2008年01月25日

煮込みミートボールスパゲティー

meatballpasta.jpg

今日のランチ。
寒いとどこにも出かけたくない・・・。
せっかくいいお天気が続いてるのに。

でも連日マイナス15℃以下。歩くだけでも吸い込む冷気で肺が痛い。
そんな時にわざわざ出かけんでも・・・ねぇ〜。(笑)

アタシがこの時期冬眠生活を送る事は、もう、周りのお友達には周知の事実。
なので寒くなると、お友達が遊びに来てくれる事が多くなるん♪(笑)

今日は我が家でそれぞれに好きな事やりながら、または何もせず、お茶を囲んで喋ってました。
せっかく来てくれたからランチを準備しておいてん♪

meatballpasta1.jpg

自家製のトマトソースはだいたいいつでも手に出来るように、冷凍庫で待機させてるねん。
だから、トマト系のもの・・・パスタならすぐにでも作れるで〜♪

ってことで、お友達がくるまでに冷凍庫からトマトソースを出して温め始め、あとはミートボールを準備。
ミートボールをフライパンで表面だけ焼いたら、後はトマトソースを上からドボドボ入れて煮込む。
要するに放っておくだけ。(笑)

お友達が来るころには家中が煮込みハンバーグの良い香りが充満してるから、いやがおうにも「今日、おうちランチ??」って声が。(笑)
お友達との時間、少しでもゆっくり過ごしたいから、パスタはエンジェルヘアを使ってん。
茹で時間5分短縮。5分あったら、どんだけ喋れるぅ〜?(笑)

我が家は誰かが来ると、絶対リビングの方には集まらへんのよ。
なぜかみんなダイニングに集合するねん。(笑)
アタシがキッチンで何かしてても、お友達はすぐ目の前のダイニングで遊んだはるの。
ランチの準備しながら、お友達の話も聞けるし、お友達の様子も目に届くし、逆にお友達はアタシが何作ってるかじっくり見れるから飽きひんみたい☆(笑)

すぐ目の前のダイニングで喋ってるお友達の話に加わりながら、盛り付けをはじめると、それと同時に、お友達がささっとダイニングテーブルを片づけてくれるん。
みんな、こういう時は動く動く。(笑)
何やら広げてチクチクしてたお友達も、ささっとたたんで、ダイニングテーブルの上を何も無しにして、お茶のお湯を沸かし直してくれたりして。
おもしろいわぁ〜。なんでいつもより動作が早いねんっ!!(爆)

アツアツの煮込みミートボールのスパゲティーは、自家製ソースやからかな。「あっさり、さらっとした感じで、ランチでも全くヘビーじゃない」って言うてもらえました♪
好評で嬉しかったわぁ v

今日も寒々した日にお友達が集まってくれて、暖かい気分になりました。
楽しい時間をありがとう♪

みんなも遊びにこぅへん??(笑)
posted by たえ at 23:58| Comment(4) | お料理系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

クラムチャウダー・ポットパイ(ヘルシーバージョン)

012308 (6).jpg

今週入ってから、まだ一度もてっちゃんとご飯一緒に食べてへんの。
久しぶりに1人ごはんが続いてるたえなのです。
今日の1人ごはんはクラムチャウダー。
クラムチャウダーって大好き v
トマトベースの赤いマンハッタンスタイルより、クリームタイプの白いニューイングランドスタイルの方が好きやから、冷凍の剥きアサリを使って作りました♪

クラムチャウダーっていろんな作り方があると思うけど、たえの作るクラムチャウダーも「これでないと!」ってのは無くて、入ってる具を変えることもあるし、味付けを少し変えてみることもあるねん。

012308 (8).jpg

今夜作ったのは、ほんのちょっぴりヘルシーバージョン☆
なにがヘルシーか。
まずはバターは一切使わずにオリーブオイルのみ。
小麦粉はごく少なめ。
塩分も少なめ。
ミルクの代わりに豆乳を使用。

・・・で、作り始めたのはいいけど、ここでちょっとばかし小細工しようと思い立った。(笑)
いくら1人ごはんやからって、クラムチャウダーだけじゃちょっと寂しいんじゃあ〜りませんか・・・ってことで。

そうや!ポットパイにしよ〜〜〜〜っと♪(笑)

ポットパイ・・・言うたら、「チキンポットパイ」が有名??
脳裏に浮かぶ人多いかも。
たえは、このクラムチャウダーでポットパイにしてみたよ☆(笑)

今日はヘルシーバージョン・・・ってことで、作ってるから、パイ生地もいつもみたいにバターと小麦粉などで作る生地ではなく、冷凍のフィロ。フィロを使ったお菓子やお料理はさんざん、このブログでもご紹介してますが、今回も使いました。
いつも冷凍庫に常備しているフィロ。これ、ほんと重宝するんです♪

**フィロ使用時の記事をご覧になりたい方は、右上の”記事検索”にフィロと入力して、”記事”にチェックしてみてね♪**

012308 (11).jpg

フィロは薄〜い紙のような生地やから、いつものようにバターと小麦粉を使って生地を作るよりも、食べ応えも、そしてカロリーも少なめ v

フィロは生地と生地を何層にも重ねて頂くのですが、その時溶かしバターを使うのが通常の使い方。
でも今回、オリーブオイルを極控えめにシュ〜っと吹き付けて、重ねていきました。

スープを注いだあと、フィロの生地を重ねて、色良く焼けた風にするために、もうひと工夫でオリーブオイルを薄く、そしてうえからパプリカを振りかけて焼きました。

そうすることで表面が色良く焼けて、パプリカが更に”焦げ目風”に見せてくれるからええ感じに仕上がるねん♪

012308 (12).jpg

出来上がりはフィロの層がきれ〜に現れて、スプーンでつつくと、
バリッバリッ・・・って、軽〜い音♪

クラムチャウダーだけでも十分美味しいけど、ポットパイにすると、見た目も満足やし、崩したパイを一緒に食べると・・・う〜〜〜ん v

てっちゃん残念っっ。
こんな美味しいヘルシーなポットパイが食べれたのにぃ〜。あ〜あ。

カロリーダウンした分、アタシは食後のデザートを楽しみましょうかね〜v(笑)
posted by たえ at 09:43| Comment(8) | お料理系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

タスカン・ベジタブルスープ

011608 (21).jpg

昨日焼いたパンと一緒に食べたスープをご紹介〜☆
パンとスープのコンビって大好き v
ちょっとした軽食にもなるし、たくさん食べればしっかりした夕食にもなるし。
我が家は「夕食は絶対にごはん!」・・・ではないから、パンでも麺類でも大丈夫。
たま〜にいるでしょ、こういう人。
でもこのスープはご飯でも美味しい v

イタリアのタスカン地方を意識したこのスープは、野菜にお豆さんに…超豪華〜〜〜☆

011608 (10).jpg

お野菜は玉ねぎ、にんじん、セロリ、トマト缶、ほうれん草、カネリニビーンズ。
カネリニビーンズはイタリアのお豆で、白くてクリーミーで、お気に入りのお豆 v
タスカン地方ではトマトはもちろん、お豆を使ったお料理も多いねん。

スープはトマト缶を加えても十分美味しいんやけど、これは普通のトマトとトマトペーストを入れて、さっぱりながらトマトの甘みとトマトの旨みを凝縮したコクを加えています。
チキンストックを使っても、ベジタブルストックを使ってもOK。
イタリアンなスープやから赤唐辛子も入れて程良くパンチ v

出来あがったスープに、た〜〜〜っぷりとパルミジャーノをおろして頂きます♪
クリーミーなお豆とお野菜のうま味がじっくり味わえるスープ、ピリリとした辛さが体を温めます☆

このスープは上からエクストラヴァージンをふっても美味しい♪
柔らかいパンをスープに浸して食べても良し、パンはパンで別々に食べても良しっ!
パンは、このふわふわのパンでもカリっと焼いたハード系のパンでも。

