2008年03月31日

もっとヘルシーなホールウィートブレッド

WalnutTreacleBrownBread.jpg

・・・で、お休みのブランチです。
焼き立てのパンって、心も身体も幸せに満たされる感じするわぁ。

てっちゃんとあたしの朝食、いつもはフルーツのみ。
自家製フルーツジュースと更にカットフルーツを食べたり、フルーツとヨーグルトだったり。
それとあわせてコーヒーも飲む。
そういうのが我が家の朝のスタイル。

お休みの日は、てっちゃんが唯一ゆっくり寝られる時間やから、とりあえず寝たいだけ寝させてあげたいねん。
その間、アタシは1人の時間を楽しみます♪
楽しみはいろいろあるけど、その中の一つは、ブランチ作り。

WalnutTreacleBrownBread1.jpg

焼き立てのパンに、たまごに、カリカリベーコン、サラダ・・・。
あ、カットフルーツは絶対必須。(笑)
チーズを切ってパンと食べたり、スープは前の日に作っておく場合もあります。
今日も一日元気でそう♪

あ、ブレッドは全粒粉と押し麦とウィートジャーム(小麦胚芽)、それから粗めに刻んだクルミを混ぜて焼いています。
これはイーストを使わないタイプやから発酵させなくて良いし、ささっと手早く焼きたい時には嬉しいです。
密度のしっかりした、ずっしりと重たいブレッド。
小麦たっぷりで噛めば噛むほど甘味がじゅわ〜〜〜っと広がるって感じ。
腹もちもよく、食物繊維も豊富やから、普通の全粒粉のパンよりもヘルシーやと思う♪

Jesus is Big in Monroe.jpg

ところで昨日ご紹介した"例のごっついおっさん"ですが、あれ、調べてみました。(爆)
あれはオハイオはMonroe(モンロー)という場所にある、とある教会のキリストさんでした〜。
2004年9月に完成されたこの巨大な像は、全体で約19m!!
とにかくでかいっっ!

イエス様に「おっさん」呼ばわりしてしまったアタシ。
ひぇ〜〜〜。罰当てんといてくださいまし〜〜〜〜〜!!!(汗)


posted by たえ at 22:36| Comment(8) | パン系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

ついにオープン!

今までオハイオに無かった、IKEAがついにオープンしたで〜〜〜!(笑)

032908 (6).jpg

今日はドライブ日和の良いお天気やったから、我が家から車で約2時間かけて、シンシナティーのIKEAに行ってきました♪

オープンしたとこで、道路はIKEA渋滞。
パーキングもなかなか駐車できひんかったし大変やったわ〜。
やっとこさ駐車して、お店に向かったら。

めっちゃ混んでる〜〜!

032908 (4).jpg

店内もとんでもなく混んでました。
ミシガン州のIKEAも相当混んでたけど、あの時は年末やったしなぁ〜。
オハイオっ子たち、かなり今回のオープンを待ちわびてたんやろな〜♪
もちろん、アタシもやでぇ〜ぃ☆(笑)

アタシの住んでるコロンバスに出来てくれたら良かったのになぁ〜。
でも車で2時間とは言え、ミシガンまで行ってた事を思えば約半分の時間で行けるからええ感じやわ。

コロンバス在住の人たちもたくさん来たはったんやと思う。
だって、てっちゃんの知ってる人も結構来たはったみたい。
「Hi!」って挨拶したはった。(笑)

今回は細々したものした雑貨類をお友達のお土産にいくつか買ってきましたわ♪
それにしてもIKEAってほんまに安いな〜。
改めて安さにびっくりした!!

032908 (2).jpg

そうそう。
お昼前にIKEAに到着したから、中で軽くランチしようかと思って、てっちゃんに提案してみたら、「え〜。どうせファーストフードみたいなんしかないんやろ〜。」って言われて、すぐ近くのレストランに入ってみたん。

032908.jpg

初めてのみるお店やってんけど、まぁまぁ美味しかったわ。
たえはチキンサラダとクロワッサンのサンドイッチに本日のスープ。

032908 (1).jpg

てっちゃんは、アンガスビーフのバックヤード風BBQバーガー。

・・・って、これ、十分ファーストフードみたいなもんやんっっ!!(爆)
そりゃファーストフードと違って、ちゃんとお肉の焼き加減とか味もこだわってはるやろうけど、それにしたって「ファーストフードみたいなもんばっかりやろ〜?」って嫌そうに言うてた人が、あえてバーガーって・・・。(汗)
まぁええけどさ。

しっかり食べた後はIKEAの中をたっぷりうろついて、い〜っぱい歩きました☆(笑)

ところで帰り道、ごっついおっさん発見・・・。

032908 (10).jpg

ほら!めっちゃごっついやろ〜?
建物よりデカイねんで!!
なんなん、このおっさん・・・。(爆)

posted by たえ at 10:25| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

これこれ・・・v(笑)

crunchbrownies3.jpg

日本から戻ってきて、まだ一度も焼いて無かった。
大好きなチョコレート菓子。
毎日一口は必ず口に入れるチョコレート。
たえの元気の源。(笑)←そしてデブの素(汗)

我が家には、いつもチョコレートやら飴ちゃんやら、おせんべいやら、キャラメルやら・・・いろんなお菓子をただ”自分の為だけに”詰め込んでいる特大かごバッグがあるねん。

ほんまに山のようにてんこもりに詰め込んでるもんやから、
てっちゃんには「こんなにようさんどうすんの!!これ、売るんかいな!」…って、驚いてるみたいな呆れてるみたいな顔して毎度言われてます。

「非常食、非常食♪(笑)」と言いながら、完全に常用食となっており、だから特に大好きなチョコレートにおいては、かなりの量が毎日待機していて、必要な時にはすぐに口にする事が出来るのです(笑)
ちなみにチョコレートはパントリーにも待機。
いつも手軽にチョコレートクッキーやケーキを作れるのはその為なのです。
一体チョコレートだけで何種類あるんやろ・・・。
味も違えば形態も違うものをそれぞれ常備してるから・・・・。

