2006年12月31日

良いお年をお迎えください・・・☆

DSC04053.jpg


愛する皆様へ。

今年ももう終わりですね。アメリカは明日、そして日本は今日大晦日。
明日はブログの更新ができれば良いのだけど、できるかどうかちょっと自信なく、とりあえず年末のご挨拶させてもらいます。(明日更新してるかもしれへんけど・・・汗)

それにしても今年は本当にいろいろあったわ。
でもいろいろあった中でも、今年ブログを始めた事が一番大きな事だったかも。
最初は自分自身ブログを始めたものの何から手をつけて良いのやら分からず、とにかく続けられるかどうか・・・、そればっかり思っていたけど、こんな頼りないブログに、たくさんの方に遊びに来ていただき、そしてたくさんのお友達ができ、私自身、本当に喜びが隠し切れません。

文章だけでどこまで気持ちを伝えられるか、文章だけでどれだけの方と気持ち良く接する事が出来るか、しばらくの間は想像も付かなかったけど、今こうしてたくさんの方と知り合えたことで文章だけでこんなにも太いつながりが出来上がっていく事、正直、驚きました。

アメリカに来て3年。まだまだアメリカ生活は勉強、勉強の毎日ですが、お友達もなく、1人寂しく生活していた事もありましたし、そんな時にブログとであって、ただなんとなく日々の出来事を綴っていくうちに、たくさんの方とお友達になれたことは私にとって貴重な経験であり、財産になりました。

みなさんに優しくしてもらったり、共感していただいた事で、みなさんからたくさんのパワー、元気をもらいました。
慣れない海外生活の中で悲しい事や辛い事があった時も「1人じゃない」って思えるようになりました。
そしてたくさんのことをみなさんから学ばせていただきました。
本当にありがとうございました。
感謝してもしきれないほど、たくさんの愛情をありがとぉ v
いつも仲良くしてくれてありがとうね v
こんな私ですが来年も、よろしくお願いします。
来年はもっともっと皆さんとの心の絆を深められたら嬉しいです。

私にとって今年は最高の年でした。
皆さんの今年1年も素晴らしいものだった事をお祈りしつつ、来年も更にHappyな年となりますように・・・。



 La dolce vita 〜亜米利加版〜  
 たえ
posted by たえ at 00:41| Comment(22) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

オレンジスイートポテトのコロッケ

DSC04054.jpg

オレンジスイートポテトがまだまだあるので、その消費にコロッケを作りましたぁ☆
オレンジスイートポテト、好き嫌いあるかな・・・?
たえは好きやけど。
でも日本のサツマイモと同じように考えたら、あかんと思うわ。
柔らかすぎて頼りない・・・思うかも。
でもそんなちょっと水分の多いお芋さんでも、ちゃんと調理してあげれば美味しく食べられるんですよ〜。

我が家はとりあえず焼く!
このお芋さんはアルミホイル2〜3枚重ねてオーブンでじっくり1〜2時間(お芋の大きさによって時間は変わります)焼くと、じんわりゆっくりと火が通って甘みが増して美味しくなるのです。
そのお芋さんはそのままでもおいしいし、お料理にもお菓子作りにも重宝☆

オレンジスイートポテトは今までも何度となくご紹介しているけど、焼かずに使うときも時々。→ オレンジスイートポテトとピーナッツのスープ とかオレンジスイートポテトとチーズのマフィンとか。
他に何があったかなぁ・・・。気になってくださった方は右上の記事検索でチェックしてみてね♪

DSC04056.jpg今回は焼いたお芋をマッシュしてコロッケに。
中にクリームチーズを入れて包んでいます。
やわやわのスイートポテトと中から顔を出すクリームチーズのほのかな酸味が美味しい〜っ♪
これは子供さんに特にうけるかも!?

てっちゃんはクリームチーズ「も」苦手なので、中に大好きなコーンのソテーをたっぷり詰めました。
包みにくい!!
でもがんばったわ〜。
頑張った甲斐あって、喜んでくれたからホッ・・・。
舌触りの良いコロッケ、美味しかったで〜すv


今日はこれからお友達とお食事に出かけてきます♪
今回はお友達チョイスのお店。どんなお店か楽しみ☆
posted by たえ at 07:04| Comment(10) | TrackBack(0) | お料理系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

お豆腐のコンソメあんかけ

DSC04046.jpg

てっちゃん、無理やり持たされたSUSHI CLOCK。↑
いらんしぃ〜・・・。あせあせ(飛び散る汗)

「明日から寒くなります。」「明日から寒くなります。」と言われてるのに、全然寒くならないオハイオ。
さすがに10℃以上になることはなくなっても、例年はこの時期−10℃なんて日もあるはずなのに、今年はまだ0℃にもいかない・・・。
只今の気温は4℃。 オハイオの冬、4℃はまだ序の口。
日本もアメリカも今年は暖かいみたいやけど、他の国の方はどうなんでしょ〜?

ところで今日のご紹介お料理はこれ。↓
DSC03802.jpg

普通のおとふ(お豆腐)のとろみあんかけです・・・。(笑)
けど今回は、冷蔵庫に余っていた粗挽きソーセージも入れてコンソメ味の洋風のあんかけにしてみました。
お豆腐料理は小さいころから大好き v
おやつのかわりに1丁平気で食べれるくらい。(笑)
実際お友達の家で集まった時、みんなが好きなおやつをコンビニで買っていこうとしてる間に、たえのカゴには山のようなチョコ菓子に紛れてお豆腐と小さなお醤油が。
それが見つかって「え〜!またぁ〜?」言われたり。(笑)

今日ご紹介してる写真のお豆腐も半丁使ってます。デカい!
アメリカのお豆腐って日本のお豆腐より、ちょっと大きいと思うんやけど、そんなことないかな?
アタシが日本で買ってたお豆腐に比べると、確実にアメリカのお豆腐の方が大きいわ。
豆・豆製品が好きなアタシとしては嬉しい限りやけど。
お豆腐も簡単に手作りしているけど、たくさん食べたい時とか今回のようにあんかけにしたり、何かと一緒にお料理したりする時は市販のお豆腐を使います。
だって、手作りのお豆腐はもったいないから。(笑)
手作りのお豆腐は冷奴とか湯豆腐とか・・・お豆腐の味をじっくり堪能したい時に♪

