったん。

022308 (27).jpg

みんなにも見せたくて、写真撮れるだけ撮りまくってん♪
でもカメラマンの腕が悪すぎやね・・・。(汗)
写真、もっと上手に撮れるようになりたいな〜。
posted by たえ at 10:55| Comment(12) | おやつ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。