おぉ〜、なんてデンジャラスぅ〜♪←深く考えてない

久しぶりに”たえ専用お菓子バスケット”の中からチョコレートを一つ。目ぇつぶって、手を突っ込んでガサゴソ1枚の板チョコを取り出した。
鼻歌交じりに外側の銀紙を破いて、
「あっ!今日はパフの入ったチョコレートやぁ〜v」
crunchbrownies.jpg
で、ポキっと割って、パクっとお口に放り込んだら・・・。
あんまり好きじゃなかった。(涙)

昔からあるロッ●の”クランキーチョコ”って知ってる?
あれ、美味しいから好きで子供の時からよく食べててんけど、味はそれとは違って、あんまり美味しいと思わへんかってん・・・。
てっちゃんは「大丈夫やん。美味しいと思うけどなぁ・・・。」言うねんけど、アタシの口には合わへんのっ!

だからって、愛するコレクションを簡単に捨てるなんてできまっしぇ〜ん!
で、これはいつものやるしかないでしょ〜☆

**たえの!アレンジ☆ベーキング! のコーナーぁ♪♪**
パフパフパフ〜♪

crunchbrownies1.jpg
ちゅうわけで、混ぜるだけで簡単に焼けるブラウニーの中に、このパフチョコを割って入れて焼いてみた。

そしたら・・・。

こ・・・これは・・・。

め、めっちゃウマ〜〜〜〜い v

crunchbrownies2.jpg
焼きたてを我慢できずに味見したら、パフチョコがとろ〜・・・っととろけてたまらんっっ!!
板チョコがミルクチョコやと甘すぎるかも・・・と、予め予想しておいて、ブラウニーのお砂糖は控えたけど、やっぱり控えて良かったわ〜。
夜も遅いのに、てっちゃんと二人で大きく切ってふぅ〜ふぅ〜しながら食べました v

ほんで、翌日のおやつに、ま〜たブラウニー♪
今度はパフチョコが固まって、これまた美味♪
crunchbrownies4.jpg
冷めた方がパフがカリッとしてるみたい。
写真撮りながら、また我慢できず1切れ。
ちょっと小腹がすいたら即座に目が合って1切れ。
今日1日で何個食べてるんや〜〜〜!!(笑)

でっかい型で焼いたのに、すっかり無くなってしもたぁ。
でもまたあのしっとり生地のブラウニーが食べたいぃ・・・。

チョコレートの誘惑はすごいわ〜。
ほんでやっぱりアタシを元気にしてくれるみたい♪
ふふふ v(笑)






posted by たえ at 21:30| Comment(8) | おやつ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

天使よ天使・・・

032608 (12)コピー.jpg

酷く悲しい出来事に苦しんで苦しんで、

今必死で耐えている友達の元へ飛んでいって。

032608 (22)コピー.jpg

そして彼女たちが幸せになるために。

少しでいいから

チカラを貸してあげてください・・・。





大切な友人数人が同時期に辛い出来事に会って、苦しんでいます。
何もしてあげられないから。
自分で暗闇から抜け出すしかないから。

みんな、がんばって。
posted by たえ at 12:03| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

くるみ餅

kurumimochi.jpg

くるみ餅作りました。
え〜っと、九州の筑波餅とか山梨の信玄餅みたいな感じの柔らかお餅。
空煎りしたくるみを入れたお餅、香ばしくて、甘くて、柔らかくて、大好きやねん v

黒みつはオハイオでは手に入りにくいし、売られてても高くて勿体ない!
日本で黒みつ買ってきたり、黒砂糖を送ってもらって黒みつを作ったりするねんけど、今回は黒砂糖もなくて、仕方なく、思いつきで”黒みつもどき”を作ってん。
多めに作ってタッパーに入れといたら、しばらく使えるし〜。

偽もんでもええねん、美味しかったら♪
凄い開き直り。(笑)

これで黒みつ欲しい・・・って時に、欲しいだけたっぷり使えるしええ感じや v(笑)

熱〜いお番茶やほうじ茶と相性抜群☆
posted by たえ at 11:56| Comment(6) | おやつ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

蕪の肉詰め

kabuhikinikutsume.jpg

日中は少し暖かくなってきたけど、夜はまだまだ冷え込むオハイオ。
晩ごはんも身体が温まるものがやっぱりまだ恋しい。
こないだ日本に帰った時、実家で母の手料理、1度だけ口にする機会がありました。
その時食べたのがこの蕪のひき肉詰めでした。
アタシがいつも家で作っているのは蕪にミンチを味付けしたもの、いわゆるつくねみたいな?ちょっとした具を刻んで混ぜて、香味野菜も加えて混ぜ蕪に詰めて蒸すというもの。
蒸したものを器に盛り、生姜たっぷりのあんかけをかけて頂くのが通常でした。

こないだ、母が作っているのを隣で見てて、「あ〜、このミンチの蕪蒸し美味しいな〜♪」って言うたら。
母、「蒸さへんで。炊くねん。」って。
え?
手際の良い母の手元をじ〜〜〜っと見てお勉強させてもらいました。

kabuhikinikutsume1.jpg

昔からそう。あたしはお料理関係の学校とか習い事を受けた事が無い。
お料理の師匠はいつも母。小さい頃からいつもおだいどこ(台所)に立つ母の隣を離れずくっついてた。
母の手元を気にしながら、お手伝いをしてたな〜。懐かしい♪(笑)
今でも母のお料理姿は大好きやし、時間さえあればずっと見ていたい。
ほんの些細な事が勉強になったりするから。
目から鱗の事も多いしね。

今回のもそうでした。蕪の詰めものはいつも蒸してばっかりだったけど、母が「炊くねん。」って言うた時、まさに目から鱗やったわ。
そういや、別に大したことちゃうやん、炊くなんて。
でも、アタシはそれにずっと気づいて無かった。
なんか面白い〜♪(笑)
で、「お出汁でさっと炊いた方が、蒸すより簡単やん。」って。
ほほぅ、その通りでございます。