あんかけをトロ〜っとかけたとたんにお腹がグ〜〜〜〜・・・なるわ。
あんかけって、ほんまに視覚効果バツグンちゃう?
何でもあんかけかけたら美味しそうに見えるし不思議やわ〜。(笑)
残り物野菜どんどん放り込んでも美味しいし、生姜たっぷりきかせて、アツアツをふぅ〜ふぅ〜しながら頂きました☆

う〜ん v やっぱりおとふ料理はうまいっ v
posted by たえ at 02:30| Comment(12) | TrackBack(0) | お料理系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

しゅうまいの皮で2品  2品目 アボカドとテンペの包み揚げ☆レシピ

DSC04038a.jpg

これは先ほどの花しゅうまいの後、皮が余ったから作ってみました〜☆

てんぺは、もう日本ではご存知の方も多いでしょうね。
ヴィーガン料理にもよく使われるけど、インドネシアやジャワ島で数百年続く伝統的な無塩発酵大豆食品のこと。
煮た大豆をテンペ菌という菌で発酵させることにより、テンペ菌の白い菌糸でブロック状に固形化するんです。

味の方は人それぞれ感じ方が違うみたい。
たえは豆・豆製品をこよなく愛する人なので、テンペも大好き。
味というより匂いが・・・、納豆ほどではないけど、少し納豆臭い気がするわ。
てっちゃんは苦手。納豆大嫌いな人ですから・・・。(汗)
「味は全くしません!」とか言う人もいるけど・・・。
味も匂いもしてるやん・・・。と思わず突っ込んでしまったことがあるわ。
好き嫌いは、はっきり言って分かれます。(汗)
どんな感じか全く分からない?うーん・・・。(汗)

とにかく身体にすっごいエエんやから、食べなはれ☆

なにやら「大豆のカマンベール チーズ」とも呼ばれてるらしいよ。
たしかにまったりしてるような気がしないでもないけど・・・。

栄養的には良質の植物性タンパク、リノール酸、ビタミンB群、食物繊維、
レシチン、サポニン、イソフラボンなどなど豊富に含み、美容と健康にもってこいなんやで〜☆

ほな、食べた事無いそこのアナタもさっそく食べてみましょv

今回はてっちゃんの大嫌いなテンペに、更に彼の大嫌いなマヨマヨも合わせてやったわ〜。もう独り占めやでぇ〜 v(笑)

〜***アボカドとテンペの包み揚げ***〜

<材料>
アボカド・・・1個
みそ・・・大さじ1/2
マヨネーズ・・・大さじ2
ゆずとんからし・・・適宜
テンペ・・・適宜(納豆でも美味しいです♪)
しゅうまいの皮・・・適宜
揚げ油


<作り方>
1.アボカドは皮と種を取り外し、ボウルにいれ、クリーム状に練る。
  味噌、マヨネーズ、ゆずとんからしを加えて溶かしながらよく混ぜる。

2.テンペをしゅうまいの皮に包める程度に切っておく。

3.しゅうまいの皮に1.を乗せ、その上に2.を乗せてしゅうまいの皮を包んで閉じる。

4.熱した揚げ油に入れ、しゅうまいの皮がこんがりするようにさっと揚げて出来上がり♪


ゆずとんとマヨ味噌が合いますよ〜 v
このあわせ調味料は他のお料理にも使えますね♪
しゅうまいの皮、たえはこんな風に今回は包んでみました。↓
DSC04026.jpgDSC04035.jpg

ところでてっちゃんはテンペが嫌いなので、てっちゃん用はこんな風に。 ↑

てっちゃんにはアボカドとオレンジスイートポテトというお芋それぞれに調味して、それぞれ上下に重ね乗せて揚げました。
これにはテンペに使った調味料は使ってません。
グリーンとオレンジの色合いが綺麗で、味はおやつ感覚。
おやつ感覚やのに、アボカドとポテトで栄養的にも悪くないんちゃう?
てっちゃんはこの包み揚げをニコニコ堪能してくれました♪

posted by たえ at 07:55| Comment(8) | TrackBack(2) | ゆずとん系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シュウマイの皮で2品  1品目 花しゅうまい☆レシピ

DSC04025a.jpg

今回のご紹介はシュウマイの皮で2品。
我が家によく登場する「花しゅうまい」。これ、勝手に名づけたの。(笑)
中身はお豆腐と鶏ミンチ。
今回、急遽「あっ。花シュウマイ食べたい・・・」思ったため、何の下ごしらえもしてませんでした。
本当はお豆腐の水切りをして、中にミンチときくらげ、そのほか好きな具を刻んで入れてもOK v

「水切りして無いのに、ミンチとか混ぜたらベチョベチョにならへん?」なんてお思いの方。
チッ、チッ。ノープロブレモ〜ですよ〜。
大丈夫、大丈夫〜ぅ v
その為に中身を変えれば良いのだぁ〜☆

今回はきくらげの代わりに、芽ひじきを入れました。
芽ひじきって、いつも水に戻したりするでしょ?
それをせずにそのままタネに投入〜♪ 

「お豆腐の水分を逆に利用し、乾燥芽ひじきをタネの中で同時に戻してまえ〜☆」

という作戦。 
この乱暴な方法、まさにいい加減なたえだからこそのアイデア。
「そや、そや〜」思ってる人が一体何人いてはるんやろ・・・。ふふふ。

これはいつもからし醤油で頂いたり、ピリからのペースト辣椒醤と頂いたりするんやけど、今回はもちろん。

ゆずとんからしぃ〜♪

この柚子の香りとぴりりとパンチのある「ゆずとん」を薬味にしていただきました☆

これは和食なので「ゆずとんレシピ開発プロジェクト」とは外れてしまうかもしれないけど、たえの好きなお料理の1つなので、みなさんにも見ていただけるようにレシピ追加に決定です v

ちょいと摘まんでたえの味見用・・・v ↓
DSC04030.jpg


           〜***花しゅうまい***〜

<材料>
鶏ミンチ・・・50g
醤油・・・大さじ1/2
酒・・・大さじ1/2

豆腐・・・1/2丁
きくらげ・・・10g(たえは今回芽ひじきを大さじ1使っています。)
しょうがの絞り汁・・・大さじ2
醤油・・・大さじ1
酒・・・大さじ1
卵黄・・・1個
片栗粉・・・大さじ1〜2
シュウマイの皮・・・1袋

