2008年04月02日

もっとヘルシーなホールウィートブレッド☆レシピ

wheat&wheatbread.jpg

先日ご紹介したクルミとホールウィートのブレッドのレシピです♪
名づけるの、めっちゃ苦手なあたしやねんけど、やっぱり今回も・・・。(汗)
ホールウィートにウィートジャーム、いっぱい使ってるから”ウィート&ウィート”に決定!(笑)
え?そのまんまやて??
まぁ細かい事はええやないの〜♪

このブレッド、イーストを使わないからもっちりずっしり食べ応えあり。
うす〜くスライスして食べるのが美味しいと思う v
ちょっと外国のパン独特の癖があるから、好き嫌い分かれるかもしれませんが、噛めば噛むほど甘味が増すヘルシーなパンは個人的に大好きなパンの一つやねん♪

トーストしてバターと・・・っちゅーのはもちろん、チーズやフルーツを乗せて食べても美味しいじょ。

ではレシピいってみよぉ〜♪

 

    〜***ウィート&ウィートブレッド***〜

<材料>
全粒粉(whole-wheat flour)・・・ふるったもの260g
押し麦(pressed barley)・・・60g
小麦胚芽・・・(wheat germ)・・・60g
ベーキング・ソーダ・・・小さじ1
ベーキング・パウダー・・・小さじ1
ブラウン・シュガー・・・60g
塩・・・ひとつまみ
くるみ・・・50g
無塩バター・・・溶かしたもの30g
モラセス(Molasses)・・・大さじ2
卵・・・1個
豆乳・・・(牛乳でも)500ml


<作り方>
1.ローフパン(パウンド型)にノンスティックスプレーをふって
  おく。(無ければバターを塗っておいても良いし、クッキング
  シートを敷いたりして、ブレッドが型から外れやすいようにし
  ておく。)
  くるみはトースターやフライパンなどで空煎りし、適当に刻ん
  でおく。
  オーブンを380°F〜400°F(190℃〜200℃)に
  余熱しておく。

2.大きめのボウルにふるった全粒粉、押し麦、小麦胚芽、
  ベーキング・ソーダ、ベーキング・パウダー、ブラウン
  シュガー、塩を入れ、くるみも入れてざっと混ぜておく。

3.器に溶かしバターとモラセスを混ぜておく。

4.別の器に卵を溶きほぐし、そこへ豆乳を入れて混ぜておく。

5.2のボウルに、3.と4.を加え、スパチュラや木べらで粉っ
  ぽさがなくなるまで手早く切るように混ぜる。

6.型に5.の生地を流し、オーブンで約60分〜70分焼く。

7.一旦オーブンからブレッドを取り出し、型から抜き、今度は
  ブレッドを逆さにした状態で更に15分程度焼く。

8.竹串などを挿してみて、生地がくっついてこなければ焼き上
  がり♪
  

オーブンですが、ご家庭の機種によって、温度設定が異なる場合があります。
なので、時々様子を見て、周りが焦げすぎるようならホイルをかぶせて焼くか、少し温度を下げてください。
我が家のオーブンでは385°Fで70分がちょうど良いみたい。

モラセスは日本では手に入るかどうか分かりませんが、モラセスの代用としてダーク・コーンシロップか黒みつでも良いと思います。

イースト要らずなので、ふわふわせず、ケーキのように密度のしっかりしたパン、手軽で不思議な美味しさです v
是非、お試しを♪(笑)

≪追記≫
翌日、ふと思ったので改めて追記しておきます。
我が家は通常自宅にあるものが豆乳なので、今回豆乳を使いましたが、牛乳でも問題ありません。

ただ、アメリカの豆乳は大豆たんぱくが少なく、比較的味の薄い、さらっとしたタイプの豆乳です。
日本の豆乳は大豆が濃い物もありますが、豆乳を使われる場合は、大豆たんぱくの少なめの物(豆乳ではなく、調整豆乳など)を使うようにされると良いかと思います。

040308.jpgアタシが使ってる豆乳はこれ。
もうこればっかり。(笑)
大豆成分7%のものです。

これくらいの成分だと、豆乳が苦手・・・という方でも飲みやすいほど味の薄い豆乳です。
アメリカだとこのタイプのものを見かける事が多いので、こちらを使用していますが、日本にお住まいの方は気を付けてくださいね。

味の濃い本当の豆乳で作った事が無いので、この通りにできるかどうか、なんとも言えないのですよ。(汗)
ごめんなさいね。




その他の注意事項
**このレシピのいかなるハプニングも当方は一切責任を負いかねます。**

**こちらでご紹介するお料理・お菓子は、いい加減かつ創作料理が多い為、レシピについてはすべてのお問い合わせに対応させていただけるとは限りません。申し訳ありませんが、ご了承ください。**


posted by たえ at 08:44| Comment(6) | レシピ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

白餡レシピ

shiroan(L).jpg

アメリカで小豆餡は売ってても、白餡って売られてない所もあると思うねん。
和菓子好きなら小豆餡も良いけど白餡も食べたいもんね♪
日本のお豆使った本当の白餡は食べられなくても、アメリカのお豆でなんとかしましょ。(笑)
とっても甘さ控えめで優しい味の白餡です v
白餡のまま、スプーンでパクっと食べれるくらい。
甘さは皆さんのお好みでどうぞ♪

ライマビーンズは大きな粒のLarge Lima Beansが扱いやすいで〜☆

shiroan(L)1.jpg

         〜***白餡***〜

*アメリカ計量(1カップ=250cc)です。

<材料>
ライマビーンズ(乾燥豆)・・・1ポンド(453g)
砂糖・・・3/4カップ(好みでもっと増やしても)
塩・・・1つまみ


<作り方>
1.乾燥豆をたっぷりの水に1晩浸けておく。

shiroan(L)2.jpg

2.しっかり膨らんだ豆をさっと洗い、皮をむく。
  枝豆の皮を剥くみたいに簡単に剥けるはず。

3.大きなお鍋に豆を入れ、豆がかぶるくらい水をたっぷり入れ
  て火にかけ沸騰させたら、挿し水をして再沸騰させる。

4.3.を一旦ざるに上げて、さっと流水をかけて5分ほど放置
  して渋抜きする。

5.お鍋に4.を戻し、豆が完全に沈むくらいのたっぷりの水を
  入れて火にかける。
  沸騰したら中弱火にし、アクを取りながら指で簡単に潰れる
  まで炊く。

shiroan(L)3.jpg

6 5.をガーゼなどに取って、絞るようにして水を切る。

shiroan(L)4.jpg

7.フードプロセッサーに5.と砂糖を入れ、滑らかなピューレ状
  になるまでガーーーっと撹拌する。

shiroan(L)5.jpg

8.7.を鍋に入れ、中火にかけ、水分を飛ばしながら好みの
  堅さになるまで練り上げる。
  焦げ易いので、木べらを絶えず動かすように。
  仕上げに塩を加えて混ぜる。

shiroan(L)7.jpg

9.天板やシリコンシートなどに8.を乗せて冷ませば
  出来上がり♪

お豆の皮を剥く作業が一番忍耐のいる作業。あたしはこういう単調で黙々とやる作業好きやから楽しんでるけど、面倒臭い・・・思う人たくさんいてると思うわ〜。(笑)
だから大きなお豆の方が扱いやすいし、作業が楽・・・いうのもあります。

それと、練ってる最中、あんこが沸騰してビュッ!ビュッ!っと飛んでくるねん!めっちゃ熱いから注意してね。(汗)

アタシは、みんなに見せられない格好して餡子作りしてるねん。
メガネ、もしくはサングラスかけて、目以外、タオルで顔を包んで。言うてみればマフラーを首に巻いて、その状態でマフラーをぐっと目の下まで持ち上げたみたいな感じかな・・・。耳まですっぽりやから、顔だけミイラみたいな?(爆)
勿論長袖、更に長いミトンをつけて挑んでるん。
だって、ほんまに期待はずれなとこにビュッ!って飛んできて、どんだけ熱い!!
やけど何度もしたから、もうトラウマ。(笑)
ほんっまに気を付けて作ってな〜☆

shiroan(N).jpg

昨日の白餡はあっという間になくなってしもたから、今日はネイビービーンズで白餡の半殺し(粒あん)作ってん♪
あれ?写真明るくなりすぎた・・・。(汗)



その他の注意事項
**このレシピのいかなるハプニングも当方は一切責任を負いかねます。**

**こちらでご紹介するお料理・お菓子は、いい加減かつ創作料理が多い為、レシピについてはすべてのお問い合わせに対応させていただけるとは限りません。申し訳ありませんが、ご了承ください。**
posted by たえ at 13:24| Comment(14) | レシピ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