炊いた残りのお出汁はお肉の旨みが加わって更に美味しくなってるから、あんかけにすると最高!
美味しいとこ全部、余すとこなく使い切って頂きま〜す☆
母のは最後に、さっと茹でた蕪の葉を刻んであんかけに加えてたけど、アタシのは今回葉付き蕪じゃなかったので、普通のあんかけ。
実家で食べる母の味、一時帰国の度に楽しみな事だったりする。

今日は我が家で。こないだの母の味を思い出しながら作りました。
心も身体もポカポカさせる、優しい味 v
ごちそうさまでした♪(笑)
posted by たえ at 10:13| Comment(4) | お料理系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

イースター

・・・は、何もしませんでした。
お祝いの気分じゃなくても、ちょっと今日は頑張ろうかな・・・と思ったんやけど。

買い物行って無かった・・・。(汗)

最近まともに買い物行って無かったわ。
しかもイースターって、大体どこのお店もお休みやし・・・。
そういや、大好きなシーフードレストランの年に1回の”イースターサンデーブランチ”にも行けなかった。去年もうっかり忘れてたんよな〜。(汗)
あ〜あ。

でも、今年のイースターはそんな気分でもないし、お家にあるものだけで何か適当に作りっとこ。

032208 (3).jpg

そうそう、こんなの見つけてん。
毎朝食べるフルーツを切らせてスーパーへ買い物に行った時。
イースターだけに?鳥の巣パン!!(笑)

大きなパンの鳥の巣の中には卵に見立てた2種のテーブルロールがたくさん入ってるねん!
かなりデカいけど、おもろいし買ってしまった・・・。(汗)

で、その卵みたいなパンを使って、イースターだけに?・・・卵サンドをお昼に食べました。(笑)

032308.jpg

ハムもスライスチーズもな〜んにもないから、野菜と卵だけの、ほんまの卵サンド。
でも、こういうの、めっちゃ久しぶりに食べたわ〜。
なかなか美味しかった。
卵サンドにはマヨをちょっと使いたいアタシやけど、てっちゃんがマヨ食べられへんから諦めたわ。
いつもなら、ボウルに卵サンドの具を分けて、自分用とてっちゃん用に別々の味付けをするけど、ここんとこ、そこまでのパワーがまだ出てこない。
うん。でも十分美味しくいただきました♪

イースターの夜も、お祝いの食事は全く意識せず、家のものかき集めて・・・って感じ。
でもイースター、春らしくしたくて、彩りだけカラフルにしたつもり。(笑)

032308 (6).jpg

メインディッシュはこれ。
名づけて、骨付きポークチョップのピッツァヨーラ風。
冷凍野菜を使ったら切る作業も必要ないし、簡単で手早くできるし助かるわ。今日は玉ねぎとにんにく、パセリを切っただけやもん。
豚肉やけど、たっぷりのソースの中で煮込むように調理するから、お肉も柔らかく、さっぱりとした感じで食べれるねん。
程良くとろみのついたソースと野菜をお肉と一緒に頂きます v
このおかずはパンにもごはんにも、パスタにも合うから便利なおかずです♪

新しい1週間の始まりですね。
今週もがんばろぉ〜!おぉ〜!!
posted by たえ at 22:12| Comment(4) | お料理系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

お持たせ・春のお菓子

hananokahori.jpg

お菓子教室ごっこした時、お友達に食べてもらいたくて焼いたお菓子がありました。

今年も白餡や小豆餡、たくさん作っています。
それを利用して今日は和菓子。ふふふ。最近和菓子よく作ってるな〜。
”和菓子・和菓子してるもの”羊羹とかきんつばとか?よぅ分からんけど、餡子どっさり〜みたいなんは、まだまだ食べれへんアタシやから、餡子と何かを一緒に食べる・・・みたいな感覚の和菓子が好きやねん。
大福もちは最近食べれるようになったけど、イチゴ大福は前から大好き。
よもぎ餅とかお萩も好きやけど、三笠(どら焼き)はあんまり好きじゃない。
え・・・?この違いなんやろ?やっぱりあんこの量なのかな??(笑)
自分でもよぅ分から〜ん。

こんなこと言いだしたらキリないわ。(笑)
というわけで早いとこ話進めましょ。

和菓子大好きなお友だち、アメリカ来てからミョーに多いの。
きっと和菓子が置いてても、お決まりの物しか無いからなんやろね。
だから手作り和菓子は結構喜んでもらえるんです♪

今回は見た目、春っぽさ満点。
オハイオの木々はまだまだお花をつけてくれないようなので、お菓子でお花を。
梅の花に見たてた(つもり)お饅頭・・・というかケーキかな。

ケーキはビスキュイみたいな感じ。
焼きたてはカリッとして凄く軽いクッキーって感じなんやけど、時間が経つにつれてしっとりふ〜んわり v

hananokahori1.jpg

お花・・・いうたら、アタシはいつも5枚の花びら作ってしまうねん。
お絵描きする時もそう。お花はいつも花びら5枚が定番。(笑)
だから今回も5つの花びらを絞ってお花のケーキ完成☆
そやけど、どんだけ不器用やねん・・・って自分でいつも思うわぁ。
花びらが大きかったり小さかったり、綺麗なお花型になってない・・・。(汗)
集中したつもりなんやけどなぁ・・・。

たくさんのお花を焼いたら、あとは自家製の白餡といちごジャムを挟みました。
今回白餡を挟んだけど、もっと春らしく桜餡でも美味しいです v

お友達に見せたとたん、「きゃ〜かわいい〜 v 春だね♪」って。
目でも楽しめたみたい。(笑)
二口くらいでパクっと食べれるから、あっという間に食べてしまえます。
喜んでもらえて良かった v
「美味しい」っていう一言を聞くのって、ほんとに嬉しいわ。
その一言で、俄然やる気になるねん。
この単純さ、あきれるくらい。(笑)
その短い一言が聞きたくて、毎日キッチンに立ってるのかな、あたし。ふふふ v
posted by たえ at 22:33| Comment(4) | おやつ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