ゆずとんからし・・・少々
醤油・・・少々


<作り方>
1.鶏ミンチに最初に挙げた醤油と酒各大さじ半分づつを加えて下味をつけ、よく混ぜ
  合わせる。

2.1.に水気をよくきった豆腐と片栗粉以外の調味料を加えてよく混ぜる。

3.刻んだきくらげに片栗粉を塗して2.に入れて更によく混ぜる。

4.しゅうまいの皮を2〜3mm幅に細長く刻み、お皿の上でほぐす。
  3.のしゅうまいのタネを皮の上に適宜落として、皮を上からフワッと被せ、10分
  蒸して出来上がり♪

ゆずとんと醤油でいただきます☆
え・・・?また簡単すぎた?
しゅうまいって、包むの面倒ちがう?たえは面倒。
時々すっごい頑張って、ちゃんとシュウマイらしく(?)包むけど、時間がない時や、普段は面倒だから、たいがいこの花しゅうまいのように、短冊に切った皮を使うか、もっと簡単にただ折って貼り付けるだけ・・・とかするねん。(汗)
混ぜるだけ、蒸すだけ。
でもこんな風に形が変わると、ちょっとだけ見栄えするかな・・・思ってみたり。(笑)

物凄くあっさりしてるから、他に好きな具を混ぜたり、味付けをいろいろ工夫したりして楽しめますよ♪

お試しあれ☆

posted by たえ at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆずとん系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日から寒くなるんやってぇ。

DSC03991.jpg

なんでもないランチ。
今日辺りから冷え込んできたオハイオ。多分明日は雪・・・。
たいしてふらないとは思うんやけど、やっぱり例年の積雪を見るとやっぱり怖いわ〜。(汗)

ちょっと寒くなってきたから暖かいお味噌汁をたっぷり頂いて、身体の中もぽっかぽか♪
蕪の葉とごぼうとにんじんなどありあわせの野菜を入れた具沢山。
お味噌汁は「飲む」より「食べる」・・・が好き v
蕪は出来るだけ葉がきれいな物を選んでいます。
蕪の葉も十分美味しく頂けるから。
ちょうど、綺麗でしっかりピンと立った蕪の葉付きの蕪があったので購入。
葉は先に予め下茹でだけしておけば使いたいときにすぐ使えて便利。
アメリカは根菜が少ない気がするわ。
やっぱり日本が多いのかな・・・。
でも冬はやっぱり根菜やな〜。
根菜を食べると体が暖かくなって、丈夫になる気がするから。

おあげさんと糸こんにゃく、大根の皮とおネギの炊いたんと、お赤飯みたいな小豆の玄米ごはん。
小豆も身体を温めるし女性にはありがたい食品。


こういうなんでもないごはんが一番すき v
posted by たえ at 02:38| Comment(6) | TrackBack(0) | お料理系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

ダウン・ソックス

DSC03959a.jpg

この師走、たくさんの贈り物がたえの手元に v 嬉しい♪
これもお友達からのプレゼントです☆ Yりん、どうもありがと〜ぉ v
さて、これはなんでしょう〜?・・・って聞くまでもなかった?
そう。形から見てもお分かりのように靴下です。(笑)
オハイオは冬がめちゃくちゃ寒い。
しかもたえが物凄い冷え性であることを知っている彼女が選んでくれたポカポカグッズ。気が利いてるわ〜 v
今年はまだ暖かいけど、冷え性のたえにはそんな話通用しまへん!
日中はええのよ。朝晩、お布団の中に居る時が問題なのよ!
今年がいくら暖かいとは言え、この時期になると足がカチコチに冷たくなって、時には夜も寝られないほど。
いくらてっちゃんの足にペタペタと冷たい足をくっつけてもなかなか暖かくならへんし、
いつもされるがままの(笑)てっちゃんも終いには「う゛ぅ・・・。んもぉ〜・・・」と、嫌がって逃げられてしまうねん。(汗)
でもこれでこの冬はばっちり♪
頂いてから早速愛用中 v

感想は・・・

あったかぁぁぁぁ〜い ぴかぴか(新しい)

サイコー。これ、サイコーやわ◎
ぬっくぬくやぁ〜ん♪

そやけどこのソックス。


めちゃくちゃデカい・・・(汗)


ものすごいんですよ〜。掛け布団の中に掛け布団突っ込んでるみたいな?(笑)

でかすぎてね。  朝起きたら必ず


脱げてる・・・。(汗)


どんなデカイか言うとね。
DSC04007a.jpgDSC03960a.jpg

*注 : 大変お見苦しいモノをお見せしております・・・(汗)

きちゃないたえのソックスと比べてみました。
えっとこれは・・・写真撮ろうとした時ソックスのつま先がくるんとなってしまったけど(汗)、まぁ大きさ比較には十分でしょ? ね?
それから見苦しいたえの生足です。立ってるところを自分で前屈して撮ってみたけど、どうもちゃんと撮れなくて。(笑)
いづれにせよ、あまり足をしっかり写してしまうと、今後読者さんが減る可能性も高く、
今お食事中の方に多大なご迷惑をおかけするかもしれないので諦めて正解だったと思っております・・・。

とにかくこのデカ・ふわ・あったかなダウン・ソックス。
保証書とかまでちゃーんと付いてたよ!
なんか高級〜 v
保証書とちょっとした説明のカードが入っていたんやけど、読んでみるとどうやらこのダウン・ソックス。
「ヨーロッパ地方で一般にこれを履いて眠りにつく」らしい・・・。


ほんまかいな。


まぁそやね。ここにはヨーロッパにお住まいの方もたくさん訪れてくださるし、この記事を読んで「そんなもん無いわ!」とおっしゃる方もいらっしゃるかもしれんし、
「私も持ってる!履いてるよ〜ん♪」っておっしゃる方もいらっしゃるかもしれんし。
ヨーロッパ在住の方〜!この記事をご覧になったら、そのへんのお話、聞かせてくださいねぇ〜♪(笑)
これは面白い事になりそうやわ☆ ふふふ v

とにかく暖かいんよ〜。だから「もし」ね。
もしっ!ヨーロッパで誰一人使ってなかったとしても!