ふわふわ♪グーイーチョコクッキー レシピ

022608 (3).jpg

焼きたてはふかふか♪
時間が経つにつれ、どんどんチューイーになるクッキーです。

サクサクしてないから好き嫌いあるかも・・・ですが、興味がある方は是非・・・v
日が経って堅くなったらレンジやトースターで少し温めれば、またふわふわの食感に戻って、これまたひと味違う美味しさ。
暖かいクッキーにアイスクリームを添えて食べても美味♪



      〜***グーイーチョコクッキー***〜

*アメリカ計量(1カップ=250cc)です。
*アメリカ在住の方へ。小麦粉はAll purpose flourを使用しています。
 
<材料>
無塩バター・・・1/4カップ(1/2本)
無糖チョコレート・・・2オンス
ビタースイートチョコレート・・・2オンス
(甘いのが好きな方はセミスイートやミルクチョコレートで代用可)

ライトブラウンシュガー・・・1/2カップ
グラニュー糖・・・1/2カップ
バニラエッセンス・・・小さじ1
卵・・・2個

小麦粉・・・1/2カップ
ココアパウダー・・・1/4カップ
塩・・・小さじ1/4
シナモン・・・小さじ1/2(無くても)

ビタースイートチョコレート・・・6 オンス(オプション)
(セミスイートやミルクチョコレートでも)


<作り方>
1.オーブンを165℃(325°F)に余熱しておく。
  天板にクッキングシート、シリコンマット、または
  ノンスティックスプレーをふって用意しておく。
  チョコレートは板状や塊の物なら溶けやすいように刻んで
  おく。チョコチップならそのままで。

2.耐熱ボウルに無塩バター、無糖チョコ、ビタースイートチョコ
  レートを入れてレンジに2〜3分かけて溶けるまで温める。
  焦げるのが心配であれば、湯せんで溶かす。

3.ライトブラウンシュガーとグラニュー糖を2.に加えてよく混
  ぜ、バニラエッセンスを加えて更に混ぜる。
  卵を1個づつ加えてしっかりと、よく混ぜる。

4.別のボウルを用意し、小麦粉、ココア、塩、シナモンを入れ
  て泡だて器で軽く混ぜ、3.に加えて粉っぽさがなくなるま
  で混ぜる。神経質に混ぜすぎ無いように。

5.4.にオプションのチョコレートを入れて軽く混ぜる。

6.スプーンで軽く生地をすくい、天板に落としていく。
  オーブンに入れると生地がかなり広がるので、生地と生地の
  間は5cmくらい隙間を空けておくこと。12〜15分焼く。

7.クッキーのまん中がふわふわと柔らかい状態で取りだし、
  天板に乗せたまま5分放置。
  その後天板からクッキーをラックへ移して完全に冷ませば
  できあがり♪




たえはお菓子を毎日食べるけど、甘すぎるものは好きじゃないので、ビタースイートチョコレートを使用していますが、みなさんの好みで、もう少し甘い方が良ければセミスイートやミルクチョコレートで作る事もできます♪
最後のチョコレートはオプションとして、生地に混ぜ込むものなので、必要なければ入れなくても良いし、逆に、もっといろいろ入れたければ、ドライフルーツやナッツ類なんかも美味しいですよ v

このふんわり感は、クッキーのようでクッキーじゃない・・・?!
ブラウニーとチョコレートファッジのあいのこみたいな不思議な食感。
気になるそこのあなた!どんなのか、試しに焼いてみてくださいね♪(笑)



その他の注意事項
**このレシピのいかなるハプニングも当方は一切責任を負いかねます。**

**こちらでご紹介するお料理・お菓子は、いい加減かつ創作料理が多い為、レシピについてはすべてのお問い合わせに対応させていただけるとは限りません。申し訳ありませんが、ご了承ください。**
posted by たえ at 10:24| Comment(2) | レシピ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

秋刀魚ペペロンチーノ

021908 (5).jpg

今日は冷凍秋刀魚を使って夕食。
秋刀魚は秋が美味しいけど、年中売られてるし、それにやっぱり大好きやから、季節を問わず食べてしまいます。

今日はペペロンチーノみたいにオイル系のパスタに使いました♪

これがめっちゃ美味しいねん v

簡単やからパパっと適当レシピで言うとくね♪
秋刀魚を三枚におろして、骨を全て綺麗に取り除いたら、塩コショウ、小麦粉を薄くはたいて、オリーブオイルでカリッと焼いて、食べやすい大きさに切って待機させときます。

パスタを茹でてる間に、フライパンにオリーブオイル、にんにくのみじん切りと赤唐辛子をさっと炒めて、更にアンチョビを細かくたたいたものと、トマト(プチトマトでも)の角切りを加えて炒め、白ワインをザーっと入れて一煮立ちさせます。仕上げに塩コショウを。

待機させておいた秋刀魚を加えて、茹であがったパスタとイタリアンパセリを刻んで入れて、混ぜたらできあがり♪

まとまりが悪かったらパスタの茹で汁を適度に加えて調整します。

秋刀魚がカリっとして美味 v

今日の秋刀魚は大きめにしてしまいました。
あ、パセリも忘れてた・・・。あ〜あ。
時間に追われていて、とにかく慌ただしかったので。(汗)
うへぇ〜。
骨抜きをいい加減にするよりマシやろ・・・。と、自分に言い聞かせ。(笑)

とにかく今日はてっちゃんが英会話の日なので、さっさと食べてもらって、早いとこ送りだしました〜。

久しぶりの秋刀魚、美味しかった v(笑)
posted by たえ at 13:56| Comment(4) | レシピ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

残りもんコロッケカレー

今日も寒い寒いわぁ〜。
今年入っていきなり冬到来・・・みたいな?毎日氷点下はあたりまえのオハイオ。
暖冬、暖冬・・・って言うてもやっぱり寒い時は寒いっっ!(汗)
はいっ。お約束の家の中からパチリ。うぅ〜〜〜さぶっ。(汗)
lakeviewJan08.jpg

なんか年明けそうそう2日、3日と風邪引いたみたいで、熱っぽかったんやけど薬飲んでおとなしくしたら、すぐに治ってホッとしたわぁ。
風邪ひいたら早めの対処が一番やね〜♪

けど昨日一昨日と、ほんまやる気無くって、その延長で今日もダラダラ・・・。
掃除して、洗濯して、メールして・・・ダラダラして・・・ダラダラして・・・またダラダラして・・・。
ふぅ。ダラダラしてても時間は同じだけ経つもんです。
あっというまに夕食の時間になり。

えぇ〜。もぉ、面倒くさ〜〜〜〜い。(汗)
何するにも面倒臭い、ウダウダぁ〜〜〜〜〜〜〜する日が年に何度かあります。
今日はまさにそんな日だったかも。

晩ごはん、友達のNが遊びに来てくれた時に作っておいた野菜カレーとコロッケの残り物を冷凍したのがあったんや☆
う、う、ウレピ〜〜〜☆☆☆ ←キモい

010208.jpg
じゃあ今日はコロッケカレーにしましょ〜〜〜〜〜♪
・・・って、めっちゃ単純やし。(汗)

コロッケカレーって、世の中にあるのは知ってるけど、食べた事ないかも・・・。
010208 (3).jpg
なんかくどい感じがして、胃にもたれる感じがして・・・。
男の人が食べるイメージがあるねん。なんでやろ。やっぱりカレーにお芋に、ごはん・・・って、これでもかぁぁぁ!!!言うくらいガッツリやからかな?(笑)

それで、初めて食べた感想は・・・。

「別々で食べた方が美味しいんちゃいまんの・・・?」

そんな感じでした。コーンコロッケってのが良くなかったのか、それともただただコロッケがデカすぎて、もぉ「止めてくれ・・・」状態やったからかなぁ・・・。
てっちゃんはあっという間に完食してはったけど、あたしには結構キツかったわ。(汗)
ま、冷凍の残りモノがそれなりに美味しく食べれたってことで良し・・・やけどもぉ。

それからこのカレーとコロッケのついでに書かせてもらおうかな。
同じ時に作ってご紹介したクリスピーチキンのレシピ、レシピにしようかどうしようか・・・と思ってたんやけど、あまりにも簡単やから口頭みたいな感じで、簡単に作り方言うてみようかな?
122907 (9).jpg010408 (10).jpg
まず左の写真がBBQ味のポテチ、右の写真がHot'n spicyのBBQ味。
だから色が左右で違うでしょ?
衣はポテトチップスを使いました。ポテチ衣は冷めても香ばしくて美味しいねん☆
我が家では日本にいた時から、このクリスピーチキンは定番中の定番なんですよ♪

まずは鶏肉のモモ肉でもムネ肉でも良いから用意して、一口大に切って器に入れ、そこににんにくのすりおろしを1〜2片、塩コショウをガリガリ挽いて、白ワインを適当にかけて軽くもみ込んで↓味をつけます。30分から1時間くらいで味がなじむと思うわ。
今回はムネ肉にガーリックソルトと黒コショウ、白ワインを使用。