お豆が入ってるから、メインにもなるスープ。うちではランチなんかにも食べたりします。
うまっ・・・v 
モグモグしっかり噛んで食べるスープでお腹も大満足☆(笑)
posted by たえ at 10:19| Comment(4) | お料理系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

Pork Au Poivre

011408(1).jpg

風邪の心配をしてくださったみなさん、どうもすみません。
「また強がってぇ〜」なんて、食欲が無いんじゃないかと様子を見に来てくださったお友達のみなさんにも・・・、どうもすみません・・・。(涙)

ほんまにめっちゃ食欲ありますんで。
今回の風邪、ぐずぐず長引いてるわりには、風邪菌め、やっぱりアタシの食欲には勝てへんみたいやわ。(笑)

なんかずっと熱とダルい感じは続いていますが、元気も食欲もあるので御心配なく!
たえは今、皆さんの”愛”に感激しております〜〜〜〜v(笑)

今言うたばっかりやけど、食欲もしっかりあるし、食欲があるなら体力もあるでしょう・・・・ってことなんやけど、「よし。体力つけて風邪やっつけんとなぁ〜!!」なんて、もうイヤっちゅうほど体力あるくせに、完全に間違った意図で豚肉料理作りました☆(爆)

Pork Au Poivre(ポーク・オゥ・ポワブル)。
えぇ〜。だって日本語にしたらめっちゃ普通のおかずやねんも〜〜〜ん。言葉をフランス語に替えるだけで、素晴らしい料理作ってるみたいで不思議〜。(笑)

011408.jpg

このPork Au Poivreを日本語にすると、「豚のコショウ風味」とでもいいましょうか。(爆)
ふふふ。大衆料理に早変わりや〜。(笑)

豚のヒレ肉(ポークテンダーロイン)、こっちでは凄くお安く手に入ります。
それをバタフライにして、大好きなディジョン・マスタードと潰した黒コショウを塗って焼いただけ。お肉を焼いた後のフライパンに赤ワインなどジャーーっと加えて煮詰めたソースをかければできあがり。

付け野菜は焼き野菜。グリルマークが食欲をそそるねん♪
豚肉はよく火を通さないと怖いし、しっかり焼くけど、テンダーロインやからとっても柔らかく仕上がってくれます v
あとはスープを用意して、15分かそこらで食事ができました♪

表面をよく焼くのがポイントかな。香ばしくて、お肉の中身がジューシーで、めっちゃ簡単やのに、なかなか美味しい〜 v
お友達とのおうちランチにも、これ、早いからめっちゃええのよ。

ちゃちゃっと作って、ゆっくりご飯食べたら、あとはの〜んびりテレビでも見てゆっくりしまっさ〜♪(笑)
posted by たえ at 23:58| Comment(2) | お料理系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

サーモン・キャセロール

salmoncasserole.jpg

風邪の調子がどうもまだ今ひとつ・・・のたえです。
元気はあるし、食欲もあるし、ただ微熱と鼻水(汚)が・・・。
皆さんもお気を付けくださいね。

夕食は、簡単で体も温まるキャセロールにしました。
今回の面白いものはこれ。↓

salmoncasserole1.jpg

ウィートジャーム。これは小麦胚芽のこと。
繊維やビタミンEが多く含まれていて、食物繊維も豊富。
よって、美肌・便秘解消・老化防止・疲労回復・貧血改善・動脈硬化予防・血行促進・心機能強化に良いとされています。

これもたえがパントリーに秘かに隠しているもの。(笑)
うちのパントリーと2台目の冷凍庫は、できるだけてっちゃんに見られないようにしています。
中身見たら「こんなようけ食べもん置いてどうするんやなぁ〜」言われるから。(笑)
もう既に何回言われてるか分かりません。
でも、これかってお菓子作りや今日みたいにお料理にも使えるんやしぃ。
無駄なもの買ってへんねんから、別にええやん。な〜?(笑)

今日はサーモンの缶詰、もちろんセール品やし買って来たものを一緒に使いました。
サーモンに玉ねぎ、セロリ、にんじん。まぁ、簡単に言えば、おうちにあった残りもん野菜やね。(笑)
あとは、キャンベルのマッシュルームスープ(濃縮タイプのヤツ)、溶き卵とウィートジャーム、黒コショウを適当に全部混ぜて耐熱容器に詰めて焼いただけ。

あ、そうや。焼く前にこれも。↓

salmoncasserole2.jpg

お菓子のゴールドフィッシュ。(笑)
今日はピザ味しか無かったから仕方なく使用。
っていうか、このお菓子不味くないけど、個人的に結構クドいんよね、このまま食べたら。(汗)
それで料理に使ってしもた。どうやろ、このいい加減さ。

salmoncasserole3.jpg

ほんまは、キャセロールの一番上には、パン粉やクラッカーの崩したものなんかを塗して、焼くねん。
クラッカーは塩味が一番無難かと。(笑)
でも今日はピザ味。何度も言うけどクドい味。
それを手でボロボロっと粗く崩してトッピングして焼いてみたわ。

salmoncasserole4.jpg

サーモンのキャセロール、なんかクラッカーのせいで、ちょっと色がドギツイ感じがしないでもないけど、結構美味しかったわ〜♪
そりゃ、普通の塩味クラッカーの方がもっと美味しいはずやけど、ピザ味やからって、そないに「おえぇ〜(汗)」言うこともなかったし。

ま・・・敢えて言うなら、

ちょっとクドかったけどね・・・。(苦笑)

クラッカーも使いきれたし、満腹になったし、栄養満点で味はそこそこイケてたしええか☆(爆)
posted by たえ at 07:10| Comment(8) | TrackBack(1) | お料理系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

チカラ蕎麦

鏡開き。 
― 鏡開き(かがみびらき)とは、正月に年神に供えた鏡餅を雑煮や汁粉にして食べ、一家の円満を願う行事である。鏡は円満を、開くは末広がりを意味する。―wikipediaより

正月11日、日本では鏡開きですね。(地域によって日が違う場合も。京都では4日に行われる事が多いです。)
ここアメリカでも時差で1日遅れの鏡開きの今日、我が家でも・・・

・・・って、「鏡もち、用意してなかったしっっ!!」(汗)

鏡もち、ちゃんと準備しておくべきでした・・・。
来年こそは鏡開きぢゃ☆  

いくらバタバタしていたとはいえ、鏡もちの用意くらいはしとかないと・・・。
新年の雰囲気、アメリカでは全く味わえませんからっっ!!(汗)

アメリカは、クリスマスやニューイヤーイブ(大晦日)はあんなに盛り上がるのに、
「スリー!ツゥー!ワン! Happy New Year〜〜〜〜〜!!!」叫んで、ある人たちはチューしちゃったりして v

でもその後、「え・・・?ちょっと待ったりぃ〜な!!さっきまでのあの盛り上がりは何やったんよ〜〜〜!!」逆にこっちが叫びたくなるくらいに

シーーーーーーーーーーーーン・・・

みんな、何事もなかったかのように新年を迎えて、あの盛り上がりも嘘のよう。

「新年?あぁ、明けたねぇ〜。それがなにか??」状態。(笑)

アメリカに来て更に強く感じるようになった、”日本の習慣を大事にしたい、もっと深く関わりたい”・・・こういう姿を目の当たりにするから・・・いうのも理由の一つなんやろなぁ。(笑)