許すぅ〜 v

この暖かいダウン・ソックスでこの冬は怖いもん無しやわ☆
わっはっはぁ〜♪

ソックスとは全く関係ないんやけど(汗)、久しぶりにフツーのスポンジケーキ焼きました。
DSC04023.jpg
一応クリスマスケーキ。しかもおうちにあるものだけで・・・。(汗)

てっちゃんのバースデーがクリスマスの1週間前辺りにあるということで、バースデーにケーキを焼いたらクリスマスはお店のケーキを買う、バースデーにケーキを買ったら、クリスマスはたえが手作り・・・という具合で交互にやってます。
去年はブッシュ・ド・ノエルとパネトーネ(/パネットーネ)を用意して「どんな食べるねん!」って感じやったんですけど、今年はほんとに忙しくしていたので手が回りませんでしたわ〜。←言い訳

また遅ればせながらパネトーネは焼きたいと思います・・・。(汗)
posted by たえ at 06:07| Comment(14) | TrackBack(0) | 雑貨いろいろ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グルーパーのパン粉焼き・ゆずとんクリームソース☆レシピ

〓〓[DSC04010.jpg

クリスマスイブもゆずとん・・・。(笑)

昨日のクリスマスイブ、オハイオはあり得ないくらい暖かかったです。
お買い物に行ったんですけど、ずっと「あっつぅ〜」を連呼していました。
こんなことオハイオに来てから一度もなかっただけに、かなり不気味です・・・。(汗)

毎年クリスマスには一応クリスマスディナーを用意していたつもりでしたが、今年はかなり手抜き。・・・っていうか、普段の食事となんら変わりないし・・・。(汗)

特に今年は年末にお友達と豪華ディナーが待っている予定(?)なので、節約モード、知らないうちに入ってるかもしれんわ。(笑)
そのお店はたえもてっちゃんも知らなくて、お友達のオススメということで予約を任せているのです。
「年末はええもん食べれる〜♪」なんて、かなり期待のアタシv
でも年に1度のクリスマスくらいちゃんと作ればよかったかなぁ・・・。
ちょっと後ろめたい気持ちでいながらも、クリスマスの今日も変わらず普通の食事になりそうな・・・そんな気分です。はい。

普段から良く食べるお魚の1つ、グルーパー。昨日の夕食です。
グルーパーは、ハタ科の白身魚。
グルーパーについての過去記事は右上の「記事検索」でね♪
こんなのとか出てきます
柔らかくて食べやすいお魚は、この時期何かと食べ過ぎるあなたの胃にも優しいと思います。(笑)
あ、アタシ自身のことやったわ。(汗)
みなさんはご馳走召し上がりましたか?
アメリカは今日がクリスマスやけど、日本の皆さんは素敵なクリスマスだった?また教えてね〜☆(笑)



   〜***グルーパーのパン粉焼き・ゆずとんクリームソース***〜

<材料>
グルーパーのフィレ・・・1枚
塩コショウ・・・少々(たえは塩はしませんがお好みでしてくださいね)
パルメジャーノ・レッジャーノチーズ・・・適宜
イタリアンパン粉・・・適宜

バター・・・大さじ1
オリーブオイル・・・大さじ1

白ワイン・・・適宜
生クリーム・・・適宜(今回は大さじ5使用しています)
ゆずとんからし・・・適宜(今回は小さじ1程度にしています)


<作り方>
1.魚は軽く水気を取って塩コショウをしておく。
  パルメジャーノとパン粉は同じ容器に入れて混ぜておく。

2.魚に1.を塗して、バターとオリーブオイルを熱したフライパンでこんがりと焼く。

3.2.をお皿に盛り、フライパンでソースを作る。
  フライパンに白ワインを入れ、少し木べらなどでフライパンの底についた旨味を
  取るように軽く混ぜ、生クリームを入れて少し馴染ませる。
  フツフツっとしてきたら、ゆずとんを加えて溶ければ出来上がり♪
  お魚に直接かけるか、別の容器に入れて頂く時にかけるなどしてください。

ゆずとんはどんな食べ方をしても、お料理にうまく表情を合わせてくれる気がします。
普段のパン粉焼きにはレモン汁だけの時もあれば、酸味の聞いたソースを作って添えるのですが、今回はゆずとん自体に柚子の酸味があるため、特に他の酸味を加えなくても十分おいしく頂けるんです。
もう少し酸味が欲しい方だけ、レモン汁などの酸味を加えてくださいね♪

posted by たえ at 02:31| Comment(4) | TrackBack(0) | ゆずとん系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

チキンフリッター☆レシピ

DSC04000.jpg

今さっきクリスマスのご挨拶したとこで申し訳ないんですけど・・・。
忘れないようにレシピUPしときますわ〜。(汗)

今日の夕食はチキンフリッター。フリッターってあのふわっとしながらカリッともしてるところが美味しくて、時々ムショ〜に食べたくなるんよ〜。
今日はそんなチキンフリッターに、もちろん♪今はまってる「ゆずとん」をソースに使って頂きました☆
たえはフリッターの時はささ身がさっぱりして柔らかくて好きなんやけど、胸肉でももも肉でも、お好きなお肉を使ってね〜 v
ちょっと今日のは油の温度高すぎたかな?
から揚げみたいに見えるかも・・・。(汗)


          〜***チキン・フリッター***〜

<材料>
鶏ささ身・・・6本
白ワイン・・・大さじ1
塩・・・少々

小麦粉・・・1/2カップ
片栗粉・・・大さじ1
ベーキングパウダー・・・小さじ1/4
牛乳・・・1/2カップ

<ドレッシング>
ゆずとんからし・・・適宜(たえは小さじ1くらい使用)
オリーブオイル・・・適宜(たえは大さじ1/2使用)
レモン汁・・・適宜(たえは大さじ1/2使用)
しょうゆ・・・適宜(たえは小さじ1使用)


<作り方>
1.ささ身を一口大くらいに切って白ワインと塩で下味をつけておく。

2.衣を作る。ボウルに小麦粉と片栗粉、ベーキングパウダーを入れて泡立て器で
  混ぜ合わせ、更に牛乳を加えて混ぜる。

3.揚げ油をを熱して、ささ身に衣をくぐらせて揚げていく。
  揚げたら油をきっておく。

4.ドレッシングを作る。全て混ぜ合わせるだけ。

5.3.をお皿に盛ったらドレッシングを回しかけて出来上がり♪

アツアツをどうぞ v

ドレッシングの( )書きについては一応の目安にと思って書いておきましたが、全く気にされなくてもいいと思います。
たえはドレッシングはあまりドボドボになってるのは好きじゃないので作る量も少なめです。なので、お好みで量は増やしてくださいね♪
それからオリーブオイルは入れなくても美味しかったですが、もっとドレッシングっぽくしたい方はオイルを入れた方がいいと思うなぁ。