010408 (1).jpg下味をつけてる間に、ポテチ(普通の塩味でも美味しいです♪)をジップロックに半パックか全部放り込んで、ファスナーを閉じて、手やワインボトル、麺棒などでポテチを好みの細かさに割り潰します。これはそのまま待機。(笑)

別のボウルに卵1個を割りほぐしたら、小麦粉を片手でドバッ!!一握り分投入〜☆ どうよ、このいい加減さ。(爆)
よく混ぜた卵と粉にした味をつけたチキンを放り込んで全体的にまぶしたら、ポテチのジップロックへ入れて封を閉め、シェイク☆シェイク☆
腰振って〜腕振って〜♪ヒマな時は踊ってしまうねん・・・。(爆)
ポテチの衣をまんべんなくつけたら、後は普通に揚げるだけ v

お好みで塩やレモン汁を絞って食べると最高です☆
ビールが欲しくなる味!
カリッ!サクッ!っとしてジュワっとお肉が柔らかい♪
子供から大人まで、日本人からアメリカ人・・・いえいえ、どこの国の方にも、これは「大好き〜☆」って言うてくれます v(笑)
めっちゃ適当なレシピですが、是非是非お試しを〜♪

あっという間に今週も週末ですね。
なんだか年末年始って、やたら時間が経つの早く感じるわ。(汗)
明日もちょっとのんびりしたい・・・そんな週末です。
だらけグセ、ついてもうたかな〜。あ〜・・・。(汗)

posted by たえ at 11:04| Comment(2) | TrackBack(0) | レシピ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

さんま缶で簡単即席ドライカレー☆レシピ

sanmadrycurryrecipe.jpg

みなさんのおうちにも缶詰はいくつか常備されてるのではないでしょうか?
我が家もそう。缶詰はツナ缶や水煮の豆缶だけでなく、日本の懐かしい味(?)の缶詰もパントリーに常備しています。

缶詰って賞味期限が長いから保存が利くし、お魚の缶詰やと、骨まで食べれるからカルシウムも摂れて身体にも悪くない。
缶詰は実はかなり使い勝手がよくて、いろんなお料理にもひと工夫できる助っ人なのです☆

特にてっちゃんには”しびれる味”、秋刀魚の缶詰。
これは外せないらしい。(爆)
たえには、甘辛い味付けの缶詰って、『おっちゃんが一人で晩酌のアテ(おつまみ)にしそう』なイメージがあるんやけど。(笑)

こういうの、てっちゃんと結婚するまで食べたこと無かった。
ええ、居酒屋などでお酒のあてとして甘辛い食べ物は食べますよ。
でも缶詰は食べたこと無かった。
魚の缶詰で使うとしたら水煮缶ばっかり(サバとかサケとか)でした。
味付けはなんとなく使う勇気がなかったの。
秘かに気になってたけど・・・。(笑)

てっちゃんが食べる時に一口だけもらい始めた、さんまや貝の甘辛い味付け缶詰。
別に不味くは無いけど、かといって大喜びするほど美味しくもない・・・あたしには。(汗)

てっちゃんはアタシが残業や出張で食事の支度が出来ひん時や、ちょっと彼なりの「気分」になると、パカっとあけて真っ白なアツアツご飯と食べてはりました。(笑)
今でも時々食べたいみたい。

でもアメリカへきて、あたしが専業主婦になってからは、あんまり缶詰だけを食べさせたくないねん。
「どうしてもこのまま食べたいねん!」って言われたら、ご飯だけよそったげるけど、それ以外は何か工夫したい。

・・・ただ、アタシが缶詰をそのまま食べるのが嫌なだけ。(笑)

今日は以前にご紹介した、缶詰で簡単に出来るドライカレーのレシピをご紹介します♪
缶詰や適当野菜で即席で作れるのに、美味しいねん!

何かと慌ただしい師走、「忙しすぎて、食事作りもままならない〜〜〜!」って時に、是非作ってみてね☆
用意するのは缶詰だけ!
あとは冷蔵庫の残り物野菜でじゅうぶんやで〜!!

それではレシピ、いってみよ♪

sanmadrycurryrecipe1.jpg

      〜***さんま缶ドライカレー***〜
  
<材料>
秋刀魚の蒲焼き缶詰・・・1缶
玉ねぎ・・・1個
にんじん・・・1本
水煮チェスナッツ・・・1缶
油・・・少々
生姜・・・1片
にんにく・・・1片
カレー粉・・・小さじ3杯
水・・・1カップ
固形スープの素・・・1個
生姜のしぼり汁・・・小さじ2杯
しょうゆ・・・小さじ2杯
塩コショウ・・・少々
ご飯・・・適宜
ねぎ・・・適宜



<作り方>
1.さんまはあらくほぐす。

2.玉ねぎ、にんじんは1cm角に切り、チェスナッツも同じ
  くらいの大きさに粗く切っておく。

3.みじん切りした生姜とにんにくを油で炒めて香りを出し、
  2.を加えてしんなりする程度に炒めたら、カレー粉を
  加え、更にさっと炒める。
  水と固形スープを入れ、ふたをして煮る。

4.1.を入れて一煮立ちしたら、生姜のしぼり汁としょう
  ゆ、塩こしょうで味を調える。

5.器にご飯を盛り、4.の具をかけ、小口切りしたねぎを
  散らして出来上がり♪


ドライカレーは普通のカレーと違ってパサパサっとドライなので(そのまんまやん!)、ご飯と一緒によくかき混ぜて食べると、ご飯と馴染んで美味しいです v(笑)

これ、まぐろの角煮缶とかでも出来ると思います。
カレー粉はお好みで加減してくださいね♪
具は基本的に何を入れてもOKです。
冷蔵庫のお掃除がてら作っちゃいましょう♪(笑)
アタシは、水煮のチェスナッツの代わりに茹でたけのこを使う時もあるし、れんこんなども使います。
少し歯ごたえのあるものを入れるのが好みなんです。
でも歯ごたえを気にしなければ、それこそ何を入れても良いと思いますよ。

缶詰料理は、節約料理でもあります。
節約料理なら節約料理「らしく」、お安く手に入るもの(お金の節約)や、水煮や他の缶詰、冷凍食品など手早く短時間で作れる(=時間の節約、光熱費の節約)材料で、できるだけ賢く作りたいね☆



その他の注意事項
**このレシピのいかなるハプニングも当方は一切責任を負いかねます。**

**こちらでご紹介するお料理・お菓子は、いい加減かつ創作料理が多い為、レシピについてはすべてのお問い合わせに対応させていただけるとは限りません。申し訳ありませんが、ご了承ください。**
posted by たえ at 04:22| Comment(12) | TrackBack(0) | レシピ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

柔らか卵のトマトあん☆レシピ

eggtomato-an.jpg


昨日ご紹介したトマトのおかず
トマトが美味しいこの時期、我が家の定番おかずの一つでもある、このトマトあんをレシピでご紹介しま〜す♪

とっても簡単でさっぱり、美味しい☆
ふんわり半熟の卵にとろ〜りフレッシュなトマトのあんかけを「これでもか〜!!」くらいに、た〜っぷりかけるのがミソですぞ♪(笑)

ではではさっそく。トマトのレシピいってみよぉ〜!


          〜***柔らか卵のトマトあん***〜

<材料>
トマト・・・大きいもの2〜3個
長ネギ・・・2本

たまご・・・6個
油・・・大さじ2〜3

ごま油・・・大さじ1
出汁・・・1カップ(200cc)
みりん・・・大さじ3
醤油・・・小さじ2
塩・・・小さじ1/2

水・・・大さじ1
片栗粉・・・大さじ1


<作り方>
1.トマトは湯むきして種も取りざく切りにしておく。
  長ネギは1.5本を笹うちに、残りの分はみじん切りにする。

2.卵をボウルに割ほぐし、塩コショウ適宜(分量外)を加え、1.で用意したネギの
  みじん切りも加えて混ぜる。

3.フライパンに油を熱し、2.を流し入れ、大きく混ぜながら粗いスクランブルエッグのように
  炒める。
  半熟にふわっと炒めたら、器に取りだす。


4.卵を取り出したフライパンにごま油を追加して熱し、笹うちネギをさっと炒め、更にトマトを
  加え炒める。
  出汁、みりん、しょうゆ、塩で味を整えたら、水大さじ1、片栗粉大さじ1で作った水溶き
  片栗粉でとじる。

5.3.の上に4.をかけたら出来上がり♪



レシピの材料には記入していませんが、アタシは卵を炒める時、生クリームや豆乳などを少し入れて炒めます。それはどちらでも構いません。
卵は手早く、フライパンを大きくかき混ぜながら柔らかく仕上げてくださいね♪

トマトの種は神経質に綺麗に取る必要はありません。
是非是非お試しを☆(笑)


その他の注意事項
**このレシピのいかなるハプニングも当方は一切責任を負いかねます。**

**こちらでご紹介するお料理・お菓子は、いい加減かつ創作料理が多い為、レシピについてはすべてのお問い合わせに対応させていただけるとは限りません。申し訳ありませんが、ご了承ください。**
posted by たえ at 03:31| Comment(2) | TrackBack(0) | レシピ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