お菓子教室ごっこ

applecrostata.jpg

久しぶりにお友達と遊びました。
今日はみんなでお菓子作りごっこ♪

お友達に説明したり、あたしなりのヒントやコツ話しながら。
皆と一緒にリンゴをスライスしたり・・・
applecrostata1.jpg

形成したりして・・・。
今日はリンゴのタルトです。
applecrostata2.jpg

というのもお友達から「タルト生地を一から作ってみたい!」って、ず〜〜〜っと長らく言われ続けていたから。
シュークリームとか、見映えのするデザートとか、いろいろ注文はあったけど、「初心者でも出来るヤツ!」とも聞いていたから簡単でシンプルなものにしたん。

applecrostata3.jpg

これはリンゴとレモン汁、お砂糖をまぶして放っておき、作ったタルト生地に乗っけて焼くだけやから簡単・簡単☆

お友達もオーブンから漂う香りにワクワクしてました♪
焼けたタルトに大喜び。
あ〜・・・楽しいなぁ〜 v
久しぶりに数人のワイワイした声と、絶えない笑い声。
いろんな話いっぱいして、いつもは早いうちに引き上げるのですが、今回はえらく遅くまで一緒にいたわ。(笑)

いい加減な先生(笑)と一緒に作ったタルトのお味は、サクサクの生地に甘酸っぱいりんごがジューシーな、シンプルで、だけど凄く素材を味わえるようなタルト。
お友達からも好評だったみたい v 嬉しい。(笑)

お友達との時間、本当に大切やわ。
傍にいてくれるだけでこんなに暖かい。
二人ともほんまにありがとう v

お菓子教室は第2弾の話も浮上。
簡単で美味しいもの・・・さて、次は何にしようかな。


posted by たえ at 22:04| Comment(6) | おやつ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

若草色の和風ケーキ

昨日は3月ももうすぐ終わりなのに、雪が降りました。

また少しお久しぶりでした。
他界した義父のために心のこもったお悔やみの言葉をたくさん頂きました事を深くお礼申し上げます。
そして、コメントの他にもメールをたくさん頂きました。
暖かい励ましの言葉に何度も涙しながら有難く拝見しています。
こんなにたくさんの方に優しく、暖かく見守られている・・・という事、改めて実感しています。
義父も皆さんからのお言葉に遠い場所から感謝していると思います。
本当にたくさんのコメント、そしてメール、ありがとうございました。
遅くなりましたが、少しづつお返事させて頂きたいと思いますので、もうしばらくお待ちください。

先日の記事で「悲しんでばかりもいられない。」なんて言っておきながら、やっぱりまだ悲しい気持ちはどこにやることもできず、しばらくブログにも顔を出せませんでした。
悪い事は続くもので、周りの友人の数人にも嬉しくない事がいくつかあり、今度はそちらの方が気になって、ここ数日はその友人の方に付いていました。
友人たちの心も少しづつ明るく前向きになってくれるよう、祈るばかりです。

悲しい時も、辛い時も、もちろん幸せな時でも、キッチンに立つ事が一番”自分”でいられる気がします。
日本に戻った時、てっちゃんが冗談みたいにして言った「このケーキ作って?食べてみたいな。」というケーキを焼きました。

greentea&beancake1.jpg

アメリカに戻る前にアタシの実家にも挨拶だけしておきたいと寄った時、見せてもらった本の中にあったケーキ。
お抹茶をふんだんに使っていて、若草色がとても春らしくて。
ケーキにもクリームにもお抹茶が入っています。
まんなかはクリーム餡が挟まっていて、和の雰囲気。

あんことか、ほとんどの和菓子全然好きじゃないし、普段なら和風のケーキを「食べたい」なんて言わないてっちゃんなので、冗談だろうと思いながらも、やっぱり焼いてしまうアタシ。(笑)

greentea&beancake.jpg

本当はフレッシュフルーツが飾られていたのですが、おうちにあるフルーツは日本に行く前にシロップ煮にしたり、冷凍したりしていたので、仕方なくそれらを使用。
だからフルーツも見た目めっちゃ汚い。(汗)
辛い時や悲しい時などに立つキッチンでは、”自分”でいられる・・・とは言うものの、心ここにあらず?言うのか、てっちゃんの為に美味しいケーキを焼くぞ!と思っているのに、(いつもより更に)どこか粗雑になっていて、今回もお抹茶がちゃんと綺麗に溶け切ってませんでした。(涙)
溶け残りのあるお抹茶ケーキを焼いてしまって、半べそ。
「もぉ!」って捨てそうになったけど、なぜか簡単に捨てられてしまうケーキが可哀想になって、ほろにがケーキを二人で食べました。
翌日、「あぁ・・・。このケーキ、今日もちょっと苦いかもしれんなぁ・・・」思って食べたら、苦く無くなっててびっくりしました。(笑)
全く苦味がなくなっていたから、美味しく食べました。(笑)
てっちゃんも「これ、美味しくなってるやん。」って。
捨てなくて良かった・・・。
ちょっと元気でた一日でした。

こんなささやかな事と、皆さんから頂いたたっぷりの愛情で、日々元気を取り戻しています。
本当にどうもありがとう。
posted by たえ at 00:51| Comment(4) | おやつ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

3月6日

SANY3330コピー.jpg

たえのブログに遊びに来てくださっている皆さん、突然のお暇頂きまして申し訳ありませんでした。
前回コメント欄を閉じさせて頂いたにもかかわらず、別の記事にコメント残してくださった皆さん、嬉しいコメントをどうもありがとうございました。

もう少しお休みしようかと思っていたのですが、やっぱりブログが無いと、どうにも気になって・・・。(笑)
けど、今回はなんとなく重たい気持ちもあり、
でも、みんなの声が聞きたい、ブログに早く戻りたいという、なんとも複雑な心境の中、今、タイピングしています。