衣がさっくりして、ふんわりして、おいしい〜♪
ゆずとんがピリ辛さが、なんともパンチがあってグーです v
このピリ辛が食欲増進して、ついつい摘まんじゃいます。
やっぱり「ゆずとんからし」さまさまですな〜☆ 

posted by たえ at 11:51| Comment(10) | TrackBack(0) | ゆずとん系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラベンダークリーム in フィロカップ

DSC03995.jpg

今日はどこにも行かずに家でゆっくりしてました。
でもすぐに時間って経ってしまいますね〜。結局用事は何かとあって、食事を作っていたらあっという間にもう1日が終わってしまいました〜・・・。(汗)

今日は昨日のフィロカップの残りを使ってちょちょいと軽いデザートを作りました。

今ではすっかり常備しているラベンダーシュガー
この香りの良いお砂糖をたっぷり使ったクリームをフィロカップに詰めてオレンジの皮と、ラズベリーを乗せました。

え?  そう。これだけ。(笑)
簡単プチ・フールの出来上がり♪
このクリームにはバニラも入れたからラベンダーとバニラの香りが心地良いんです〜。

ラベンダーとバニラの香りって最近洗濯洗剤やシャンプーなどでもあるけど、良い香りですね〜。今、うちの洗濯洗剤はラベンダーとバニラの香りのものを使ってます♪
そういうのもあってか、おやつもラベンダーシュガーの香りだけでなく、バニラの香りもプラスしてしまいました。(汗)

あぁ〜 v やっぱりラベンダーとバニラって良いわ〜♪
ラズベリーもどっちか言うとお花に近い香りや思うから、ラベンダーとの相性も悪くないと思うわ〜。
食べる前にクリームを詰めるからフィロカップはサクサクのままやしライトな食感が止められませ〜ん v

てっちゃんはパクパクと食べまくっていました〜。
ようけ作って正解やったわ〜。

さて明日(日本だと今日やねぇ)はいよいよクリスマス・イヴですね〜☆
大好きな人と、素敵なクリスマス・イヴ&クリスマスをすごしてね♪
posted by たえ at 11:18| Comment(4) | TrackBack(0) | おやつ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

" ポテとん "クリームスープ☆レシピ

DSC03990a.jpg
ちゃくちゃくとゆずとんからしのレシピアップしてるな〜。
ふふふv
プロジェクトの最終期限、1月末には、もうぐったりしてそうな勢い・・・。(笑)
最初から飛ばしすぎかな?いろんなアイデアが浮かびすぎて大変な事になってるわ〜。美味しいかどうかは別にして・・・。(笑)
でもこのゆずとんからし、本当においしいし、和風にはもちろん、洋風にも合わせやすいのが魅力やわ〜v
それにもっともっと「あれもしてみたい」「これもしてみたい」って思えてくるの。
こういうの考えるのって難しいけど面白いんよね♪

ここ最近思ってたんやけど、いろんなお料理にゆずとんを加えてはレシピを残しているアタシやけど、辛味の按配が人によって違うと思うんですね。
たえは一応 " チューブ○○mm " と書いてるけど、その辺は気にしない方が良いのかもしれない・・・そう思ったん。
もっとゆずの風味が欲しい人はたくさん入れたらいいと思うし、たえのようにミョーに鼻が利く人(笑)には少なめ入れてもらえればいいと思うし。
ほんと、人それぞれ、お好みに合ったゆずとんの量を、入れてもらえれば良いと思いますぅ。
いろいろ考えて、ゆずとんの量、今までのレシピも訂正しておこうかと思ってるんやわ〜。っていうか今さっき、訂正させて頂きました。(汗)
それからバターも、たえはいつも無塩バターをお料理にも使ってるんやけど、別に普通のバターでもいいですよ〜。別に無塩バターでないとあかん!というわけじゃないですからね〜。(笑)

今日のスープはぽってりポテトが濃い目のスープです。いつものポテトスープなんやけど、ゆずとんを混ぜてみました〜♪


〜***"ポテとん"クリームスープ***〜

<材料>
・バター・・・大さじ1(たえは無塩バターを使っています)
・じゃがいも・・・250g
・たまねぎ・・・150g(あればリークも入れると美味しい)
・水・・・400cc
・ブイヨンキューブ・・・1個
・牛乳・・・200cc
・生クリーム・・・100cc
・ゆずの皮・・・少々(摩り下ろすか小さく切ったもの)
・塩、こしょう・・・適宜
・ゆずとんからし・・・適宜


<作り方>
1.ジャガイモは適当に切り、たまねぎはスライスする。
  お鍋を熱しバターを入れ玉ねぎを炒め、ジャガイモを炒める。

2.1.に水を加えて沸騰させる。ブイヨンキューブを入れ、弱火で煮込む。

3.ジャガイモに火が通って柔らかくなったら、ジューサーにかけてピューレ状にする。

4.3.をお鍋に戻し、ゆずとんを加えて溶かしながら温め、牛乳と生クリームを入れて
  塩コショウを好みで加える。
  生クリームはほんの少し残しておいて最後に使う。

5.器に盛りつけ、残しておいた生クリームをたら〜っとかけて柚子の皮を散して
  出来上がり♪


ポテトとゆずとんで " ポテとん "。(笑)
そのまんまや〜んv って感じですけど、ネーミングとかって物凄い自信ないの、アタシ。
そやから許して〜。

ポテトスープのままで頂けばいいんやけど、ちょっとゆずとん入れてみたら、引き締まる感じがして、なんか面白かったのでレシピとして取り上げてみました☆(笑)

posted by たえ at 13:17| Comment(6) | TrackBack(0) | ゆずとん系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆずとん洋ナシソテー・プティ・フール風☆レシピ

DSC03988a.jpg

先ほどチラッと紹介したゆずとん洋ナシロール
でもそれはベーコンが問題でした。
ベーコンがチューイーで柔らかくて、油っこいのが平気な方にはロールをオススメするけど、それが嫌な方にはこれ♪
ちょっともう一工夫してみました。
これならベーコンは脂がすっかり抜けていてカリっとしてるし、フィロもベチョっとしてない。
とっても食べやすいからおすすめで〜す☆