新じゃがのシャキシャキ炒め

051607 (5).jpg

今日は久しぶりにお天気が悪く、1日肌寒い日でした。

今日の夕食は春らしく、新じゃがを使った炒めものをおかずに作りました♪
春はいろんなお野菜が出回って楽しい v
皮が薄くて、綺麗な新じゃがを手に入れて、さっそくお料理です。

・・・とは言え、炒めただけですが。(汗)

簡単すぎるからレシピにしても仕方無いかも・・・。
でも、めっちゃ美味しいのでやってみてくださいな♪(笑)



     〜***新じゃがのシャキシャキ炒め***〜

<材料>
・新じゃが・・・4個くらい(大きさにもよりますが)
・グリーン・ベルペッパー(カラーのパプリカやピーマンでも)・・・1/2個
・サラダ油・・・大さじ1
・塩・・・小さじ1
・白コショウ・・・適宜
・酒・・・大さじ1

<作り方>
1.じゃがいもは皮をむいて細切りにし、水にさらす。
  そのあと水をよく切る。
  ベルペッパーも同じく細切りに。 

2.油を熱したフライパンにジャガイモを入れ、軽く油をなじませたら、続いてベルペッパーを
  加えてさっと炒める。
  塩コショウとお酒を加えてさらに炒めて出来上がり♪

はい。これだけです・・・。
簡単すぎてすみません・・・。(汗)

これはまさに、油をひいたフライパンに細切りしたじゃがいもを炒めただけ。
ただ、千切りじゃなくて細切り。ここ、ポイントね。
マッチ棒より少し太いくらい・・・かな?
切ったらよく冷水でしめてね。これもポイント。(笑)

塩もコショウもお好みで加減してください。
今回、じゃがいもが思いのほか多かったので小さじ1杯入れましたが、じゃがいもの量で、もちろん塩加減は変わりますよ〜。

新じゃがやから、ささっと軽く炒めるだけでOKです♪
くれぐれも炒め過ぎないこと!
これはホクホクさせたり、べちゃっとさせるお料理ではありませんよ〜!!
あくまでも食感を大切に・・・ね。

シャキシャキとした歯ごたえがたまらなく美味しい、フレッシュな今だけのおかずです。(笑)

簡単やから是非、明日の夕飯に1品増やしてみてね♪
posted by たえ at 09:58| Comment(6) | TrackBack(0) | レシピ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

ローカロ・クリーミーヨーグルト・パスタドレッシング

DSC000021 (1).jpg

ヨーグルトを使って、とってもローカロリーで、なのにとってもクリーミーな冷製パスタドレッシングです v
酸味があるから暑い日にぴったり♪(笑)
キモい・・・思う人がいるかもしれんけど、美味しいから是非トライしてみてなっ☆(笑)


            〜***冷製ヨーグルトパスタ***〜

<材料>
低脂肪プレーンヨーグルト・・・3/4カップ
ディジョン・マスタード・・・小さじ4〜5
はちみつ・・・小さじ2
オレンジジュース・・・大さじ3
黒コショウ・・・適宜

スパゲティー・・・(マカロニでも)・・・320g
好みのお野菜・・・(にんじんやブロッコリー、きゅうり、サヤインゲン、カリフラワーなど)・・・1.5カップ
ハム・・・(鶏のささみや胸肉でも)・・・160g
グリーンオニオン(ネギかチャイブでも)・・・大さじ3


<作り方>
1.パスタを茹でる。ハムを食べやすいサイズに切る。
 (チキンの場合は茹でるか、焼いて火を通す。)
  野菜を食べやすいサイズに切る。
 (野菜によっては茹でてから切る。)

2.ボウルにヨーグルト、ディジョンマスタード、はちみつ、オレンジジュース、
  黒コショウを入れてよく混ぜておく。

3.1.を2.に加えて、よく和える。
  タッパーなどの密閉容器に入れて冷蔵庫で最低でも1時間くらい、よく冷やして
  できあがり♪


お好みのお野菜はお肉類などの分量は適当に調節してね♪
これは一応4人分くらいをまとめて作った時のレシピです。
たえはこのパスタを作る時は前日の夜に作っておいて、1晩置いておき、味をよく馴染ませた方が好きです。(8時間〜24時間)
でも急いでる時は、混ぜてすぐに召し上がることもできますよ v

よ〜く味を染み込ませて(時間をかけて冷やしたもの)おいたものは、パスタサラダみたいな感じで、しっかりしたお味になっていると思います。すぐに食べる方が、どっちか言うと味がまだしみこむ前やから、あっさりしてるって感じ。
ようするに長時間冷やしても、短時間、もしくは作って即頂いても、どちらでも美味しいです v(笑) 
 
2〜3日経っても普通に美味しく食べられるので、前もって多めに作っておくのも良いですね♪



その他の注意事項
**このレシピのいかなるハプニングも当方は一切責任を負いかねます。**

**レシピについては、いい加減かつ創作料理が多い為、すべてのお問い合わせに対応させていただけるとは限りません。申し訳ありませんが、ご了承ください。**
posted by たえ at 11:30| Comment(14) | TrackBack(0) | レシピ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

ゆずとん椎茸餃子

昨日の餃子の皮レシピアップします♪
アメリカに来てからはスタンドミキサー任せですが、日本では手捏ねで作っていました。ミキサーのおかげでとても楽になりましたが、手捏ねでもそんなに難しくはありません。市販の皮はラクちんで気軽やけど、たまには皮から手作り・・・ってのも、また違った美味しさが味わえますよ♪

お子さんにお手伝いしてもらいながら家族みんなで具を包んじゃったりしても楽しいのではないでしょ〜かぁ☆(笑)

      〜***たえんちの餃子の皮***〜

<材料>
20〜24枚程度

強力粉・・・100g
薄力粉・・・100g
塩・・・小さじ1
熱湯・・・150cc
片栗粉(打ち粉用)・・・適量


<作り方>
1.強力粉と薄力粉と塩を共にふるっておく。
2.熱湯を3回程度に分けて注ぎ、捏ねていく。

*この時スタンドミキサーの場合はいいのですが、手捏ねの場合はボウルに粉類と熱湯を少しづつ加え、お箸かおしゃもじなどで切るように混ぜていき、水分と粉をなじませながらまぜていきます。
最初はダマのようになって、少しづつまとまってくるのでそんなに神経質になる必要はありません。
まとまってきたら、台などの上に置き、捏ねていきます。

3.ちょうど耳たぶ程度の柔らかさになれば、30cmほどの筒状にし、ラップで包んで30〜40分ほど寝かせる。
4.3.を打ち粉をした台の上に乗せ、等分に切り分けて、めん棒などで丸く伸ばしてできあがり♪

伸ばした皮と皮の間には薄く片栗粉をまぶして、くっつかないようにしておいてくださいね。(笑)

あとはご家庭の餃子の具や、餃子の具に限らず、いろいろ包んで楽しんでください v

たえが作った昨日の餃子は椎茸の餃子。
キノコ類大好きなのですが、他の州は分からんけどオハイオはキノコ類が結構高いんです。(涙)
特に日本で食べなれていた、シイタケやしめじ、舞茸、えのきも結構良いお値段します。アメリカに来てからは、もっぱらマッシュルームやポータベロ、クリミニ、ポルチーニなどの洋モノきのこを食べています。
日本のキノコ類はそれこそ、特別な時くらいかも・・・。(汗)

でも唯一、椎茸は干しシイタケを韓国系スーパーで買ってきて、普段食べています。
干しシイタケは生シイタケよりも栄養価も高いし、食物繊維も豊富なので、できるだけ取り入れたい食材。 
日系スーパーの干しシイタケよりも韓国系のスーパーで売られている干しシイタケの方が断然大きくて肉厚なので、欲張りなあたしは韓国系スーパーで手に入れてるんです。

昨夜はその干し椎茸をたくさん使って、白菜、ニラの代わりにグリーンオニオンを豪快にかなりの量入れました。(笑)
お肉の味というよりはお野菜の味の方がしっかりしてるかも。
椎茸の戻し汁をほんの少し入れて、少し包み種を柔らかく。
生姜、にんにくもたっぷりと。
今回は春雨もいれました。春雨に干し椎茸から出るお出汁と、お肉のうまみを吸い込ませたかったから。
あとは・・・もうお気づきの方もいらっしゃいますよね v(笑)
ふふふ vゆずとんです♪
具の量が多めなので、必然的にゆずとんもかなり多めです。(笑)

DSC00019.jpgDSC00020.jpgDSC00021b.jpg

餃子の具はそれこそ、何種類、何十種類とあるし、家庭によっても違ったりしますよね。我が家もそう。いろんな具を「前はあんなの入れたから、今回はこんなの入れようか?」みたいな感じで、その時の気分などで具の内容は変わります。