・・・というわけで、鏡、開いてないけど、気分だけでも。(笑)

chikakrasoba.jpg

てっちゃんのお父さんの丸もち、送ってくださったものを使って「力うどん」ならぬ「力そば」を頂きました。

てっちゃんの実家では毎年、お義父さん筆頭に、必ず家族総出でお餅つきをやるねん。
お餅を男性陣がついたら、女性陣はお粉の上にお餅を広げ、鏡もちと普通の丸もちをどんどん丸めていくの。
この作業がほんとに楽しくて。(笑)
楽しいと言えばつまみ食いもまた楽しいんよね〜〜〜〜 v
お砂糖醤油やきなこ、あんこに大根おろしにお醤油ちょびっと。好きなものでアツアツのつきたてお餅を食べるん。最高においしいっ v
味見し出すと、そのうちお餅丸めるの忘れて、食い気が勝ってしまうねん。(笑)
ある年には10個?それくらい食べた記憶あるわ。しかも、かなり遠慮気味で10個。(爆)お義父さんのおもちつき、長いことご無沙汰やなぁ〜・・・。(涙)

おうどんでも良かったんやけど、なんとなく罪悪感?(笑)
ほら、それでなくてもしばらく食べすぎの毎日やし・・・って、年中食べすぎのアタシが言うても全く説得力ないんやけど。(汗)
ま、そんなわけで、おうどんよりお蕎麦の方がヘルシーで身体にも良いかな・・・と思ってん。(笑)
それにアタシだけの感覚かな。おうどんとお餅って、なんか「おんなじやん!」って感じが凄いするんやけど、お蕎麦とお餅やと「あ、ちょっと違うね」って感じで・・・え?やっぱりアタシだけの感覚かいな。
まぁええやん♪ ふふふ v(笑)

アタシ、麺処に行っても”力うどん”食べた記憶がないんですよ。
子供の頃も・・・多分・・・。
おうちでも滅多に食べへんわ〜。数年に1度とか。(笑)
今日はなんか「ちから」なムードやってん。
てっちゃんには「それ、”大日本人”はいってるんちゃうの〜?」言われたんやけど。(爆)
「ちゃうで。でもなんか力うどん意識してたかも・・・。やっぱり”大日本人”かな・・・。」めっちゃ影響されてるやんかっっ!(爆)

お蕎麦と具はほうれん草とおネギ、焼き餅だけ。
色のバランス悪いから、柚子の皮でも散らせば良かったかなぁ。
なかなか詰めの甘さも例年と変わらず。(汗)

ツルツルっと蕎麦をいったら、カリっと焼いたお餅をカリっ、ニョ〜〜〜〜〜〜ンって、どんだけ伸びとんねんっ!(笑)
で、お出汁をゴクリ。美味いっっ・・・v

お蕎麦だけじゃなくお餅入りやから、しっかり満腹になるしね。
珍しく夜はデザート食べませんでした。

たまには「ちから」も・・・ええもんです♪


posted by たえ at 06:26| Comment(8) | TrackBack(0) | お料理系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

厚揚げと春雨の中華炒め

011008 (6).jpg

こないだ、日本の友人からメールがあったんです。
たえがブログをしてる事を去年知ったばかりの友人なのですが、その友人のお友達が、偶然にもアタシのブログを楽しんでくださっているということで、”世間は狭いなメール”が届いたんです。(笑)

友人のお友達がなにやらこんなことを話していらしたそうな。

「たえさんて、洋食とか洋菓子とか作ってはって、いつもめっちゃ凝ってはるな〜」って。(笑)

そっか。ある人はまた違った視点から見てくださってるかもしれんけど、友人のお友達はこんな風にアタシ(というかアタシのブログやね)の事、映ってるやなぁ・・・って思ったんですよ。

凝ってるなんてとんでもない。
案外簡単なもの作ってるんですよ。手も抜けるとこは抜いてるし、いつも適当にあるもので「おうちごはん」作ってるし。
洋食だけじゃなくて、和食も中華も食べまっせ。(笑)

atsuageharusamechu.jpg

で、今日はこんなおかずをご紹介してみました♪
厚揚げと春雨の中華風。
春雨大好き v ほんとはひき肉を少し入れたりしても美味しいけど、今回はお肉なし。
焼き魚が食べたかったから、ひき肉の代わりにほうれん草を入れてバランスよく。
こういうピリ辛で甘辛いようなおかずって、ごはんと合うんよね〜♪

洋食も好きやけど、ほんま言うたら和食や中華、韓国、タイ、ベトナム、インドネシア料理・・・などなどアジアンなお料理の方が好きかな〜。

だいたい・・・ですが、洋食とアジア料理は1日か2日置きくらいに作ってるかな。
それとかお肉とお魚も、できるだけ代わりばんこになるように。
無理な時もあるけど、できるだけ心がけてるわ。

今日はこの炒めもんの他に、太刀魚の塩焼きとワカメと玉ねぎのお味噌汁、それから温野菜のサラダを梅ドレッシングで。
別にたいしたものは全然作って無いでしょ?(笑)
今日もおうちごはん、もりもり頂きました♪(笑)

おやつはこれ。
011008 (8).jpg
ちょっと「和」なおやつ。雑穀バー。
パントリーにある雑穀いろいろ合わせたから、かなりの種類になったわ。(笑)
堅いねんけど、噛むほどに甘味が増して、香ばしくて美味しい v
ガリガリかじってるうちに・・・もぉ止まらんっっ!!(笑)
温かいほうじ茶と一緒に頂きました♪
春になったら、また和菓子が作りたいな〜 v

posted by たえ at 10:17| Comment(8) | TrackBack(0) | お料理系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

七草粥☆2008

010708 (3).jpg

今日は正月七日、七草の日。
なのにただいま、気温は18℃。うそ〜〜。暖かすぎるって!!
ちがうちがう。今日は七草のお話やん。また話脱線するところやった〜。(汗)

アメリカに来てからも毎年なんとか、ありがたい事に七草粥食べさせてもらってるわ。
というのも、七草がこちらでは手に入りにくい、もしくは手に入っても、めっちゃ高価。
一度だけ、日系のスーパーで七草を買ってきて作ったことがあるんやけど、そんなん勿体ない、勿体ない!
高価なもの、敢えて揃えてまで作らんでもいいと思うねん。
アメリカにいるならアメリカで手に入るもので作ればいい♪(笑)
はいっ、始まったでぇ〜。いつもの開き直り〜。(笑)

でもぉ〜、日本人として日本の伝統的な行事・・・いうのかな。出来ることは少しでも多く取り入れたいから。
どこで暮らしていても、日本の習慣を大切にしたい、出来るだけ触れていたい・・・そう思うねん。

nanakusa.jpg

七草粥の由来はいろいろ。
母からは「お正月料理や年末年始の食事で弱った胃腸を回復させる働きと、青菜等の野菜不足を補ってあげることによって体調を整える」と聞いていた記憶が。

昔はこの他にも健康長寿、魔除け、招福、病気予防、豊作を招くという昔からの願掛けが主だったらしいわ。

この時期はどうしても運動不足になりがち。
よって、解毒作用のある野草を食し、年末年始にたまった体内毒素をいち早く排出することで、春に向けて体調を整えるという考えに基づいて「七草」は古くから用いられているんです。

詳しくはこちらもご覧ください。⇒wikipedia 七草


風邪、良くなったと思っていたけどやっぱり少しまだぐずぐずしていて。
美味しいお節やお雑煮、今年のお正月は食べられへんかったし、お粥さんくらいは食べておきたいと思って作りました。

≪ 春の七草 ≫ 
一、・・・芹(せり)
二、・・・薺(なずな <別名・ぺんぺん草>)
三、・・・御形(ごぎょう/おぎょう <別名・母子草>)
四、・・・繁縷(はこべら <別名・はこべ>)
五、・・・仏の座(ほとけのざ 別名・小鬼田平子(こおにたびらこ>)
六、・・・菘(すずな <別名・蕪>)
七、・・・蘿蔔(すずしろ <別名・大根>)