私事ですが、3月6日、義父が他界しました。
別にこんなプライベートな話、する必要ないのかも知れません。

ただ、たえの独り言・・・だと思って、さらっと読み流して頂けると嬉しいです。

義父は肺がんによる肺水腫が原因でした。
タバコも吸わないし、お酒も飲まない、毎日朝夕散歩をする健康的な義父でしたので、義父を知る方は皆驚かれていました。

アタシたち夫婦が義父のガンを知ったのは去年の10月中旬のこと。
余命は3か月。ガンはステージ4。
新年を迎えられるかどうかも分からない・・・という話。
あまりにも唐突な話で実感が湧きませんでした。
去年9月中旬に一時帰国したばかりで、その時はいつものように義父と楽しい時間を過ごしてきたから余計に混乱しました。

遠い外国に住んでいて、こういうとき一番辛いのは、すぐに飛んで行けないという現実。義母や家族に全てを任せっぱなしにしてしまうことでした。
そして、こういうとき一番良かったと思う事・・・なんて何もないけど、しいて言えば、遠いからこそ1日1日弱っていく義父を目の当たりにしなくて済んだこと・・・・でしょうか。

10月にガンの事を知らされた時は、てっちゃんに、1日も早く帰国して、残りわずかの時間、義父と一緒に過ごしてもらいたいと思っていたのですが、現実はそう簡単ではないですよね。
第一、まだまだ彼にとっては現実味のない話だったようですし。

電話は時々もらっていたので、毎度一喜一憂・・・ではないですが、心配する日と、安堵する日が入り乱れていました。

時々電話口で聞く義父の声は、日によって体調がうかがえるものでしたが、それでも調子のいい時は声にもハリがあって、ガン患者とは思えないほど。

義父の治療法は切開手術も放射線治療も無理で、残された抗がん剤の投与のみでした。
合計2種類の抗がん剤を試しましたが、1種類の方は体調が急変する事もなく、穏やかな作用という感じで。
でもしばらくして検査をすると、1種類目の抗がん剤があまり効いてなかったようでした。
ガンが大きく成長していたそうです。
握りこぶし大にも膨れ上がったガンが義父の一方の肺を塞ごうとしていて、もう片方の肺にもガンが転移していました。
他にも既にあちこち転移していました。
2種類目の抗がん剤を勧められて使ったのが、肺がんの為の抗がん剤である”イレッサ”というもの。
これは日本人女性には有効だそうですが、日本人男性には1/3の確率だということ・・・。
詳しくはこちら⇒患者のための抗がん剤事典・イレッサ

アタシたちは勧めたくなかったのですが、最終的には本人の意思で使ってみることになりました。
最後の最後までガンと戦いたい、一つの賭けに出た義父でした。
自宅で簡単に水で服用できるこの抗がん剤は、恐ろしく強力だったようで、義父には負担が大きすぎたようです。
服用してまだ数回足らず、どんどん義父の容態は悪化。

義兄から電話をもらった時は余命1週間。
とにかくすぐにでも帰国しないと。
電話を受けてすぐに翌日の航空チケットを手に入れ、帰国準備をしていた矢先、義父の死を知らされました。
取る物もとりあえず飛行機に乗ったという感じで、無念の再会。
アタシはともかく、てっちゃんには、まだ義父の目が開いている間に会わせてあげたかった。義父には、てっちゃんを目に焼き付けて欲しかった・・・と思うと、どうにもやりきれませんでした。
もっと早いうちに、もっと強く一時帰国するように訴えていれば良かったのかも。
アタシに一体何ができたのか。
愛する人が悲しく肩を落としている時、一体何をしてあげれば良かったのか。
ずっと横で手を握っているしかできなっかったんです。
背中を何度もさすることしかできなかったんです。

イレッサ服用後、ほんの2週間程度だったんじゃないでしょうか。
服用し始めて数日、体調が悪くなり、あまりの苦しさに途中で服用を中止したようですが、それから日々悪くなってしまったようです。

ある日お手洗いに席を立った義父でしたが、大きくぶら下がったガンが何かの拍子に肺を完全に塞いでしまい、呼吸が更に困難になりました。
その後は肺に水が溜まり肺水腫に。

肺が完全に塞がり、片方の肺は全く機能せず真っ白になっていたので、亡くなる前の数日は特に呼吸が苦しく、モルヒネか何かを投与する事で意識を散らす(ハイにさせる感じ?)ように配慮されていたそうです。
そうすることで、息苦しさが少し和らぐというか、忘れられるというか。
1〜2時間すると、また意識がしっかりしてきて、苦しくてたまらないようです。
亡くなる前は苦しいから薬を入れて欲しいと言って、入れてもらった後、気持ち良さそうにしていたそうです。
そのまま本人も少し落ち着いた状態で息を引き取ったので、優しい表情で亡くなっていました。
苦しくて険しい顔を見なかったのが幸いです。

アタシは母子家庭で育ったため、結婚してからはアタシにとって義父は義父ではなく、本当の父親ができたように思っていました。
とはいえ、最初は育ってきた環境の違いや、性格の違いなどもあり、何度もぶつかった事もありましたが、年々本当の家族としてお互いを理解し合えるようになった事もあり、去年の帰国では今までで一番楽しい時間を過ごせたんです。
ただ、おうちで何気ない話をしていただけでしたが、いろんな会話をして、義父の事を新たに知った一面もあったし、本当にすごくいい時間を過ごしたと思っていたのに。

今まで嫁として至らなかった自分を恥じています。
結婚したばかりの時、良い嫁になろうと必死で努力していたけど、度を越して、無理しすぎたんでしょうね。心がどんどん荒んでいった時期があって。

もっと早いうちから義父と向き合って、楽しい時間をもっとたくさん持ちたかった。
「今まで我ままばっかりの頼りない嫁でごめんね。過去にぶつかり合いもあったけど、本当はお父さんと仲良くしたいと思えば思うほど、焦ってしまって空回りしててん。」・・・と、ちゃんと伝えたかったのに。

義父がアタシに残してくれた最後の言葉は、「たえちゃん、ほんまに良ぉなったわ〜。」でした。(笑)