具がよく馴染んだら作りたての皮に包んでいきます♪
この作業が楽しいねぇ〜ん v
やってるうちに、いつの間にか集中してる自分に気づきます。(笑)
もくもくと作業をこなしてて、ふと我に戻ると・・・「あれ?もうこんなに作ってる・・・」みたいな?(笑)

表面をいい具合に焼いてから蒸し焼きにしますが、差し水に小麦粉を混ぜたものを加えるとうまい具合に全体がまとまりつつ、フライパンとのくっつきもなく、するっとはがれて、こんがり美味しく焼きあがります♪

DSC00024b.jpgDSC00030b.jpg
これは確か「伊○家の食卓」だったかな?テレビでやってたの。
それを知るまでは、餃子に火が通っても、お皿に盛る時もバラバラで、もひとつ美味しそうじゃなかったんですが、"小麦粉入りさし水"を知ってからはばっちりです☆
それに餃子の周りに小麦粉が焼けたパリパリの薄い皮がついてくるのも美味しいね〜ん v(笑)
パリパリだけ、手で取って食べたりして。なかなか楽しめます・・・♪(笑)
ラー油とお醤油とか酢醤油とか、中国の激辛お豆のペーストなど、お好みのたれでいっただっきまぁ〜す☆

お肉のうまみと干し椎茸と春雨の歯ごたえ、たっぷりの薬味、ゆずとんのパンチが利いて美味しい♪
ゆずとんの昆布と干しシイタケでうまみの相乗効果って感じでしょ?(笑)
今回は餃子自体にゆずとんを混ぜたけど、食べる時にゆずとんとお醤油、ごま油を混ぜたものをつけて食べても、また美味なのです v

やっぱり餃子にはビールやねぇ〜♪
夕べ飲みたかったなぁ・・・。(涙)
posted by たえ at 13:05| Comment(17) | TrackBack(0) | レシピ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

ライスプディング☆レシピ

DSC00233.jpg
やっぱり写真が暗い・・・(汗)

前記事のライスプディング、好き嫌いが激しいものの、たくさんの方に「作り方教えて〜♪」というお言葉を頂きました。
普段は適当料理やお菓子作りが殆どで計量もまともにしないのですが、これはお友達と何度か一緒に作ったことがあるということで、珍しくレシピがございます。(笑)

今回作ったものは目分量なので、ご飯かなり詰まってます。(笑)ですが、このレシピだともう少しご飯が少ないです。

ライスプディングが好きな方はおうちで更に気軽に楽しめて、苦手な方にはこのレシピで克服なりますか・・・心配ですが、是非試してみてねん♪(笑)


        〜***ライスプディング***〜

<材料>*アメリカの計量カップ(1カップ=250CC)で作っています。

レーズン・・・1/2カップ(お好みで)
ダークラム・・・小さじ1〜2杯
       (ラムレーズンをお持ちの方はラムレーズンだけでOK)
ハーフ&ハーフ・・・5カップ
         (無ければ牛乳と生クリーム1:1で。もしくは牛乳だけで代用)
白米・・・2/3カップ(ぜひ短粒米で)
バニラのさや・・・1本(バニラエッセンス・・・小さじ1杯でも)
砂糖・・・1/2カップ



<作り方>
1.レーズンとラムを器に入れて絡めておく。

2.お鍋にお米を洗わずに入れ、ハーフ&ハーフを注ぐ。
  バニラのさやを切り裂いてバニラビーンズを取り出し、鞘と共に加える。
  火にかけていったん沸騰させて火を中弱火にする。

3.お鍋の底が焦げないように注意しながら、時々かき混ぜ、
  お米に火が通って柔らかくなるまで20〜30分煮る。
 
4.バニラのさやを取り除き、お砂糖と1.を加わえ、更に5〜10分、
  とろみがつくまで煮詰める。

5.器に4.を入れ、3〜4時間ほど冷蔵庫で冷やして、好みで生クリームを
  泡だてたものや、フルーツなどを飾って出来上がり♪


ライスプディングはお米のまま使う場合と、炊いたご飯を使う場合とありますが、今回はお米から作っています。

炊いたご飯を使うと時間が更に短縮できるから早く作りたい時にはおすすめ☆
炊いたご飯で作る場合は、火の加減にもよるけど10〜20分ほど煮れば出来ます。
今回と同じくらいの堅さ、とろみ加減になればOKです♪

今回のように冷たくひやしてねっとりクリーミーでも良いですが、温かいまま、ほこほこクリーミーでもおいしいです v(笑)

ラム酒やアルコールが苦手な方は使わなくても大丈夫♪
代わりにバニラだけで香りづけしても良いし、シナモンをふったり、オレンジやレモンの皮を摩り下ろしても美味しいです v(笑)
ミント風味にしたこともあったけど、それは好みが分かれると思いますが、たえは美味しく頂きました♪
好きなようにお好みの味、風味にしてライスプディングを楽しんでもらえたら嬉しいです v




その他の注意事項
**このレシピのいかなるハプニングも当方は一切責任を負いかねます。**

**レシピについては、いい加減かつ創作料理が多い為、すべてのお問い合わせに対応させていただけるとは限りません。申し訳ありませんが、ご了承ください。**
posted by たえ at 23:10| Comment(4) | TrackBack(0) | レシピ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

ちょっと休憩・・・プロのシュークリーム☆

DSC00242.jpg
↑なんか照明が強すぎたのか、色が全体的に黄色っぽくなっちゃった。(汗)

昨日だったかな?ちらっとシュークリームのお話しました。
今日はお約束どおり、そのお話を・・・。(笑)

ここしばらくシュークリームばかりを作っているアタシ。
というのも、お友達が遊びに来てくれたとき、彼女が前から「たえさんのシュークリームが食べたい・・・v」っていつも言ってくれていたので、ようやく食べてもらえたのです。
たえのシュークリームを食べた彼女。

「たえさん!今度シュークリームの作り方教えて!一緒に作りたい!」と熱〜い一言。(笑)

というのも彼女、「あるレシピ本」を10年も前に購入して、何十回と挑戦。シュークリームに目が無い最愛のご主人さまのために。
だけどことごとく失敗し、一度もおいしいシュークリームを焼いたことが無いという話。
聞くも涙で、アタシでお役にたてるなら協力しましょう〜♪と、あいなりました。

彼女は今年のバレンタインデーに、どうしてもご主人様に美味しいシュークリームを焼きたい・・・vとのこと。
水曜日は彼女のおうちへお邪魔して、一緒に作ることになっています♪

ところで、彼女に「でもあの本、なんで焼けないのか不思議なの。たえさん、一回焼いてみてくんない?」との言葉に軽〜くOKしたアタシ。
この後起こる悲劇も知らずに・・・。

そして、気軽に試したレシピは大失敗。
失敗作その1・・・「例のレシピ」シュークリーム大失敗編

うん。これはね、ちょっと甘く見すぎてたのね。
まぁこういうこともあるわいさ。(笑)

ってことでもう1度・・・。今度は真剣に・・・。
失敗作その2・・・恐怖のシュー生地レシピ

ここでもまた撃沈・・・。(泣)
2回とは言え、1度に10個とかって量ができるでしょ?
食べまくるっちゅーわけですよ。

それでやきもきしていたら、ふと。
美味しいレシピを教えていただけることになりまして。(笑)

こちらにいつも遊びにいてくださる、
ある時は・・・たえのあほあほコンビの相方。

そしてまた ある時は・・・
男前ニューハーフ   いやんっ v

そして、その正体は・・・
デリカテッセン レ・アールのオーナー。

*注 本当のニューハーフではございません・・・。(笑)

たえとシェフの仲といえば、ある意味ものすご〜い農耕、
いえ、濃厚でして、アメリカと石川県との大きな距離が二人の心の距離を短くして・・・きゃっv

はい。もうこちら夜中なので完全に壊れております・・・ワタクシ。
というわけで(どういう訳やっ!)、非常に親しくさせていただいおります。(笑)

それで、こんな失敗作のシュークリームをUPしているうちにシェフがな、な、なんと!

たかだか凡人主婦のブログに、フレンチシェフが自らのレシピをこっそり書いてくれたのですよ〜☆

みなさん、お気づきでしたか?
そう。こんなブログ他にないでしょ?
普通の1ブログなのに、プロのレシピがいきなり

どーーーーーーーーーーんっっ!
 
載るんやで?

こんなことあり得ないでしょ?どうどう?