010708.jpg
で、今年あたしが用意した七草は・・・。

一、・・・ほうれん草
二、・・・ブロッコリー
三、・・・コラード
四、・・・パセリ
五、・・・グリーンオニオン
六、・・・シラントロ
七、・・・ラディッシュの葉

土鍋で炊くとやっぱり美味しい v
お米とたっぷりのお水で味付けは塩だけ。
風邪気味やから今日はおろし生姜も少し。

お粥さんって、子供の頃から大好きやったわ。
たとえ塩味しかしないお粥さんであっても。(笑)

時々食べたくなって、いろんなお粥さんをランチに食べることもあるけど、こうして7種類のグリーンを改めて使うのって、ちょっといい感じ♪(笑)
きちんと背筋伸ばして食べました。

010708 (4).jpg

手軽で身近な素材でも、それぞれに健康効果もあるし、身体に嬉しいものばっかり☆
少しのお米に野菜とお水は多めのサラサラバージョン。
はぁ〜・・・あったまるぅ〜〜〜〜。

春の七草は薬膳として食べますが、秋の七草なんてものもあるみたい。
秋の七草(ハギ、ススキ、クズ、ナデシコ、オミエナシ、フジバカマ、キキョウ)は見て楽しむものなんやって。
その中でクズやオミナエシ、フジバカマ、キキョウは、葉や根を食用として、また、薬としても用いられていますよね。有名どころでは葛根湯とか。

先人の知恵、心と体の癒し方、ちゃ〜んと知ってはったんやね。
昔の人ってほんまに凄いな〜。
その知恵が今でも継承され続けていることに改めて感謝。
心も体も少しデトックスされた気分♪(笑)
posted by たえ at 02:41| Comment(8) | TrackBack(0) | お料理系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

ムール貝とリトルネッククラムのボンゴレ・ビアンコ

vongole bianco1.jpg

今日はパスタ♪らくちんパスタ♪

ちょっとあっさりしたものが食べたかったから、ムール貝とリトルネック・クラムでボンゴレにしました。

リトルネック・クラムとはアサリに似てるけど、一周りほど大きめかなぁ。
辞書で調べてみると、マルスダレガイ科の二枚貝で、ホンビノスガイのことなんやって。
細かい事は分からんけど、日本のアサリよりも心もち大きいかな・・・って思えばわかりやすいと思います。

ボンゴレ・ロッソも大好きやけど、今日の気分はボンゴレ・ビアンコ。
ムール貝を使うならロッソの方が好きやけど、クラムも入れるし、出来るだけあっさりの味付けが良かったから、ビアンコにしました。

ご存じの方も多いと思いますが、ボンゴレ・ロッソ(vongole rosso)はトマトソースをつかったもの。
ボンゴレ・ビアンコ(vongole bianco)は白ワインを使ったものやねん♪

vongolebianco.jpg

作り方は簡単♪
たえがボンゴレ・ビアンコを作る場合は、パスタを茹でてる間に、ちょっと深さのあるフライパンを用意して、オリーブオイルに刻んだニンニクと赤唐辛子を炒めて、香りが出たら刻んだエシャロットも炒め、貝を加えて、白ワインをドボドボ。
一旦蓋を閉めて貝の口が開いたら、茹であがったパスタと塩コショウ、パセリのみじん切りを加えて混ぜれば出来上がり♪

vongole bianco2.jpg

一応パスタを茹でた後の茹で汁を少し残しておいて、好みに応じてかけると、パスタの乾燥を防いで美味しく頂けますよ☆
今回は残っていたブロッコリーの房と芯も刻んで、パスタを茹でる時に一緒に放り込んで、さっと茹でてから加えました。

簡単やのに、貝の風味が出てすっごい美味しいねん♪
貝もプリプリで食べたいから、手早くちゃちゃっと、タイミングを見て作るのがベストかな v(笑)
殻つきの貝って、なんかそれだけで贅沢に見えるからええわ〜。(笑)

今日は毎晩飲んでるプアール茶が無くなりそうやったから、お茶屋さんに買いに行って、ついでに美味しいお茶も飲んできました♪
おうちで飲むお茶はもちろんホッとする時間やけど、寒い日にお店でゆっくり美味しいお茶を頂くのも嬉しい v
なんか長い休日やったのに、あんまりてっちゃんと、落ち着いて喋って無かった気がして、今日はまとめてたんまり喋りました。
普段から一緒にいるのに、「まだ喋ることあんのかいっっ!」・・・って、自分でもびっくりしてしまったわ〜。(笑)

posted by たえ at 10:42| Comment(12) | TrackBack(0) | お料理系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

サックサク☆簡単クリスピーチキン

今日はてっちゃんのお友達、Nがテキサス州から遊びに来てくれました♪
この時期テキサス州って過ごしやすいんちゃうの〜?
なにもこんな北上せんでも・・・と思ったんやけど、それでもお友達が来てくれるのは嬉しいもんやね v(笑)

N、今日夜に到着の飛行機で来たもんやから、アタシも余裕こいてしもて、結局ドタバタと食事の準備を始めてしまった。(汗)
こないだNが来てくれた時は完全に和食のご飯やったから、今日は何しよう・・・。

まずはお豆腐の白菜とカニの生姜あんかけ。
これは和風。
122907 (5).jpg
男性の一人暮らし、ましてやお料理が出来ない男性にとって、和食は願ったり叶ったりらしいわ。(笑)
おとふも買ってまで食べへんし。
あんかけの料理に「おぉ〜〜〜〜!美味そうやなぁ〜〜〜!」と歓声が。(笑)
なんや、こんな簡単なもんでも、独身男性って喜ぶんやね〜。
こんなんでええんやったら、いつでも作ったげるで〜〜〜N!(笑)

今回のたえが一番ご紹介したかったのは、このクリスピーチキン。
これ、めっちゃ美味しくって、我が家ではかなり頻繁に食卓に登場してるねん♪

122907 (11).jpg

ココで使ってる衣はこれ↓。はい、ポテトチップス〜♪
122907 (4).jpg
ビニール袋に入れて粉々に割って、それを衣にしてるの。
今回はLay'sのBBQ味と、HOT'n spicy BBQ味の2種類。
たまたま余ってたから使ってんけど、もちろん普通の塩味でも美味しいねん♪
BBQ味やスパイシー味もBBQの風味がほんわりとして美味しかったわ〜☆
これは冷めてもバリバリと食べられて、ビールのお供に最高!
もちろん飲めない人にも〜〜〜♪(笑)
全然油っこくない☆

Nはすんごい食欲旺盛でめっちゃ食べる人やから、揚げものももうひとつ!
しかもコロッケはこれ、また日本を思い出す味らしいねん。
ふ〜ん、そうなんや。
ソースをたっぷりつけて揚げたてを、さぁ、食べなはれ、食べなはれ〜〜〜♪(笑)

コーンたっぷりのコーンポテトコロッケ。
普通のじゃがいもとオレンジスイートポテトの2種類を使って色のコントラストを楽しむつもりやったのに、マッシュし過ぎて色が綺麗に混ざってしまった〜〜〜。(汗)や〜〜〜〜ん。(涙)

揚げたてはやっぱり甘くてホクホクで美味しいね v

122907 (12).jpg
ほんで、カレー。
ほんまどんだけガッツリしたもんばっかり作ってんの!!って感じでしょ〜?(爆)
自分でも「うわぁ。これ、ほんま何にも考えてないって感じ・・・。(汗)」って思ったもんなぁ〜。
お肉はクリスピーチキンを食べるつもりやったから、カレーは野菜ばっかりのベジタブルカレー。
「ほんま、食べれへんたら食べんでもええし、普通の白ご飯とお香の物だすで?どうする??」って聞いたら、即答で「いや。カレーライスで。」(爆)
うそやん。カレーライスまだ食べれるんかいな〜??
まぁ想像ついてたから、一応作っといたんやけど。(笑)