その時の会話、話してくれたのは、「たえちゃんはな〜、いつもニコニコと、花みたいに笑ってて、ものすご良い天気の時もあるのに、そう思ったら急に曇り空になってしもてな〜。最初は心配したけど、だんだんお天気が続いてな〜。花がいっぱい咲いて来て、アメリカのパーっとしたのがええんかなぁ〜。アメリカ行ったのは寂しいけど、たえちゃんが花いっぱい咲いたみたいになってくれたのは良かったわ。ほんまやで。たえちゃん、ほんまに良ぉなったわ〜。」
前からお喋りのアタシだったけど、義父がもっとおしゃべりで、会話に入れなかっただけやのに。(笑)
でも嫁になって約半分はぶつかってばかり、残りの約半分はアメリカで生活・・・だから、そう思われても無理ないですもんね。

でも、毎年短い一時帰国の中で、義父は嫁のアタシを息子であるてっちゃんと同じように、しっかりと見てくれてたんだと思うと、本当に嬉しくて、ありがたい気持ちで一杯でした。
まだまだこれから、もっとたくさん会ってお話ができると思っていた矢先だったもので、なんだかぽっかりと穴が開いてしまった感覚です。

この帰国の間に義父を最後まで見送って、オハイオに戻り、気が抜けたのか、今改めて、少しづつ寂しさが心にしみています。
でも悲しいけれど、悲しんでばかりもいられない。
そんな事では、いつもさっぱりして、楽しく笑っていた義父に怒られる気がします。
残された者は、愛おしい人を失くした事を胸に、しっかりと強く生きていかなければなりません。
上を向いて歩いて行くこと。
それがなにより義父への最高の供養になると思うのです。

アタシよりも、てっちゃんの方がもっと辛いはず。
もちろん義母はもっともっと辛いはずです。

ただ、アタシが出来ることと言えば、てっちゃんが辛い時、隣に寄り添うことくらいだと思いますが、いつかてっちゃんが笑顔で義父の思い出話が出来る時まで、アタシは義父が残してくれた言葉どおり、毎日ニコニコ、お花をいっぱい咲かせるみたいに笑っていたいと思います。
てっちゃんがそれで少しでも救われてくれたら良いな。

***************************


長々とすみませんでした。
ここまで細かい事を書くことに少し抵抗もありましたが、アタシ自身心をしっかりリセットしていきたい気持ちもあり、書かせてもらいました。
今回の事と時差ボケ真っ最中で、ちょっと変なこと書いてるかも・・・後から「もっとちゃんと書けば良かった・・・(涙)」なんてこともあるかもしれません。(笑)
でもこれはこれで、今の素直な心の中身。
文章がどうであれ、とにかく綴っておきたい。そういう気持ちを優先しました。

最後まで読んでくださった皆さん、本当にどうもありがとうございます。
次回からは、また自分に喝を入れて、いつものブログを書いていきます。
どうかまた遊びに来てくださいね。



**義父の病気の経過については、かなり省略している部分もあるので、肺がんの事、抗がん剤の事など、諸々誤解が生じる事もあるかもしれません。
今回は義父に限ってのお話ですので、何卒ご了承くださいませ。**

posted by たえ at 22:46| Comment(26) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

ちょっとお休みします・・・

030508 (3).jpg

少し暖かくなって春を感じるようになったと思ったら、今朝はまた突然のの雪。うっすらと積もって、寒い一日でした。

今日の食後のデザートに、てっちゃんの大好きなチョコレート味のスポンジケーキと大好きなフルーツをいっぱい使ったトライフルを食べました。

トライフルはやっぱり、もっと暖かい時に食べる方が美味しいです。(笑)

さて、たえは少しの間、お暇いただきます。
でもまた元気に再開します!

その頃、またよろしかったら是非遊びに来てくださいね♪
posted by たえ at 14:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

白餡レシピ

shiroan(L).jpg

アメリカで小豆餡は売ってても、白餡って売られてない所もあると思うねん。
和菓子好きなら小豆餡も良いけど白餡も食べたいもんね♪
日本のお豆使った本当の白餡は食べられなくても、アメリカのお豆でなんとかしましょ。(笑)
とっても甘さ控えめで優しい味の白餡です v
白餡のまま、スプーンでパクっと食べれるくらい。
甘さは皆さんのお好みでどうぞ♪

ライマビーンズは大きな粒のLarge Lima Beansが扱いやすいで〜☆

shiroan(L)1.jpg

         〜***白餡***〜

*アメリカ計量(1カップ=250cc)です。

<材料>
ライマビーンズ(乾燥豆)・・・1ポンド(453g)
砂糖・・・3/4カップ(好みでもっと増やしても)
塩・・・1つまみ


<作り方>
1.乾燥豆をたっぷりの水に1晩浸けておく。

shiroan(L)2.jpg

2.しっかり膨らんだ豆をさっと洗い、皮をむく。
  枝豆の皮を剥くみたいに簡単に剥けるはず。

3.大きなお鍋に豆を入れ、豆がかぶるくらい水をたっぷり入れ
  て火にかけ沸騰させたら、挿し水をして再沸騰させる。

4.3.を一旦ざるに上げて、さっと流水をかけて5分ほど放置
  して渋抜きする。

5.お鍋に4.を戻し、豆が完全に沈むくらいのたっぷりの水を
  入れて火にかける。
  沸騰したら中弱火にし、アクを取りながら指で簡単に潰れる
  まで炊く。

shiroan(L)3.jpg

6 5.をガーゼなどに取って、絞るようにして水を切る。

shiroan(L)4.jpg

7.フードプロセッサーに5.と砂糖を入れ、滑らかなピューレ状
  になるまでガーーーっと撹拌する。

shiroan(L)5.jpg

8.7.を鍋に入れ、中火にかけ、水分を飛ばしながら好みの
  堅さになるまで練り上げる。
  焦げ易いので、木べらを絶えず動かすように。
  仕上げに塩を加えて混ぜる。

shiroan(L)7.jpg

9.天板やシリコンシートなどに8.を乗せて冷ませば
  出来上がり♪

お豆の皮を剥く作業が一番忍耐のいる作業。あたしはこういう単調で黙々とやる作業好きやから楽しんでるけど、面倒臭い・・・思う人たくさんいてると思うわ〜。(笑)
だから大きなお豆の方が扱いやすいし、作業が楽・・・いうのもあります。