また遊びに来たくなった?(笑)

こちらへ遊びに来てくださった際には、あっちもこっちもくまなく、隅々まで読んでってくださいましねぇ〜。(笑)

そんでもって、アタシといえばあの「恐怖のレシピ」を作らずにシェフのおいしいレシピに挑戦してしまったわけですよ。

「恐怖のレシピ」はどないすんねん!と、思わずツッコミ入りそうですが、それはね・・・。
気が向いたら・・・にします。
っていうか、そのレシピをくれたお友達も

「もう作らない方がいいよ!あのレシピは家計を圧迫するだけだよ〜!」

と、彼女自身、「苦い思い出の詰まった年代物のレシピ」をアタシに渡したばかりに、話がこんなにでかくなってる・・・ということを申し訳なく思っているようで・・・。(爆)

彼女が「成功するまで焼くべし☆」とか言うたわけじゃないんだけどね。
アタシ負けん気が強いんだと思うわ。
だから膨らむまで・・・と思ってたんだけど、やっぱり何か別の原因があるのかも。

オーブンの温度計が壊れたのかと思って、わざわざオーブン庫内の温度計まで買いに行ったっちゅーの。(汗)
まぁね・・・・
家計を圧迫すると確かに良くないので(笑)、これからはぼちぼち挑戦してみます。(・・・って、ほぼ諦めと見てよし)
もし挑戦した時は、また記事にします。(笑)
でももうしないかもしれんし・・・乞うご期待ということで。

レ・アールさんのシュー生地、コメント欄にこっそり残しておこうかとも思ったのですが、(宝物探しみたいでしょ?)

さすがたえの彼、いや、相方だけのことあるわ〜。

だってね。

「たえはんのブログ見てる人の参考になれば・・・」

普通こんな事、言えんよ?シェフさすがやわ〜 v
あんたはやると思ってたで!・・・って嘘です。
調子に乗りすぎました・・・。(笑)
ほんまに感謝してますぅ〜♪

ってことで、失敗に失敗続きのたえの、ちょいとした休憩においしいシュークリーム、
プロ直伝のシュー生地をこちらにど〜んとご紹介しますっっ☆

シュークリーム初挑戦のあなた!
ぜひお試しくださいね〜 v

っていうか、シェフに確認取る前にUPしてもうた・・・。(汗)
シェフ、事後報告で堪忍なぁ〜。

   ***〜レ・アールシェフさんのシュー生地〜***
*コメント欄に書いてくださったままを載せています。
こちらは私のレシピではないので作り方の記入は省略させていただきます。

<材料>
マーガリン・・・200g
水・・・250t
牛乳・・・250t
塩・・・10g
グラニュー糖・・・20g
薄小麦粉 ・・・150g
強力小麦粉・・・150g
玉子・・・8から9個


オーブンは予熱230度に設定。

天板を入れて210度で5分、その後180度で7〜8分焼いたらオーブンから取り出します。
かなり量がありますので、まずは半分の量で試されては?

焼き上がりはこんな感じ v
DSC00235a.jpgDSC00239.jpg

強力粉を入れてシュー生地を焼いたことが無かったけど、しっかりした感じなんやね〜。
大きなシュークリームが焼けました。
カスタードと生クリームをたっぷり挟んでおいしくできました♪
表面の割れ目もお見せしたくて粉砂糖は無し。
相変わらず写真のアングルが悪いんですけど、ちゃーんと膨らんでますからね〜。(笑)

やっぱりオーブンの温度は大丈夫みたい・・・。
やっぱりあのレシピ本がまずいのか・・・???
そう思うと、やっぱりあの恐怖のレシピがますます気になる・・・。(汗)

最後にシェフ、 メルシー v
posted by たえ at 15:35| Comment(16) | TrackBack(0) | レシピ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

ウェルシュケーキ☆レシピ

地味〜やけど、結構美味しいんです〜、これ。
DSC05287.jpg

こないだおやつに作ったイギリス北ウェールズ地方の焼き菓子、ウェルシュケーキ
このさっくりした素朴なお菓子はオーブンの余熱を待ちたくない貴方におすすめ♪
見た目は地味すぎて、ときめかないかも!?
でも食べてみると・・・。

フライパンで出来るねんで〜。1回試してみてなっ♪(笑)

                 〜***ウェルシュケーキ***〜
<材料>
無塩バター・・・110g

(A)
全粒粉・・・140g
薄力粉(またはオールパーパスフラワー)・・・85g
ベーキングパウダー・・・小さじ2
塩・・・少々
シナモンパウダー・・・小さじ1/2
ジンジャーパウダー・・・小さじ1/2
ナツメグ・・・小さじ1/2


砂糖(またはグラニュー糖)・・・60g
レーズン・・・50g
クルミ・・・30g
卵・・・1個
牛乳・・・大さじ1(必要に応じて)




<作り方>
1.バターは予め細かく切って冷蔵庫で冷やしておく。
2.ボウルに(A)の粉類全てをふるい、そこへ1のバターを加え、
  指でこすり合わせるように混ぜる。
3.ボロボロとビーズくらいのサイズになったら、そこへ砂糖とレーズン、
  予めローストしておいた胡桃を入れて混ぜる。
4.3に溶きほぐした全卵を加え、フォークなどで混ぜる。
  生地が硬そうなら牛乳を加える。
5.生地がまとまったら、打ち粉をした台にのせて、めん棒で3mm〜
  5mmくらいの厚さにのばし、切り分けるかクッキー型などで抜く。
6.温めたフライパンに油をひき、両面を焼く。

DSC05279.jpgDSC05285.jpg

*このウェルシュケーキには強力粉を使うレシピもありますが、
 今回は薄力粉を使っています。
*ナッツは入れても入れなくても結構です。
 ドライフルーツもレーズンだけでなく、カランツやデーツ、アプリコット
 などなど、お好きな物を使っても美味しく頂けます。




その他の注意事項
**このレシピのいかなるハプニングも当方は一切責任を負いかねます。**

**レシピについては、いい加減かつ創作料理が多い為、すべてのお問い合わせに対応させていただけるとは限りません。申し訳ありませんが、ご了承ください。**
posted by たえ at 10:50| Comment(10) | TrackBack(1) | レシピ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

プチトマトのマリネ☆レシピ

DSC04852.jpg

残暑、あつぅ〜ございますぅ〜。
夏の暑い盛り、トマトも熟れに熟れて美味しくなり、この夏の締めくくりに小さなプチトマトで、爽やかで甘くて食べやすい、たえのマリネはいかが?

                 〜***プチトマトのマリネ***〜
<材料>
プチトマト・・・1パック
にんにく・・・1かけ
オリーブオイル・・・大さじ1
はちみつ・・・大さじ2
白ワイン・・・大さじ2
白ワインビネガー・・・大さじ2
塩・・・小さじ1/2
黒こしょう・・・適宜


<作り方>
1.にんにくをみじんぎりにする。
2.材料全てをお鍋に入れて、ふたをして加熱する。
3.沸騰したら1〜2分煮て、粗熱をとってできあがり。

*清潔な容器に入れて冷蔵庫で保存してください。
 我が家では1ヶ月は余裕で保存できています。
 とは言うものの、冷蔵庫の温度にもよると思うので、なるべく早く
 食べてくださいね〜。(笑)




その他の注意事項
**このレシピのいかなるハプニングも当方は一切責任を負いかねます。**

**レシピについては、いい加減かつ創作料理が多い為、すべてのお問い合わせに対応させていただけるとは限りません。申し訳ありませんが、ご了承ください。**
posted by たえ at 08:12| Comment(9) | TrackBack(0) | レシピ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

サンドライトマトのフォカッチャ☆レシピ

   DSC04872.jpg

           〜***サンドライトマトのフォカッチャ***〜
サンドライトマトのほのかな色と甘みが美味しい、ヘルシーなフォカッチャです♪
高温でパリっと焼き上げてねv

<材料>
強力粉・・・250g
塩・・・小匙1/2
ドライイースト・・・小匙1
ぬるま湯・・・200cc
サンドライトマト(オイル漬けのもの)・・・5個
ドライバジル・・・適宜(お好きなハーブでOK)
サンドライトマトのオイル・・・大匙1/2と、仕上げ用小さじ1〜2


<作り方>
1.イーストとぬるま湯を合わせてイーストを良く溶かしてから、塩と粉を加え混ぜていく。
  まとまってきたらサンドライトマトを刻んだものとバジル、オイル大匙1/2を加えて捏ねていく。
  その他のパンのように、指が透けて見えるほど、しっかり捏ねなくても大丈夫。

2.ボウルに1を入れて2倍になるまで約30分〜40分発酵させる。

3.2を暑さ1cm〜2cm(お好みで)少し伸ばして、天板に乗せ、残りのサンドライトマトのオイルを
  上に満遍なく塗って、ラップか濡れ布巾などで覆い20分〜30分置く。

4.220℃もしくは450°Fに予熱したオーブンで約20分焼いてできあがり。

フォカッチャは糖分が入らないので、色付きが悪い為、高温で一気に焼き上げましょうね♪
DSC04867.jpgDSC04868.jpgDSC04871.jpg

*形は丸でも四角でも好きな形に。生地の上に指で穴を開けても。
*上にオリーブ、ハーブやロックソルトなどをかけて焼いてもおいしいです。
*大きく1枚でも、食べやすく4枚くらいに分割して焼いてもグッド♪
*焼く前にもう1度オイルを塗ってもいいですよ。
*お手持ちのオーブンによって温度設定・焼き時間は若干変わることがあります。