前回も筍ごはんしたら4膳お代わりしはったし。(爆)
今回もベジカレーは2杯お代わりしてくれたわ〜♪
カレーもレトルトで食べてるかと思ったんやけど、やっぱり大きなお鍋で作るカレーは違うんやろね。
それにニッポン男児はカレーが好きやしね v(笑)

Nが来てくれると、ほんとに美味しそうにパクパク食べてくれるし、お変りもいっぱいしてくれるから、ほんま作り甲斐あるわ〜。
中年オトコも、胃袋だけは高校生並みやし。(爆)
今夜も喋って食べておもしろかった〜♪

デザートは甘いメロンをカットしただけ。
コーヒーを飲みながらてっちゃんと二人、アメリカ地図を広げて「ここに行ってみたい!」「今度ここ行ってみようか〜。」なんて、男たちの夢は広がります・・・。(爆)
あんたらそろそろ早よ寝んと明日起きられへんでぇ〜〜〜〜!(笑)

今夜は我が家にお泊りして、明日は朝からピッツバーグへふら〜っと出かけてみます。
雪もないし、最近はわりと暖かいオハイオやから、オハイオをあちこち案内しても良かったかも・・・。
けど、ピッツバーグはてっちゃんとたえも行った事がないから、ちょっと楽しみです・・・☆
posted by たえ at 12:35| Comment(2) | TrackBack(0) | お料理系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

またや・・・。

また作ってしまった。
まるで「なんとかの一つ覚え」みたいに・・・。(汗)
作ってるうちにアフリカンテイストになってしもた。
まぁえっか。元旦までクワンザやしぃ〜。

122807 (17).jpg

今日の夕食は完っ璧にっっ、たえ好みのおかず。(笑)
大好きなバターナッツスクワッシュ、それからレッドレンティル、ガルバンゾービーンを煮込んだシチュー♪

豆・豆製品がめっちゃ好きなあたし、久しぶりにあたしならでは・・・言うても過言ではないようなおかずです。(笑)
お肉もお魚も一切使わず畑のお肉、おまめさんをふんだんに使った、しっかり満腹感のあるシチュー。
こういうの大好きやねん v

バターナットスクワッシュはアメリカのスクワッシュの中でもかなり上位に入るほど好きな種類。
スクワッシュの中で一番好きなんはズッキーニやけど、その次くらいに好きかも知れへんわ〜。
日本のかぼちゃとはまた違った美味しさで、甘くておいしいねんけど、ちょっと水分が多いかな・・・という感じ。
ホクホクさに欠けるから、かぼちゃの炊いたんにするには不向き。
スープやシチュー、ピューレにしてデザートに使ったりする方が美味しいねん♪

122807 (11).jpgアフリカンな感じを意識すると、やっぱり玄米かな・・・とも思ったんやけど、ここはアフリカン・ベジタリアンな感じで蒸したほうれんそうを器の下に敷いて、上からシチューをたっぷり盛りつけてみた☆

122807 (20).jpg
上にローストしたナッツ、今日はクリスマスシーズンに安く出回るミックスナッツを粗みじんにしてパラリ・・・にしてはちょっと多め。(笑)
香ばしさがアップして、めっちゃ美味しいです。
ほら、こんな風に下のほうれん草と混ぜながら食べると、かなり美味しい!!

玉ねぎ、にんじん、そしてお豆とスクワッシュ、スパイスはクミン、生姜、サフラン、野菜の甘みとスパイスの風味がほんのり v
最後にライムを絞って頂きました。
日本人はご飯やパンなど、炭水化物を食べないと食べた気がしいひん!って方が多いけど、ランチくらいやったらこれでも十分ちゃうかな。
アタシはご飯そんなに食べへんからこれだけでも十分満足やったけどな〜☆
このシチューはかなり食べ応えあるから、副菜はごくごく簡単なお野菜モンでじゅうぶん。

アメリカのホリデーシーズン、やたら食べてばっかり。それも肉ばっかり・・・みたいな?
それじゃ胃腸も悲鳴あげるやん。
アタシはそれでなくてもよぉ食べるから、この時期、結構胃腸がド〜〜〜ンと重く感じる事も多いねん。(汗)

こんなホリデー期間中やからこそ、時には植物性タンパク質やお野菜などのベジタリアンフードで胃腸の負担、少しだけでも和らげてあげましょう〜。

posted by たえ at 10:55| Comment(8) | TrackBack(0) | お料理系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

クワンザ 2007

kwanzaa.jpg
jambo(こんにちは)!!
今日は昨夜のおうちごはんのご紹介♪

クリスマスが終わった後、アメリカではもうひとつの祭日があります。
それは「クワンザ」。アフリカン・アメリカンたちのお祭り。
クワンザ・・・は、スワヒリ語で「初めての果物=初収穫」を意味します。
黒人公民権運動の盛んだった1966年、アフリカ大陸南東部で広く行われていた収穫祭を、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校、アフリカ文化研究の大学教授、マウラナ・カレンガ氏の呼びかけのもと、文化イベントとして始められた、アフリカン・アメリカン独特のお祭りで、特に宗教とは関係なく、アフリカンアメリカンたち自らが、その文化と伝統に誇りを持ち継承するというお祝いなんです。
まだ歴史となって40年そこそこの新しいホリデーなんですね。

12月26日から元旦までの7日間、アフリカンアメリカンである事を誇りに思い、見つめ直す、この1週間の間は、キナラ(kinara)と呼ばれる燭台に、アフリカの国旗、Pan-Africanカラーである赤・黒・緑の7本のロウソクを立て、明りを灯し続けます。

これら7本のロウソクには、アフリカ大陸から伝わる7つの信条、Umoja「民族同一」、Kujichagulia「アイデンティティ」、Ujima「集団活動と責任」、Ujamaa「協調経済」、 Nia「目的」、 Kuumba「創造」、Imani「信仰」という意味があります。
期間中は毎日一つずつ、そのテーマごとに家族で話をしたり、子孫に教えたりして家族のきずなを深め伝統を確かめあい、1日1日を大切に過ごします。

この期間はクリスマスのようにプレゼント交換をしたり、アフリカの伝統行りを食べたりしてお祝いを楽しむのですが、最終日の前夜、12月 31日のディナーは盛大に行われ、歌や踊りの後、神への祈りで締めくくられるのだそうです。

こちらにもクワンザについてお話されています。

そんなクワンザのお祭りもアメリカに来てから知ったたえなのですが、こないだのハヌカといい、勝手にアフリカンアメリカン気分で(?)クワンザにちなんだアフリカン料理でお食事をしました。(笑)

kwanzaa7.jpg

まずはカムクアット・タジーン(Kumquat Tagine)。
タジーン鍋.jpegカムクアット(/カムカット)は金柑、タジーンとはモロッコやチュニジアなど北アフリカのお料理で良く使われる、三角錐を逆さまにしたような形の陶器性のお鍋のこと。

kwanzaa5.jpg

タジーンを使って作ったいわゆる北アフリカのシチューは、なんでもタジーン、タジーンって呼ばれてます。
チキンのタジーン、ラムのタジーン、シーフードのタジーンなど・・・。
今回はチキンとガルバンゾービーン(ひよこ豆)を入れました♪

このお料理は以前クラスメイトだったモロッコのお友達から聞いたもの。
分量がかなりいい加減やった・・・ということで、自分なりに加減しながら作りました。(笑)
お友達によると、プルーンやマルメロ、またはレモンのお漬物などを加えて、ほんのり甘く爽やかな風味が必要とのこと。
これは金柑を入れました♪

kwanzaa1.jpg

スパイスもニンニク、生姜、コリアンダー、クミン、シナモン、黒コショウ、クローブ・・・と、ふんだんに入っているけど、全然辛くないねん。
むしろ甘味があってスパイスの風味が味に複雑さを加えて、すっごく好みの味になってくれたわ♪