〜***ゆずとん洋ナシソテー☆プティ・フール風***〜

<材料> 一番小さなマフィンカップ9個分
Fillo・・・4〜5枚
無塩バター・・・70gくらい(ちょっと多めに用意してください)

ベーコン・・・1〜2枚(サラミやプロシュートなどでも)
洋ナシ・・・1/2個(今回はボスクペアを使っていますが、何でもいいです)
ゆずとんからし・・・チューブ6mmくらい
訂正します!お好みの量を使ってください☆

<作り方>
1.ベーコンを天板に乗せてカリカリになるまでオーブンで焼くか、キッチンペーパーに
  ベーコンを挟んでレンジでチンして完全に冷ましておく。

2.溶かしバターを作って人肌くらいに冷ましておく。
  Filloを1枚取り出し、溶かしバターを上から刷毛で全面に薄く塗り、更にもう1枚の
  Filloを重ねる。そしてまた溶かしバターを薄く塗り、更にもう1枚のFillo・・・という
  具合に4〜5枚重なるまで繰り返す。
DSC03982.jpgDSC03983a.jpg
3.マフィンカップにうっすらと溶かしバターの残りを塗る。
  2.のFilloを9等分してマフィンカップの中に入れ375Fに余熱したトースターで
  約10分、こんがりと表面が色づくまで焼く。焼けたら冷ましておく。

4.洋ナシの皮を剥いて芯を取り除き、1cmくらいの角切りにする。
  フライパンに溶かしバターの残りを適宜入れ、洋ナシを加えて炒める。
  少し歯ざわりの残る程度まで炒まったら容器に移して粗熱を取り、ゆずとんからしを
  加えて溶かすようにして混ぜ、和える。冷ましておく。

5.3.のFilloカップに4.の洋ナシのソテーをスプーンで入れていき、最後に1.の
  ベーコンを手で割ったものを散らして出来上がり♪


*注意*

*Filloは乾燥を嫌います。使っている最中でも必ず1枚取ったら、他のFilloには水を絞ったふきんなどをかけて乾燥を防いでおいてくださいね。

*Filloを焼くとき、お手持ちのトースターによって温度差があると思うので、時々Filloの焼き具合をチェックしてください。



本当はこれには洋ナシを炒める時、ブランデーでフランベしたかったんやけど、今回は「ゆずとん」の風味だけを活かそうと、ほかの味付けはいっさいしてないんです。でもしっかりした味。
見た目も小さくて可愛いし、食べやすいからクリスマスパーティーにもいいかも・・・なんて思っとります。(笑)

こっちはロール状に作った方よりも油分が少なくてライトな仕上がりですv
ところで日本にはFilloって売ってるのかなぁ〜。
売ってなかったら・・・そうやなぁ・・・。シュウマイや餃子の皮とか?
出来そうやんね?あかんやろか?
最後の最後に詰めの甘いアタシ・・・。そこまで試してなかったわぁ〜・・・。(涙)

この組み合わせちょっと怖い?ふふふv(笑)
でももし宜しかったら " 怖い物食べたさ " でトライしてみてください♪

posted by たえ at 08:15| Comment(4) | TrackBack(1) | ゆずとん系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆずとん洋なしロール

SANY2968.jpg

昨日記事にUPしなかったものがあるんですよ・・・。
これ↑。
今週から「ゆずとんからしレシピ開発プロジェクト」という企画に参加していることから、そのままでも美味しいゆずとんからしを「もっと楽しく・おいしく」という食べ方を日夜考えています。

昨日はえびのサラダ・ゆずとんオレンジジュレの他にもこのお料理を作ってたんです。
慣れないレシピの為に分量を書き足しながら・・・。(笑)

DSC03976a.jpgこれはアメリカにお住まいの方はよ〜くご存知かも・・・なFillo(フィロ)。
たえもちょくちょくフィロは使っていて、冷凍庫に必ず1箱か2箱は常備してるわ〜。
今回のゆずとんレシピにはこのフィロを使ってみたんです。

フィロって何やねん・・・な方へ。
フィロはこんなヤツですよ〜 → たえも使ってます、Fillo〜♪
その他のフィロの記事はこのブログの右上にある「記事検索」で " フィロ " と打ってみよう〜☆(笑)

昨夜作ってみたのはざっと説明するとこんな感じ。

1.上の小さな写真のように、フィロに溶かしバターを塗ったものを5〜8枚重ねていく。

2.1.の上にベーコンを乗せ、ベーコンの幅にフィロをカットし、上にゆずとんを適当に塗る。

3.2.の上にベーコンの幅に切った洋ナシを乗せてクルクル巻く。

4.375Fに余熱したオーブンで20分ほど、フィロが色づくまで焼く。

そんな感じで作った。
SANY2972.jpg
これはめっちゃ美味しかった〜☆
洋ナシの甘みとゆずとんのピリから、ふんわり柚子風味。
ゆずとんには塩辛味もあるから洋ナシの甘みとはぴったり♪
ベーコンがスモーキーで美味しかった◎

それで勢い良く かんさんとこへレシピ出来上がったお知らせをしようと思ってたんやけど。

良く考えたら・・・ちょっと油っこい?
なんていうのかなぁ・・・オーブンの天板に乗せられた方(下の部分ね)がtyちょっとね。なんかこう・・・ベチョっとなってるというか。
ベーコンから出る脂と、洋ナシが焼けて出てくるジュースでフィロがべちょっとなってしまって。
上はサクッとして問題ないんやけどな〜。くっそ〜。

それともうひとつ。
日本人はベーコンを食べる時割とチューイーというか、余り焼きすぎないで食べる人も多いけど、多くのアメリカンたちはカリカリベーコンがお好きなのよね。カリカリとスナックのように食べられるようなベーコンでなければ「うげ・・・。気持ち悪りぃ〜・・・。」言われる事もしばしば。

それで考えた。てっちゃんとたえは「このままでも悪くないやん・・・」思っても、ここはアメリカ。アメリカンにも気にってもらえるような、ベーコンがベチョっとしてないものを作りたい・・・v