その他の注意事項
**このレシピのいかなるハプニングも当方は一切責任を負いかねます。**

**レシピについては、いい加減かつ創作料理が多い為、すべてのお問い合わせに対応させていただけるとは限りません。申し訳ありませんが、ご了承ください。**
posted by たえ at 03:42| Comment(17) | TrackBack(0) | レシピ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

レンジでお手軽水無月☆レシピ

昨日お友達のMさんちにもう一人のMさんと遊びに行きました。
そこで手土産として「たえが食べたかった」水無月を持っていきました。(笑)

水無月は京都では6月30日にだけ販売されていた、いわゆる限定お菓子でした。
今は6月になると水無月を販売される和菓子屋さんもあって、より頂きやすくなりましたが、今もこだわりをもつ和菓子屋さんは6月30日だけ限定販売されているようです。

ところで6月は日本では雨が多いのに、水無月と言いますよね?
これは旧暦に関係するようです。旧暦の6月は今の8月の事で、この時期は梅雨もあけ、水が枯れてなくなる月ということから水無月と呼ばれるようになったそうです。
一方の説としては、ちょうど田植えが終わって水を張る時期という事から、「水月」、「みずづき」を「みなづき」と呼ばれていた説など、いくつかの説があるようです。

1年、12ヶ月が終わると「大晦日」といいますよね?
6月30日は「晦日」といい、前半半年の疲れを癒し、7月の蒸し暑い時期から後の後半半年が無病息災でありますようにと願って水無月を頂きます。
京都では先ほどの無病息災を願う理由から、神事として「夏越祓(なごしのはらえ)」につきもののお菓子でもあるそう。
そういえばこれくらいの時期、神社で水無月やたら見たっけなぁ…。

本当の水無月は白玉粉が入ってたり、上新粉が入ってたり、葛粉や米粉などが入っているのですが、そんな本格的なものは和菓子屋さんで頂く事にして、たえはもっと簡単に小麦粉だけで作っています。(笑)
こういう和菓子の材料って、常におうちにある人って少ないと思いますし、手に入らないときだってあるかも…。(汗)
そんな時にこんな簡単に出来る方法もあると嬉しいですよね?
たえはこのプレーンなタイプの他に、抹茶を混ぜた物やフルーツを入れたものなども時々作ります。(邪道?)
本格的な水無月を作って食べたい時は本格的に作ればいいけれど、ちゃちゃっと手軽に作って食べたい人や急に水無月を食べたくなった人はこれをためしてみてくださいね♪

DSC04444.jpg

        〜***レンジでお手軽ういろう***〜

<材料>
*アメリカにお住まいの方へ…。
ここでは小麦粉はオールパーパスを、砂糖はグラニュー糖を使っています。

小麦粉・・・200g
砂糖・・・200g
水・・・600g


<作り方>
1.小麦粉とお砂糖をボウルに入れて混ぜておく。
2.水を3回くらいに分けて、少しづつ1.に注ぎながら、ダマが
  出ないようによく混ぜる。
3.レンジ調理可能な金属製でない型に大き目のラップを敷き(型
  から出しやすくする為)、2.を型に流し入れる。
4.上にラップはかけずにそのままの状態で電子レンジで5分〜
  8分チン。
5.火が通ったら、あら熱を取り、冷蔵庫で冷やす。
6.型から出してカットして頂きます。

水無月にするときは、2.の生地を1割残しておいて、9割をチン。
9割がういろうになったら、ういろうの上に甘納豆を適当に乗せて1割の生地を上からかけて更に2分ほどチン。(様子を見てくださいね)

好きなようにカットして頂けばいいですが、京風ならやっぱり三角形。
三角形にもちゃんと意味があるそうですよ。

王朝時代、宮中では旧暦の6月1日に氷を食べる「氷室の節句」というのがあったそうです。「氷室」とは昔、冬の期間に自然に出来た氷を山中に保存する為に掘った穴のこと。山中の穴に氷を保存して、夏にその氷を宮中に献上したそうですが、まるで自然冷蔵庫のようですね。そしてそれは後に氷から氷の形をしたお餅で節句をお祝いしたそうです。
宮中でのならわしは京都の町中に知れ渡り、一部の真似できる町衆が、ういろうの上に小豆を乗せて「氷室形」(三角形)に切った物を食するようになったそうです。
ういろうの三角は氷を、小豆は氷室の山の落ち葉などを、そして小豆の赤い色は魔よけの意味があるそうですよ。(ネット調べ)


*各ご家庭の電子レンジにより調理時間が異なる場合があります。
*小麦粉がダマになるのが心配なら、一度ふるっておくことをお勧めします。
*牛乳パックを型代わりに使われてもOKです。



その他の注意事項
**このレシピのいかなるハプニングも当方は一切責任を負いかねます。**

**レシピについては、いい加減かつ創作料理が多い為、すべてのお問い合わせに対応させていただけるとは限りません。申し訳ありませんが、ご了承ください。** 
posted by たえ at 23:30| Comment(10) | TrackBack(0) | レシピ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

特製梅だれ☆レシピ

今日も暑かった〜!
お昼は冷やしうどんで決まりやな・・・☆
冷やしうどんのおつゆに入れてもめちゃ美味しい梅だれのレシピをご紹介します♪
これはほんっまに幅広くお料理に使えて便利v
酸っぱいのが苦手な人でも食べやすいんちゃうかな〜・・・。

DSC04350.jpg

       〜***たえの特製梅だれ***〜

<材料>
梅干・・・10個〜15個(大きさによります)
酒・・・大さじ6
みりん・・・大さじ6
醤油・・・大さじ3
砂糖・・・大さじ1.5


<作り方>
1.お酒とみりんは煮きってアルコールを飛ばしておく。
2.アルコールが飛んだら、更に醤油と砂糖を入れて溶かす。
3.梅干はたたいて細かく粗いペースト状にしておく。
4.3の梅干に荒熱が取れた2の調味液を延ばしながら加え混ぜれば
  出来上がり。


*梅干の酸味や塩気の程度により、調味料は加減してもらえば
 いいと思います。
*煮沸した保存瓶にいれておけば10日間ほど保存できます。


これはほんっとに我が家では特に、夏場大活躍の保存ダレ。
さっぱりとして良いですよ〜v
それに夏に梅干を食べると体にも嬉しい事たくさん♪
お腹を壊さないとか夏ばて防止などなど。聞いたことないですか?
というわけで、前回の鶏ときゅうりの和え物のように、この梅だれを使ったお料理、これからもぼちぼち載せていきますのでお楽しみに♪

今日はちなみに冷やしうどんのお汁にv
DSC04347.jpgDSC04349.jpg
わかめ、きゅうり、つぶつぶおかき、鰹節、焼き海苔、生姜、ねぎを一緒に入れてます♪白ゴマ入れるつもりでいたのに、すっかり忘れていた!
さっぱりして程よい酸味で美味しかったわ〜☆
つぶつぶおかきが、クランチな歯ごたえと香ばしさでグー♪
つぶつぶおかきって本当の名前知らないんですけど、お茶漬けに入れたりするちっちゃなおかきです。
それがなければ天かすを入れたり、春巻きの皮や餃子、ワンタンの皮を揚げたものとか、それがない時はポテチを崩して入れる時もあります。(笑)
カリッとした食感の物をちょっと入れると美味しいよねっ♪

梅だれ、是非お試しくださ〜い☆



その他の注意事項
**このレシピのいかなるハプニングも当方は一切責任を負いかねます。**

**レシピについては、いい加減かつ創作料理が多い為、すべてのお問い合わせに対応させていただけるとは限りません。申し訳ありませんが、ご了承ください。** 
posted by たえ at 07:01| Comment(2) | TrackBack(1) | レシピ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

簡単コーンブレッドのレシピ

コーンブレッドは多分、アメリカを代表する食べ物じゃないかと思う。
昔から家庭の味を守って、後の代へ引き継いでいくというコーンブレッドは、やっぱり、各家庭によって味もさまざま。
塩気の強い物から甘みの強い物、必ず「これ」というものを入れる物。
コーンブレッドは素朴な雰囲気でありながら、とても奥が深く、面白い食べ物だと思う。

たえの焼くコーンブレッドもまた、まだもう1つ自分の味に馴染んでくれません。アメリカに来て始めて焼いたコーンブレッドは不味くて食べられませんでした。回数を焼くうちに自分好みのものになるかと思いきや、なかなか自分が思うコーンブレッドにはあともう少しなのに近づけず。(笑)