ほんのり甘くてスパイシーなこのタジーンは、クスクスか玄米で頂くのが北アフリカならでは・・・なんやって。
玄米も好きやけど、クスクスの方が気分やったから、昨日はクスクスで頂きました♪
クスクスの上にタジーンをかけて食べるのが本来の食べ方らしいねんけど、てっちゃんがこういうのすっごい嫌がる人で。(汗)
だからタジーンとクスクスは分けましたわ。
こんな風に一緒に食べると美味しいのになぁ〜。・・・独り言。(笑)

kwanzaa2.jpg

付け合わせはスパイスキャロット。
にんじんだけやけど、これも数種類のスパイスが入った北アフリカンメニュー。
こちらも程良い甘味と酸味にほんのりとスパイシーな1品。
はい、こちらも辛くないよ〜。(笑)
オリーブオイルとにんにく、粗めに擂り潰したクミン、コリアンダー、そして粉末のパプリカをゆっくり加熱して、水、レモン汁、塩コショウをガリガリ挽いて煮込みます。
見た目めっちゃ地味やねんけど、不思議な美味しさ。なんとも言えないにんじんの甘味でこれ、めっちゃ好きなんですよ〜v

kwanzaa4.jpg

サラダはアボカドとヒカマ、本当はパパイヤを使うと良いねんけど、無いから、おうちにあるカンタロープ(メロン)でサラダにしました。
もうちょっとで北アフリカ風やったのに・・・。惜しいっ!
でも美味しかったから、良しとしときますわ〜♪(笑)

kwanzaa6.jpg

で、一番楽しみなデザート。
今回はチャイチョコレートクレームブリュレ。
チョコレート味のクレームブリュレみたいな感じにしてみました。

kwanzaa3.jpg

アフリカンな感じを意識しつつ、こちらも生姜、カルダモン、クローブを入れてスパイシーなチャイチョコレートを作ってベースに。
クレームブリュレのように濃厚でリッチな舌触りのデザートにしました v
豆乳を牛乳の代わりに使ってるからかなぁ。リッチな食感やのに、あっさりめの味。
なかなかグッドでした☆

クワンザならではのお料理って、正直なんにも知らないアタシやけど、アフリカ料理なら・・・。
こんな調子でアフリカンなお料理、もっとレパートリー増やしていきたいな〜☆

アメリカ生まれの新しいお祭り、クワンザ。
これから長い時を経て、子孫に引き継がれていくんやね。
自分たちの国の文化や伝統を誇れることって素晴らしい事やな・・・って、改めて気づいた日でした。

今日は・・・残りもんでお夕食でしたわ〜。(笑)
posted by たえ at 13:28| Comment(6) | TrackBack(0) | お料理系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

クリスマスディナー2007

xmas2007.jpg

アメリカは昨日がクリスマスでした☆
ぎりぎりまで今年のクリスマスディナーをどうしようか考えてたんやけど、フレッシュな貝やお魚をたくさん買い込んで、今年はシーフードでお祝い♪

最近お肉食べ続けてるし、気づいた時にシーフード食べとかんと、ず〜〜〜〜っとお肉食べそうな予感・・・。
それがアメリカのホリデーシーズン。(汗)

ホールフーズ(whole foods Market)で見つけた綺麗なクラム。

ほんまはマニラクラム(アサリ)が欲しかったんやけど、聞いてみると「今日は上がってないわ〜」って。
ちょっとがっかり。(涙)
それで仕方ない、お魚屋さんとちょっと相談して、マニラクラムみたいに味がしっかりと濃厚なアサリを教えてもらって、「ほな、これやで!」って教えてもらって早速山盛り購入。
他にもムール貝、大きな海老とサーモン、スウォードフィッシュ(メカジキ)、ハリバット(オヒョウ)をたっぷり購入しました。

でもここでちょっとしたハプニングが。
お魚やのお兄ちゃん、クラムのレシートを袋に入れ忘れ・・・。
知らずにレジに行ったら、クラムの値段が分からず。
アタシは覚えてたから「1個○○セントやで。」ってレジのおばちゃんに言うてるのに、おばちゃんはあたしを信用してないのかなんか分からんけどお魚屋さんに内線電話しはったん。
それで「袋の中にクラムが入ってるんやけど、これ値段分かる?」って言うて、そのあと「え?あ、はい・・・。チン」って電話を切らはってん。
そしたら「これ、もうええから、あげるから、持って帰って。」って。
アタシも思わず「えぇ!ほんまにぃ?ええのぉ〜??」って顔めっちゃニヤけてるし。
レジを通した商品をバッグに詰めてくれるバイトのお姉ちゃんもびっくりしてはったわ。
「えぇ!マジですかぁ〜〜〜!!!」みたいな。(爆)
あ、このやり取りはもちろん全部英語ですよ。
こんなに関西弁ばっかりしゃべるアメリカ人がいっぱいいたら、いつか関西乗っ取られてまうからな〜。(爆)

でね、このクラムはタダ。
時々アメリカのスーパーではあるんです、こういうこと。
前にもシナモンスティックとか、お野菜もタダにしてもらったり、タダ同然の値段にしてもらったりとかもあるし・・・。
こんなんココで言うてもええんやろか・・・。ドキドキ。
でも今回も1個いくらか言うてんのに、首を横に振って「いらんいらん。もうて帰って〜。」って言われたから、もうそれはアタシのせいでは無いですから。(汗)

で、ウキウキで帰宅、さっそくお料理開始したんですわ♪
クリスマスディナー、1品目はこのたっぷりのシーフードたちを山ほど使って、チョッピーノを作りました。
xmas20071.jpg

チョッピーノは、サンフランシスコ発祥のイタリア風料理ということなのですが、要するにピリ辛スパイシーなトマト味のブイヤベースとでも言いましょうか。
ブイヤベースもかなり美味しいけど、このチョッピーノもかなりウマウマなんよ〜v
サフランを使わないチョッピーノは少しばかり経済的でもあるしね〜♪(笑)
魚介類やから火を通すのも早いし、あっというまにできあがります。

xmas20072.jpg
それから魚介類のスープ、チョッピーノののお供にピッツァ・ビアンカ。
生地を四角くのばして、今夜はローマ風に。
ローマピッツァは丸い形と四角い形があるねん♪(笑)
エクストラヴァージンとタイム、お塩だけやから、シンプルなものほど材料にはこだわって美味しくて良いものを使いたい☆
そのまま食べてもよし、スープに浸してもよし◎

xmas20073.jpg

それから豆乳クレープのカニクリーム包み。
豆乳でクレープを作って、米粉と豆乳のベシャメルソースにカニの身とグリーンオニオンだけを具として混ぜたシンプルで、ちょっと贅沢なフィリング。
カニの身をたっぷり使ったから香りもよくて、めっちゃ美味しかった〜〜〜〜v
早く食べたかったから、慌てて写真撮ったのバレバレですね〜。(笑)

あとはスプリングミックスのサラダ。
以上、我が家のクリスマスディナーでした〜☆

クレープにピッツァに・・・って、ちょっと炭水化物摂りすぎやな。(爆)
てっちゃんもこのチョッピーノが大好きやから、久しぶりのスープに喜んでくれはりました v
「たえちゃん!全部美味しいわぁ〜。今年もありがとぉな〜♪」って。それ言うのまだ早いって。(笑)

そやけど、こんなに喜んでもらえると作り甲斐あるで〜♪
妻もニッコリのクリスマスディナー。
お腹いっぱい胸いっぱいになりました〜v(笑)

今日はクワンザのお祝いにちなんでお料理をしたのですが、それはまた明日にでも・・・。
posted by たえ at 11:52| Comment(8) | TrackBack(0) | お料理系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