それで今朝ふと思いついて、早速作ってみたのがこれ。
DSC03985a.jpg

これはええよ〜。これは大成功!思ったものができたわ〜v
でもめっちゃ簡単やし v ふふふ v
さっそく後からレシピ作成しま〜す☆
ほんまは今したいんやけど・・・突然てっちゃん、早々と帰宅してきたんよ〜。
げっ・・・こんなええ時に・・・。(汗)
というわけで今からランチをしないと!
もうたえはこの子たちの試食でお腹いっぱいやで〜。(涙)
posted by たえ at 03:14| Comment(6) | TrackBack(0) | ゆずとん系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

えびのサラダ・ゆずとんオレンジジュレ☆レシピ

DSC03979a.jpg

今日の夕食は残り物冷凍カレーを温めてスパゲティーと食べました。
ラクチンやったわ〜。(笑)
今日のカレーと一緒に頂くサラダに柚子の香り豊かなゆずとんからしをあわせてみました〜♪
頂く直前ぎりぎりまで冷蔵庫でよ〜く冷やしてねv


〜***えびのさらだ・ゆずとんオレンジジュレ***〜

<材料>

好きな生野菜・・・お好きなだけ
(ジュレの存在が分かりやすいかと思って今回はロメインレタスのみ使用しています♪)
オレンジ・・・大きい物1個(小さいものなら2個)
えび・・・適宜(今回は小さなサイズを使っていますが、大きな海老を2〜3匹いれても)

<ゆずとんオレンジのジュレ>
お出汁・・・100cc
しょうゆ・・・小さじ2
オリーブオイル・・・小さじ2
レモン汁・・・大さじ2
オレンジの絞り汁・・・大さじ4〜5
ゆずとんからし・・・チューブ2.5cmくらい(お好みで加減してください)
粉ゼラチン・・・5g


<作り方>
1.オレンジは中の実だけを取り除いておく。取り除いた後のオレンジは手でギュッと
  握りつぶしてオレンジの絞り汁を別の容器に取っておく。

2.ゼラチンは水で戻しておき、野菜は洗って手でちぎるなど食べやすいようにカット
  する。えびは塩を入れたお湯でピンク色になるまでさっとゆでて冷ましておく。

3.ジュレを作る。ゆずとんとゼラチン以外の材料を合わせて火にかけ、煮立ったら
  戻したゼラチンを入れて良く溶かし粗熱を取る。
  粗熱が取れたらゆずとんを入れてよく溶かす。

4.3.を冷蔵庫へ入れ固まるまで冷やす。
  1.と2.の野菜とえびを合わせてお皿に盛りつけ、3.のジュレをくずしながら
  かけて出来上がり♪


サラダやから、入れるものも好みでいいと思うし、生野菜もえびもあえて○○gとか
○○個とは記入してません。それなりに限度というものがあるでしょうから・・・。(笑)
お好きなだけ入れてね〜♪

オレンジの絞り汁はオレンジを切り取った後をギュッと絞れば無駄が無いですね〜♪
あと、粉ゼラチン。アメリカで見かけるものは7gだと思うのですが、1〜2g量るのが面倒なら7gパックそのまま使っちゃってください。
でもジュレはもちろん5g使った時よりも、もう少し固めになりますよ〜。

ゆずとん、今回多めに使ってみたけど、このジュレは喉もとでほんのり暖かくなるくらいのピリ辛さでした。オレンジとレモンの果汁が入るからか、味は柚子の入ったポン酢に近い感じがしました☆
もっとジュレをトロトロにして、暑い日なんかに頂いても涼しげでいいですね〜♪

これも簡単すぎる〜。
それでなくてもクリスマス前。慌しい時期には簡単で、しかもちょっと風味のあるこんなサラダも良いんちゃいますか〜?(笑)
普通のサラダもゆずとんをちょっと合わせるだけで味が引き締まるから便利やね☆
ピリっとした辛さが退屈になりがちな生野菜を食べやすくしてくれますよぉ〜♪

posted by たえ at 10:56| Comment(4) | TrackBack(2) | ゆずとん系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初キルト出来ました〜♪

DSC03883.jpg

こないだからずっと載せたくて載せたくて仕方なかった記事。
突然ですが。
アメリカ50州キルトがようやく先週できたんですよ〜!!!(祝)

・・・え? あなた、まだやってたの・・・・?

なんて言わんといてぇ〜っっ・・・。(泣)
もうね、大変やったんよ。なんせ不器用なたえが始めてキルトというものに手を出したわけですから〜。
ちょっと聞いてくれるぅ〜?

まずは上の写真。コレ見えますか?限界まで近づけてみたんやけど・・・。
キルティングしたところ。アメリカのアップリケの背景ですな。
薄いベージュの部分を同じ色の糸で縫って留めてるのですが、これ、アタシ、どんな模様にしたと思う?

ずばり。

☆☆☆ 星条旗〜ぃ ☆☆☆

ふふふv 
アタシ、もしかして、ものすごいかぶれてる?(笑)

う〜ん、最初はなぁ〜、アメリカが海に浮いてるような感じで、なみなみ模様にしようかと思ってんけど、なみなみ模様はたくさんの人がやってるらしく、
普通の格子模様もありきたりやな〜・・・とあれこれ悩んだ、悩んだ。(笑)

ほんで結局、「そや!アメリカの国旗からドド〜ンとアメリカ50州が浮かび上がるようにしたらどないやさ??」思ったわけですわ。
それでね。本格的に星条旗の模様をインターネットで検索。
布に対してストライプの部分の長さや星の大きさや位置など・・・。
探せばあるもんやね。
それの星条旗を縮小して、自分のキルトと同じ大きさに合うようにしてですね〜・・・。
もう途中でワケ分からんなってきて、この辺はてっちゃんにヘルプしてもらいましたわ〜。
それをコピーして型紙を作って実際の布にキルティングしていきました。

この説明わかった?たえの説明って分かりにくいでしょ〜。
でもなんとか汲み取って!この努力!!(笑)

そしてなんとか順調にキルティングも終えて、最終のバイヤスで包んでふちを仕上げていく作業へ。

と、ところが・・・。
それが問題やったんですわ〜。
バイヤスの始末なんて随分昔学校で1度か2度習っただけですやん!
分からへんしぃ〜。
バイヤスの布をテープにするのは出来ましたよ。
でもね、それを4辺ぐるりと縫い付けて・・・いよいよくるっと包もうかとしたその時!