ですが、コーンブレッドを焼いてみたいと思っていらっしゃる方がこちらにもたくさんいらっしゃるようですので、今回は甘いコーンブレッドのレシピをUPします♪
お料理に合わせて甘めの物と甘さ控えめな物を焼いていますが、レシピをUPするに当たり、甘めの方が食べやすい気がしたのでこちらを選びました。
DSC04209.jpgDSC04212.jpg
このレシピを試されたことが、コーンブレッドを焼く「きっかけ」になってくれれば嬉しいです。(笑)
そのうち、みなさんで少しづつアレンジされて、「我が家だけのコーンブレッド」を焼いてくれれば、もっと味が広がって素敵ですねv

       〜***甘いコーンブレッド***〜

<材料>
*アメリカ在住の方へ…小麦粉はAll purpose flourを使用しています。

小麦粉・・・150g
コーンミール・・・50g
ベーキングパウダー・・・小さじ1
塩・・・小さじ1/2
砂糖・・・50g
卵・・・1個
牛乳・・・130cc
無塩バター・・・50g


<作り方>
オーブンを380度に予熱にする。
1.小麦粉・コーンミール・ベーキングパウダーは合わせて振るって
  おく。
2.卵と牛乳は別のボウルに入れて、よく混ぜておく。
3.バターを溶かす。バターが溶けたら塩を入れて混ぜ溶かす。
4.2に1を入れて砂糖も入れて混ぜ、更に3も入れて混ぜる。
  (混ぜる時は生地を練らないように気をつける)
5.ペーパーを敷いた型に4を入れ、380度のオーブンを350度に
  下げて、約30分焼く。
  串を刺して、何も付いてこなければ出来上がり。

お好きなハーブやスパイス、チーズなどを入れても楽しいですよ♪



*オーブンは摂氏ではなく華氏を採用しています。
 摂氏は約半分の温度だと思ってください。
 例)華氏300度=摂氏約150度
 きっちり温度設定を知りたい方は、温度の換算表などをインター
 ネットで検索してくださいね。
*お持ちのオーブンによっては、焼き時間が若干変わる事があると
 思います。
*キャストアイロンのフライパンを使われる方はペーパーは要り
 ません。 
*前回スパイシービーンスープと頂いたのは甘さ控えめの、こちら
 とは違うレシピです。


その他の注意事項
**このレシピのいかなるハプニングも当方は一切責任を負いかねます。**

**レシピについては、いい加減かつ創作料理が多い為、すべてのお問い合わせに対応させていただけるとは限りません。申し訳ありませんが、ご了承ください。** 
posted by たえ at 22:26| Comment(6) | TrackBack(1) | レシピ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

調子に乗っちゃいました〜 レシピ公開☆ パートV

いよいよ最終「初公開レシピ!粉攻め3連発!!」の3発目は例の、 "あのピザが食べたかった" の生地レシピ♪ 

昨日お話させてもらった夕食の1人ピザ。
ず〜っと食べたかった"あのピザ"。
ピザ生地についても早速お問い合わせがありましたので、最後に公開しちゃいます☆

最近はなんでも目分量で作ってしまうため、今回はマイレシピノートを引っ張り出してきたこの3つのレシピ。
ノートを改めて見てみると、「お料理始めた頃は真面目にお料理を学ぼうとしてたんやなぁ〜」って思うわ v v(爆)
今では適当にアレンジしまくってたりしてるし・・・。(汗)
レシピノートとどんどんかけ離れている物も…あ〜コワ。
そういう意味では久しぶりにノートに目を通す機会が出来て良かったかもv
DSC03946.jpgDSC03943.jpg

〜***耳にチーズの厚生地ピザドゥ***〜

<材料>

強力粉・・・225g
砂糖・・・小さじ1
ドライイースト・・・7g
塩・・・小さじ1/2
温水・・・80ml
オリーブオイル・・・大さじ1
牛乳・・・90ml



1.大きなボウルを用意。ボウルに強力粉、砂糖、イースト、塩を
  入れておく。
2.牛乳と温水、オリーブオイルを入れて混ぜる。
3.2を1へ入れて混ぜてよく捏ねる。
  お上手な方は5分くらいで出来るかもしれませんが、私だと
  8〜10分くらい捏ねてます。
  柔らかく、表面がツルッと滑らかになるまで。パンと同じですね。
(ミキサーがある方はミキサーのドゥアタッチメントを使用してください)
4.捏ねあがったら、丸く形を整える。
5.オイルを塗ったボウルにピザ生地を入れ、生地の周りをオイルで
  コーティングしておく。
  暖かい場所で約1時間、もしくは生地が2倍に膨れるまで発酵。
  オーブン210℃に予熱しておく。

その間にピザソースを手作りしたい人は手作りし、トッピングする材料をそろえておくなどしてくださいね。
もちろん、市販のピザソースでもOKですよん♪

6.発酵できたら、粉を降った台へ移動し、生地をガス抜きする。
  そのまま5分くらい捏ねる。綺麗に丸めなおして25〜30cmくらい
  の円形に延ばす。
(今回の"あのピザ"には1/3に分割したものを使っています)

7.ピザトレイに薄くオイルを塗り、6を乗せる。
  外側3cm程残してピザソースを塗ってトッピングし、上から
  オリーブオイルを適宜降りかけたらオーブンで約15分くらい焼く。
  生地が香ばしく焼けてトッピングが良い感じになったら出来上が
  り。

耳にチーズを入れたい場合は生地を丸く延ばした後、お好みのチーズを生地の端に置き、くるっとチーズを巻き込む要領で端の生地を指で押して留めていけばOKです。(シュレッドより、四角い塊の物やソーセージみたいな形のチーズを使った方が、巻き込む時ラクです。)

カルゾーネもこの残りの生地で作りました〜♪
私の場合は作るしかなかったのですが、スーパーに売ってる冷凍のピザ生地を使えば、もっとお手軽に、本格的な手作りピザができますよねv(笑)


*生地の捏ね具合、気温やお部屋の温度によって発酵時間が変わり
 ます。こちらはあくまでも目安です。
*お持ちのオーブンによっては、焼き時間が若干変わる事があると
 思います。


その他の注意事項
**このレシピのいかなるハプニングも当方は一切責任を負いかねます。**

**レシピについては、いい加減かつ創作料理が多い為、すべてのお問い合わせに対応させていただけるとは限りません。申し訳ありませんが、ご了承ください。** 
posted by たえ at 02:36| Comment(12) | TrackBack(0) | レシピ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

調子に乗っちゃいました〜 レシピ公開☆ パートU

ジャガイモのニョッキもお問い合わせいただきました。
というわけで、「初公開レシピ!粉攻め3連発!!」の2発目はこれでいってみたいと思います。(笑)

ジャガイモのニョッキも手作りすると楽しいです♪
形作りが難しくて、私にはまだまだ修行が必要!
でもたとえ形がいびつでも、それがまた可愛いv思えるんです。(笑)
お子さんと一緒にいかがですか??
DSC00384.jpgDSC00389.jpg
*これは初めて作った時の写真。他に写真が無かった…(汗)
 形がきちゃな〜い♪(笑)


〜***じゃがいものニョッキ***〜

<材料>  カップはアメリカの1カップ250ccのもの使っています。

ジャガイモ・・・450gくらい
塩コショウ・・・小さじ1/2づつ
卵・・・1個
小麦粉・・・1/4カップ


<作り方>
1.じゃがいもはチンして加熱する。柔らかく火が通ったじゃがいもは
  皮を取り除いてボウルに入れる。
  フォークを使ってよく潰して塩コショウをしておく。
2.卵を割りほぐし、その卵液から大さじ3を1のマッシュポテトへ
  入れる。
3.小麦粉をじゃがいもの上からふるい入れて全部が混ざるまで
  捏ねる。こねすぎに注意!
4.粉をふるった台の上で3を4等分にして、それぞれを転がしながら
  直径1cmくらいの長いロープ状にする。
5.4を2cm長さに切る。それをフォークの背を使うか、専用のニョッキ
  の型を使って、転がすようにしながら波型をつけていく。
6.パスタと同じ要領で大きなお鍋にお湯を沸かし、塩を入れ、そこへ
  5のニョッキを入れてニョッキがふわふわとお鍋の上に浮いてきた
  ら、4〜5分茹でる。
7.穴あきおたまで掬い取り、お好みのソースに絡めて出来上がり。

お好きなソースで絡めて、お好きなチーズをかけて食べれば、がんばって作った甲斐があったぁ〜vっておもうと思いますよ!


*じゃがいもの品種・水分量などによってジャガイモの必要量が
 変わりますので一概にこの分量とは言い切れません。
*茹で時間は作る方の好みによりますので、ここではあくまで仮の
 時間になります。茹で時間は加減してください。


その他の注意事項
**このレシピのいかなるハプニングも当方は一切責任を負いかねます。**

**レシピについては、いい加減かつ創作料理が多い為、すべてのお問い合わせに対応させていただけるとは限りません。申し訳ありませんが、ご了承ください。** 
posted by たえ at 02:06| Comment(2) | TrackBack(0) | レシピ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。