それと、練ってる最中、あんこが沸騰してビュッ!ビュッ!っと飛んでくるねん!めっちゃ熱いから注意してね。(汗)

アタシは、みんなに見せられない格好して餡子作りしてるねん。
メガネ、もしくはサングラスかけて、目以外、タオルで顔を包んで。言うてみればマフラーを首に巻いて、その状態でマフラーをぐっと目の下まで持ち上げたみたいな感じかな・・・。耳まですっぽりやから、顔だけミイラみたいな?(爆)
勿論長袖、更に長いミトンをつけて挑んでるん。
だって、ほんまに期待はずれなとこにビュッ!って飛んできて、どんだけ熱い!!
やけど何度もしたから、もうトラウマ。(笑)
ほんっまに気を付けて作ってな〜☆

shiroan(N).jpg

昨日の白餡はあっという間になくなってしもたから、今日はネイビービーンズで白餡の半殺し(粒あん)作ってん♪
あれ?写真明るくなりすぎた・・・。(汗)



その他の注意事項
**このレシピのいかなるハプニングも当方は一切責任を負いかねます。**

**こちらでご紹介するお料理・お菓子は、いい加減かつ創作料理が多い為、レシピについてはすべてのお問い合わせに対応させていただけるとは限りません。申し訳ありませんが、ご了承ください。**
posted by たえ at 13:24| Comment(14) | レシピ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

ひな祭り 2008

今日はお友達と一緒に桃の節句、お祝いしました v
今日明日とてっちゃんが不在やから、ゆ〜っくり楽しめたわ。(笑)

まずは前菜に仲良く1つづつ♪
サーモンクラブケーキ。
030308(1).jpg

中にチーズ入れて焼いたんやけど、中からチーズが我慢できずトロ〜っと溶けだしてしもた。(笑)
いい加減に作ったから、見た目悪すぎ。(汗)
「み、み、見た目悪いけど、味はまぁまぁやと思うしぃ・・・」って、弱々しく訴えながら食べました。(爆)

030308(2).jpg

クラブケーキと一緒に、スプリングミックスとグレープフルーツのサラダ。
さっぱり爽やか。
グレープフルーツを1房づつ、袋から果肉を取り出したあと、ギュッと絞り出したグレープフルーツの果汁でドレッシングを作れば無駄なく1個使いきり♪

030308(3).jpg

てっちゃんって、スパゲティーが大好きやねんけど、これは苦手。
てっちゃんが居ない日だからこそ、このパスタも許される。(笑)
ハーブとレモンのパスタ。
酸味が効いてて、ハーブの香りも春らしい。
いや、これは夏にもぴったりやねん♪
夏場にお友達とランチパーティーする時に出すと好評☆
特に女性の支持率高し。(笑)
レモン汁たっぷり加えて、すっごいさっぱりしてるからやろね。
パルミジャーノレッジャーノ山ほどすりおろして頂きます♪

030308.jpg

ポテトのやわから磯風味。
ワカメを入れて、ホワホワとろけるようなポテトボールを作りました。
一旦油で揚げて、水菜と一緒に炊いたもの。
てっちゃんも大好きなおかず♪
っていうか、和風やら洋風やら、全然まとまり無いやん!!(爆)

まずはこれを食べながら、たんまり喋り倒しました。
ああでもない、こうでもない、しょ〜もない話やけど、爆笑の渦!
毎度よぅこれだけ喋ることあるわ〜って変に関心してしもたりして。(笑)
今日も大盛り上がり!お酒なくって良かったなぁ〜って言うててん。
あったらきっと・・・v ふふふ。
もう私らの事、誰にも止められへんかったはず〜〜〜!(爆)
ヒーヒー言いながら顔ぐちゃぐちゃに笑いながら、アタシは次のお料理を準備♪

準備・・・言うても既に作ってあるから、最後にトッピングをしただけやねんけど。(笑)

最後にや〜っと、お雛さんらしく。
ご飯とお椀。

030308 (17).jpg
お雛さん言うことで、ちらし寿司。
しいたけ、にんじん、かんぴょうは前もって甘辛く炊いといたから、当日は刻んで酢飯に混ぜるだけ。おネギも刻んで入れました。
シンプルなちらし寿司のご飯に、トッピングは錦糸卵、きゅうり、酢じめ鰺、いくら、えび。
お椀はハマグリのお吸い物。

食後のお菓子は自家製の白餡を使って、イチゴ大福。

030308 (11)コピー.jpg

形、不細工です〜。写真載せるの恥しいけど。(笑)
丸めたのは良いけど、写真用に半分にカットしたら、ムニュ・・・。
「ぎゃぁ〜〜〜!!!」
1人大慌てしてました。(笑)
今度こそ!とカットしたら、またムニュっっっ。
うそや〜〜〜ん。(汗)
なんだかんだと4個カットしてもうてん。
ぜ〜んぶカットしてしまうわけにもいかへんし、自分の不器用さも分かってるし・・・。
「もうええわ、これで。」で、パチリ☆(笑)
諦めの速さも日本一?!(爆)え?

白餡は昨日、半殺し(←粒あん)は前に作ったもの冷凍してたヤツ。
白玉粉で作った求肥でくるみました。
でも・・・今回売ってたイチゴのデカイこと!
手のひらサイズより少し小さめのいちごで、笑ってしまうほど大きかったん!