久しぶりやぁ〜

xmasnabe.jpg

久しぶりにお鍋しました。
てっちゃんのリクエストです。
お魚はたらと鮭、薄切りの豚肉とキノコ類、春菊、水菜、ほうれんそう、おとふにお揚げさんにもやし、ごぼう・・・。
シンプルな常夜鍋が食べたかったたえでしたが、てっちゃんのご希望が具だくさんのお鍋やったもんで。(笑)
昆布でお出汁を取って、お酒と干し椎茸の戻し汁、あとはお魚お肉、お野菜が美味しくしてくれるし〜v

大根おろしと七味、ゆずぽんで食べました。
オハイオは日本食材の種類が決して豊富ではないため、こんなお鍋でも結構お祝いチックな気分なんですよ〜。(笑)
久しぶりのお鍋、夫婦でハフハフ堪能・・・v
あぁ、また食べたい。
贅沢言わへんから、具だくさんじゃなくて良いから。
シンプルな日本のお野菜だけを使ったお鍋が食べたい・・・。(爆)

アメリカのイブは比較的静かな気がします。
明日のクリスマスにディナーを食べはるんやろね〜。
我が家は何にしようかな。←まだ何にも考えてないし。(汗)
posted by たえ at 07:56| Comment(6) | TrackBack(0) | お料理系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

チキンカラヒ

chickenkarahi.jpg

スパイシーなカレーが食べたくなった。
スパイシーなカレーっていうと、もっぱら我が家ではタイ、またはタイ風カレー。
だから今夜はタイ以外の国のカレー、久しぶりにチキンカラヒを作りました♪
「チキンカラヒ」の「カラヒ」とは、スチール製の浅いおなべのこと。

そのカラヒで作った「チキンカラヒ」はパキスタン料理。
ピリ辛のトマトソースでチキンを煮込んだもの、もしくはピリ辛のトマトベースのチキンカレーのことやねん☆
checkenkarahi2.jpg
カレーって言うと普通は大きなお鍋で作るけど、チキンカラヒはカラヒを使って、少しづつ材料をそれぞれ入れて作っていくねん。
たえが今日作ったのはスロークッカーで作ったから、正式には「チキンカラヒ風」やな。(笑)

チキンカラヒはたいてい骨付きのチキンが使われるから、今日はチキンレッグを使いました。
チキンレッグは、その形がなんか豪華な感じがするから、よくオーブンで焼いたりするけど、煮込み料理にも最適やねん♪

数種類のスパイスを小さなすり鉢でガリガリと挽いて作ります。
カレールゥを使ったカレーももちろん美味しいし好きやけど、スパイスを自分で挽いて調合して作るのはもっと好き v
いろんな味が無限大やし、スパイスのさまざまな組み合わせで、意外な美味しさを発見できたりするから☆(笑)

chickenkarahi1.jpg

最後に粗くコリアンダーを挽いていただきました♪
たえは辛さが足りなくてさらに黒コショウをガリガリ挽いて食べるのが好き v
てっちゃんに「まだ〜〜〜〜??汗」って突っ込まれるほど、ず〜〜〜〜っと挽き続けて、てんこもりの黒コショウで食べます。
ピリ辛もんはご飯がすすむわ〜〜〜♪(笑)

スロークッカーで煮込んだチキン、もう言うまでもなく柔らかくて軟骨と骨がとろん・・・と滑り落ちるほど v
あとから皮を取り除きます。
調理中は皮も一緒につけたままの方が風味が増しておいしいから、皮つきのチキンなら、皮つきのまま調理したいところ。
食べる時に嫌なら外せばええからね♪

トマトの酸味のおかげでさっぱりとしながら、チキンのコクも味わえるカレーです♪

カレー言うたらインド・・・が結構有名かもしれんけど、
じゃあインドカレーとパキスタンカレーの違いは??っていうと、インドカレーに比べてパキスタンのカレーの方がスパイシーな気がするわ。
それは「辛い」という意味だけじゃなくて、香辛料の香りが強いというか。
辛さで言うたらタイの辛口のカレーの方が辛いけど。(笑)

どこの国のどんなカレーでも「カレー」と名のつくものは大好きや〜♪
posted by たえ at 10:56| Comment(4) | TrackBack(0) | お料理系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

アボカドリゾット

avocadosoyrisotto1.jpg

昨日1本の電話が。お友達からでした。
今日はお友達の家に遊びに行く予定だったのですが、なんと、ビザ更新で足止め。
気の毒に・・・。(涙)
簡単な流れでいくと、面接やらなんだかんだの処理を約半日したのち、翌日の午前中に発行された新ビザを受け取る・・・というシステムなのですが、彼女の場合、その翌日の交付が遅れているらしく、もうとっくにオハイオに帰ってたはずの今日も、まだ米国内に入れず。(汗)
国外のアメリカ大使館で待ちぼうけをくらってるらしい。

こんなことは極々まれな事だと思うんやけど、あるんですね〜、こういうことって。
また詳しく話を聞きたいところです。

お友達との約束を延期したから、今日はおうちでランチを作りました。
おうちにあったアボカド。てっちゃんが先週無言でカートに放り込んでたもの。(笑)

avocadosoyriso.jpg

追熟してきて、触ってみると、うん。
今ちょうど食べごろ♪

アボカドでリゾットを作りました。
材料の種類が少なくて簡単。
リゾットは生のお米を炒めながら作るけど、これはご飯を使うから時間短縮できるというもの。
ちゃちゃっとあっという間に作れました。

クリーミーでコクのあるリゾットはアボカドまるまる1個使ったからご飯少なめでも大満足☆
美味しい v
満腹になっても、おなかにドーーーンとたまった感じがしなくて、食後でも身体はなんとなく軽い感じ?
ほんのりグリーンが綺麗なリゾットでした v

さて、今日半日、なにしようかな〜♪


posted by たえ at 23:32| Comment(6) | TrackBack(2) | お料理系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

ハヌカディナー

Hanukkah3.jpg

アメリカにいると、毎年この季節はいろんなお祝いがあって、日本人のアタシにとっては凄く興味深かったりする。

別に人種も宗教的にもな〜んにも関係ないけど、いろんな国のお料理を作って食べたり、いろんなイベントに勝手に首を突っ込んで(笑)、そこで食を通じて文化を知る・・・みたいな?
そういうのが好き。
日本にいた時は全く知らなかった事や気付かなかった事がふと見えてきたりするんです。
こういうのは、アメリカに来てラッキーだと思える瞬間。

先週会話の中でハヌカ(Hanukkah)の話題になった。
発音はハヌカとか、ホニカって感じかな。
ハヌカはこちらでも少しだけご紹介したことがありますが、「奉献」の意味で、紀元前167年のマカベア戦争にユダヤ人が勝利したことを記念した祭り。

クリスマスはキリストの誕生を祝う日ですが、ユダヤ人の人たちはキリストを救い主として信じておらず、12月に別のユダヤ教の祝日があるのです。

この祝日は「光の祭」とも呼ばれています。
メノーラ(/メノラー)という枝つき大燭台に8日の間、毎晩ろうそくの灯を灯すからだそう。
アメリカではショウウィンドーに、クリスマスの飾りと共にメノーラの飾りも見かけます。
メノーラに灯を灯すのは、何千年も前、ユダヤ人が攻め込まれたときに起こった奇跡を記念するためだそうです。
その奇跡とはユダヤ人が敵に囲まれてしまい、そのとき神殿の油壺には灯明を揚げるための油がほとんど残っていなかったにもかかわらず、そのわずかな油で8日間も灯が灯り続けた・・・という、「油壺の奇跡」。

アメリカはキリスト教徒やユダヤ教徒、ヒンズー教徒、イスラム教徒、仏教徒と、あらゆる宗教の信徒が共存する「社会的多元性国家」です。
クリスマスが祝われると、ユダヤ人の中にはクリスチャンの子供達がお祝いするように、ユダヤ人の子供もお祝いしなければ不公平だと感じ、ユダヤ教の祝日も祝うべきだと言い出す人もでたそうです。
そこで現在は、12月にキリスト教とユダヤ教の両方の祝日のための飾りつけをするのだそう。
クリスマスが12月25日であるのに対し、ハヌカはユダヤ暦キスレブの25日であるため、クリスマスの紀元はハヌカだという説もありますが、祭の意味的に関連があるわけではないそうです。

ユダヤ教でハヌカはそれほど重視されていたわけではなく、年中行事として盛んになったのは近年になってからだと言われています。
それにはキリスト教の影響があったそうです。
欧米のキリスト教社会において、クリスマスは最も喜びと楽しさに満ちた祝日。
そんな環境に囲まれたユダヤ人たちがクリスチャンにならって、子供たちにプレゼントしたり、楽しい祝い方を工夫するようになってきたと言う人もあるそう。
この日子供たちは、親からお小遣い「ハヌカ・ゲルト」をもらって、ハヌキヤを点すのを手伝ったり、一緒に祝祷の歌を歌ったりするそうです。「ラトケス」という油で揚げたポテトのパンケーキや「サフガニヨット」というお菓子を食べ「ドレイドル」というこまを回すゲームを楽しんだりするそうです。≪ネット調べ≫
もっと詳しくはハヌカの祭とクリスマスをご覧ください。(クリックすると3つほどウィンドが開くと思いますが、そのうちの一つに詳細記事がありますよ。)

長くなりましたが、毎年、我が家でもハヌカの日のどこか1日は、ハヌカにちなんだお料理を楽しんでいます♪

先週の水曜日がハヌカ第1日目☆


我が家のハヌカディナーは・・・
posted by たえ at 12:54| Comment(8) | TrackBack(1) | お料理系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

たまごとおあげのあんかけ蕎麦

tamagoankake.jpg
日に日に外の景色が寒そうです・・・。(汗)
いや、実際めっちゃ寒いんですよ〜〜〜〜。
今日もあんまり寒いので、お昼は暖かいあんかけ蕎麦にしましたわ。

今日は休日・・・いうこともあって、普段キッチンに立たないてっちゃんが、お蕎麦を茹でてくれました。
「なんや、茹でただけかいなぁ〜」っちゅーようなもんですけど、お料理が全くできないてっちゃんやから、お蕎麦やお素麺を茹でてくれるだけでも「ありがとう」の気持ちを忘れたらあきません。(笑)

tamagoankake1.jpg

ちょっと麺を茹でてくれるだけでも、アタシの作業は随分とラクになるしね〜♪
てっちゃんが麺を見てくれてる間に、そばのお出汁を作りを始めます。

カツオと昆布のお出汁にお醤油みりんなどを加えて麺つゆを作り置いているから、お手軽におうどんやお蕎麦、他にも和食のおかずたちができあがります☆
市販のもの常備されてる方は、それでも簡単にできるね〜♪

今日はあんかけに卵も加えてふんわりとろとろのあんかけです。
香ばしく焼いたお揚げさんとグリーンオニオンも入れて、生姜をすりすり。(笑)
我が家のあんかけは生姜多め。
それもあり得へんくらい。(笑)
みんなが見たらびっくりされるかも・・・。

茹であがったお蕎麦にあんかけをたっぷりかけて、更に生姜。(笑)

tamagoankake2.jpg

とろっと濃厚に絡んだ生姜風味のあんかけがたまりませんっ v
身体もぽっかぽか〜v

ところでてっちゃんの分はコーン入りやねん。
てっちゃんがどうしても「俺はコーン入れる!」ってしつこいから、「じゃあお好きにどうぞ」って。(笑)
てっちゃんはコーン入れても美味しいっていうけど、たえは入れない方が良いわ〜。
まぁ好みの問題やけどさぁ〜。

あんかけにコーン、しかも今日は卵も入ってるし、なんか中華風の卵スープみたいやん・・・。(汗)
そんなん蕎麦の「和」な雰囲気、壊してまうやんなぁ〜。
まぁええわ。

今日は夕方からクリスマスパーティーがあるので、雪の中おでかけです。
雪の日に出かけるのは気が引けるけど、久しぶりの外食やしちょっと嬉しい・・・v
ではみなさんも素敵な週末を過ごしてね☆(笑)
posted by たえ at 03:47| Comment(8) | TrackBack(0) | お料理系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

ブロッコリーと紫玉ねぎの和風ペペロンチーノ

120407 (5).jpg

火曜日はいつも早くできる食事・・・ということで頻繁にパスタをご紹介してます。
今夜もそう。
今夜はブロッコリーと紫玉ねぎで和風味のペペロンチーノを作りました。
あっさりしてて、ついつい食べ過ぎてしまいます v

パスタを茹でる前にブロッコリーをさっと茹でておき、冷たい氷水にとって色止めし、その間にパスタを茹でます。
いつも茹で野菜をパスタに加える時は、この方法。
他にお湯を沸かす必要もなくて、動きもスムーズ、お料理がはかどります♪

cauliflower chowder.jpg
今日のスープは具だくさんでハムやカリフラワー、赤、黄、緑のパプリカに玉ねぎ、コーンの入った米粉でベースを作ったスープで濃厚な感じやからパスタはあっさりめにしてん。

パスタは普通のペペロンチーノを作る要領と同じように作って、あとは少し出汁割り醤油を加えただけ。だから和風ぅ〜♪(笑)
パスタソースのないパスタは、ソースを作らなくても良い分、手間もないからすっごくラクラクで出来上がって嬉しい☆

我が家はいつも最後の最後にもうひと振り黒コショウガリガリします。
ぴりっとパンチを利かせるのが好きやねん v

今日はてっちゃんが英会話のレッスンに向かってからクリスマスクッキー第2段を焼きました。
それはまた次のご紹介にて☆(笑)
posted by たえ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | お料理系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

マヒマヒのオレンジサルサ

MAHIMAHIORAGESALSA.jpg

今日もちょっとお魚な気分。
マヒマヒを使って元気でカラフルな1品を作りました。
でも、ちょっと夏っぽくなってしもたぁ〜。(笑)

マヒマヒ・・・とは、スズキ目のお魚で、シイラのこと。
釣られたときの暴れっぷりが「mahi(力強い)」ということから名づけられたんやって。

あっさりと淡泊ながら、しっかりとした歯ごたえもあり、お肉のような感覚にも似てるねん。
ジューシーで肉厚で美味しい白身魚は焼いても、蒸しても、揚げても美味しい!

その他しいらという名前の由来については、こんなものも。
1.<皮が分厚くて身が少ないのを、実がならない米や麦「粃(しいな)」に例えた>

2.<死体の下について泳ぐ「ラ」←平たい魚のこと=「死平(しいら)」と名前がついた>

3.<九州では「かなやま(金山=1度に大量に穫れるカネの山)」とも呼ぶ>

などなど。

全長は1.5〜2mで青い背中をした大きな魚。世界中の暖海の沖合に生息していて、日本やと九州や四国南部で穫れるみたいです。
「かなやま」の由来の通り、ハワイなどでは高級魚だそうですよ。

もっと詳しいマヒマヒの説明はこちら⇒mahimahiとは

MAHIMAHIORANGESALSA1.jpg

そんなマヒマヒを、今日は簡単にオリーブオイルを少し引いたフライパンでさっとソテー。味付けは塩コショウのみ。
あとはオレンジをたくさん使ったサルサをかけて頂きました♪

ピリ辛テイストが苦手な方は甘口のサルサにしても美味しいです。
たえとてっちゃんはピリ辛が好きやから、ピリリと味にパンチをつけたサルサで。
オレンジの絞り汁の甘味も加わって、爽やかな美味しさです♪

う〜ん・・・。
やっぱり夏っぽいおかずになってしもたなぁ。(汗)
posted by たえ at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | お料理系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。