てっちゃんが選んでくれたんやけど、大きければ大きいほど食べ応えがあると思ったみたいで。(爆)
4つ割にしてもまだ大きかったわ〜。
パックの中でも出来るだけ小さいものを選んで、それをさらにカットして使ってるから、可愛いイチゴの▽の形じゃないものもあって・・・。
ふふふ。
まぁ、それも手作りっぽさ出ててええか〜♪(笑)

今回の求肥、めっちゃ美味しくできて凄い嬉しかった!
トロ〜ンと柔らかくて、甘すぎず大好評☆
「和菓子〜〜〜〜ぃ!!!」よく叫んでたお友達も、ニッコニコで食べてくれました v(笑)
練り切りなんかもええかと思ったけど、旬のいちごで春らしく、可愛く、お雛さんらしくて、なかなか良かったかな〜って。

それにしても、さんざん食べて喋って、口がずっと動きっぱなし!
家に来てもらってから解散するまで!!
このパワー、自分で自分が怖いわ。(爆)

はぁ〜。今日はほんまに楽しかった♪
良く考えたら、アメリカに来てから女子だけでお雛祭りをお祝いしたことってなかったかも。
なんか嬉しい v(笑)

posted by たえ at 09:53| Comment(8) | お料理系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

自家製☆白餡

limashiroan1.jpg

ここしばらく雪が降ったり止んだりしてるけど、それでも毎日お日様が顔を出しては暖かく身体を包んでくれると感じられるようになりました。
日差しが、うんと明るく、暖かくなって、こんな些細なことでも待ち遠しい春は日毎に近付いているようです v

春が近づくと和菓子な気分になります。
和菓子・・・あんまり好きじゃありませんが。(爆)

子供の頃はあんこがむっちゃ嫌いで絶対食べへんかったん。
でも大人になって、歳を重ねるごとに和菓子を食べられるようになりました。
今でも餡子はあんまり好きちゃうし、和菓子屋さんなど、市販のものは甘すぎてよぉ食べれません。
昔々、ダイエット用に作った自家製餡子を食べてから餡子が食べれるようになったんやけど、甘さを自分で調節したら、「あ・・・。これ、あんがい美味しいんや。」って、餡子に開眼。(笑)

ま、そんな大げさじゃないけど、春は和菓子がなんとなく気分。
明日3日はひな祭り。
そう。女の節句 v むふっ。
アメリカにいながら、手作り和菓子ではんなりお雛祭り楽しむのも、ちょっとええやん♪
オンナの為の祭り・・・考えただけでワクワクするわぁ〜v
よっしゃ!やる気出てきた〜〜〜!!!

色気全くないアタシやから、とりあえず食い気で。(爆)
今年の春、和菓子第一弾は白餡作り☆

limashiroan.jpg

小豆餡は年中、結構定期的に作ってるかな。
今日は白餡をご紹介してます。
今日のは、お友達に美味しい白餡のお菓子食べさせてあげたくて、作りました v

アメリカでも小豆餡なら市販品もちょくちょく見かけるねんけど、白餡は見かけません。
都会に行けばあるんかな?オハイオでは今のところ見た事ないな〜。
だから、アタシはいつも手作り。
アメリカでも白餡は簡単に、しかも経済的に作れるんよ♪

今回はライマビーンズというアメリカでは普通のスーパーで簡単に手に入るお豆、使用しました。
お菓子によってお豆変えて餡子作るとええと思うわ。
アタシが白餡を作る時、今日みたいにライマ(Lima)ビーンズを使ったり、あとはネイビー(Navy)ビーンズ、グレイトノーザン(Great Northern)ビーンズなど、安くて白い乾燥豆を使っています。
今日使ったお豆なんて、ポンド99セント♪
お財布にも優しいでしょ〜、奥さんっ!(笑)

こっくりして、クリーミーで甘さ控えめ。
好みの堅さ、甘さに調節できるのが自家製の良さ。
普通の小豆餡みたいに、作り置きして冷凍保存もできるし、1度に大量に作っておくと便利。
アメリカで時々和菓子も結構楽しい♪

明日はとりあえず・・・、やっぱ、定番のアレで気まりやな。(笑)
posted by たえ at 11:11| Comment(8) | おやつ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

ラムレーズンのコッペパン

030108 (1).jpg

またパンです・・・。(笑)
パン大好物やから、1回焼くと、1種類では物足りひんくって、大体2〜3種類一度に焼くか、もしくはしばらく続いてしまうねん。

パン久しぶりに昨日焼いたけど、昨日は時間があんまりなくって、夜に生地を仕込んで冷蔵庫に入れ、冷蔵庫の中で時間をかけて発酵させたものを今朝焼きました♪

030108 (2).jpg

普段は朝寝坊しまくりのアタシやから、朝から焼き立てのパンって焼かへん・・・っちゅーか、焼けへん?焼きたくても・・・。(笑)
で、大体日中焼いて夜ごはんとか、翌日の朝に食べたり、そんな感じが常。
でも時々お休みの日やと、てっちゃんもゆっくり寝たはるし、ある程度前準備さえしておけば、お寝坊さんのアタシでも、朝に焼きたてを準備してあげることができます v

030108 (6).jpg

今回はコッペパンみたいな形で、自家製のラムレーズンを一緒に捏ね捏ねしました。
上に甜菜糖をふりかけたものと、グラニュー糖をふりかけたもの2種類。
それぞれに甘味や風味がちょびっとだけ違います。
ほんまはざらめを使いたかったんやけど、「はっっ!!ない・・・。(涙)」
「何でもありまっせ〜♪」といつも自負している、マイ・パントリーにも、切らしてた・・・。あ〜あ。

コーヒー豆、ガリガリ挽いてたら、パンの焼けるええ匂いで、今朝は早めに起きてきたてっちゃん。
「パンのええ匂いがする〜♪」って。(笑)
こういう朝の風景は、とっておきやね v
いつもとはちょっと違う幸せの瞬間感じました。
いやぁ〜んv(爆)

出来の悪い妻なもんで、普段、朝からちゃ〜んとしたげてへんからねぇ・・・、余計にこの光景が美しく見えたんですわ・・・。(汗)

posted by たえ at 01:52| Comment(8) | パン系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。