・・・・包めへんやん・・・

ガーン・・・←死語

落ち込んだわ〜。
やってられへ〜ん!!もう捨てちゃる、おまいなんか捨てちゃる・・・(号泣)
うそ。そこまで思わへんかったけど、やっぱり「やってられ〜ん」とはなったね。
そやけどここで止めないのがたえなのですよ〜♪
何でか分からんけど、あんまり途中で止めない人かも。
もう!ってイライラしてるんやけど、なんか止められへん。
ちゃんと全部縫ったトコほどいて、もっかいアイロン当ててやり直し。
そう。4辺とも。
お友達に言うたら、「えぇ〜。よくやったね〜。私なら、もうやんないよ〜。」と言うてはりました。(笑)
何回もああでもない、こうでもない、これはどう?それはここ?・・・って、1人で右往左往してましたよ〜。

今度は包めるように気をつけて縫っていたのに・・・。
ちょっと気が緩んだ隙に(?)今度は包み込まないといけない部分を縫ってしまってまたほどく羽目に・・・。

多少お裁縫をされる方ならご存知だと思うのですが、バイヤスを包むときに先に余分な縫い代を切り落としてしまうでしょ?出来上がり線というのかな?
それをぎりぎりまで切り落とさなかった為に起こったハプニングやったんです。(泣)

説明が上手く出来ひんけどとにかく最後の最後に大きな失敗を連続的に繰り返してるわけですよ〜ぉ。

それでもやっぱりギブアップはせーへんかったよ☆
泣きそうになりながら、またほどいたところを今度は失敗の無いように慎重に縫いましたとも〜。
とりあえずその前にちゃんと縫い代を切り落としましたよ。
でないと、また同じ失敗をしてしまうかも・・・やったから。(笑)

何とか上手くいった後、裏側へ包んだところを纏っていくんですけど、「あとは余裕やろ〜♪」思ってたら・・・これまた一番最後の最後に・・・

角がうまく包めない!!!

4個の角の最後、4つめの角がどういうわけか、バイヤスの布がほかより多くてうまく包めへんの。
どうやっても無理。切り落とすか、また全部ほどいてやり直しか、それとも・・・。
しばらく針を止めて、ボーっと上を向いて遠くを見つめていました。
ほんまは角に溜まった多すぎる布を切ってしまいたいくらいやったけど、変な所切ってしまったらそれこそ終わり・・・。

もっかいほどいたよ〜。表も裏も。そう。バイヤステープと本体を完全に取り外して、もっかい "イチからぁぁぁ〜! "
もうええかげん、嫌やったわ〜。
DSC03880.jpg
そんな失敗に失敗を重ねた試行錯誤の作品。
そう。まさに試行錯誤ですよ〜。

もう疲れたわ〜。初めての作品やし縫いが下手でも仕方ない・・・と諦めるにしても、こんなに同じ所で失敗を重ねるとはぁ〜・・・。

まぁな〜。キルト第1号、なんとか仕上がってよかったですわ・・・。
はぁ・・・涙無しには語れへん話やでぇ〜。(涙)

ご清聴(読)ありがとうございましたぁ〜。(笑)
posted by たえ at 02:52| Comment(16) | TrackBack(0) | クラフト系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

ポロックのムニエル 焦がしバターゆずとんソース☆レシピ

DSC03967a.jpg
こないだ日本から送っていただいた雑誌で、関西では「囲み目メイク」が流行ってるとのことなので、早速やってみたらすっかり浮いてしまったたえです。
うーん・・・アメリカではもうちょっとナチュラルが良いみたい・・・。(滝汗)

さて、先ほどUPさせていただいた、Latkesですがお気に召したでしょうか〜。
↑今UPしたばっかりやんかいさ〜。(汗)

今日はお魚でもう1品。ゆずとんレシピを作りました〜。
え?「またぁ〜?」って聞こえたようなぁ・・・。
いや、知らん知らん。聞こえてへん、聞こえてへん。(爆)
これね、今回の企画だけじゃなくて、ほんまに、マジで、かなりはまってしまいました。(笑)
ほんまにねぇ、しばらくこれは続いてしまいますよ。
なぜか使いたくなってくるんよ〜、この調味料!
あの爽やかな香りをまた味わいたい・・・そう思えてくるのです。
さすがは幻の薬味vやね♪(笑)

たえはそれにプラスして、

魅惑の薬味vも付け加えておくわv(笑)


おっと、それでね。
今回は白身魚のポロックがこれまた中途半端に残っちゃったんですわ〜。
ポロックはここでも紹介したことがありますけど淡白だからどんなお料理にも合わせやすいんですよ〜。

<*ポロック・・・どんな記事だっけ?な方は画面右上の「記事検索」に ″ ポロック ″と打ってみよう〜♪(笑)>

それで何しようかと思ってたんですけど、考えてるところへてっちゃんご帰宅。
「早く作らないと!!」ってことで、簡単にムニエルにしました♪


〜***ポロックのムニエル 焦がしバターゆずとんソース***〜

<材料>
ポロックのフィレ・・・2枚(好みのムニエルのお魚でどうぞ♪)
塩コショウ・・・少々
小麦粉・・・適宜
オリーブオイル・・・大さじ1〜2

バター・・・大さじ1
塩・・・少々
ゆずとんからし・・・チューブ7mmくらい訂正します!お好みの量を使ってください☆

付け合せするお野菜・・・適宜(お好きなお野菜を彩りに♪)


<作り方>
1.魚は軽くキッチンペーパーなどで水分を取り、塩コショウをして小麦粉を
  ごく薄く塗す。オリーブオイルをフライパンに入れて中火にかける。

2.1.を熱したフライパンに入れてこんがりと焼く。焼けたら取り出しておく。

3.残ったフライパンの油にバターと塩を加えてゆっくりと焦がす。
  火からおろして、ゆずとんからしを入れ、溶かすようによく混ぜる。

4.お皿に2.を盛りつけ、3.のソースをお好みでかければ出来上がり♪

*今回、たえはブロッコリーの茹でたものとエリンギをこのソースで焼いたものを添えましたが、なんでもお好きな物を添えてくださいね☆

*フライパンが熱い状態でゆずとんからしを入れると、薬味がパチパチとはじけるので火傷しないようにくれぐれもお気をつけて・・・。


今回エリンギを入れたのですが、エリンギとゆずとんのバターソースがかなりいけてました〜☆
あぁ〜、作れば作るほど、いろんな使い方をしたくなってくるから不思議〜☆(笑)
明日も作るぞ、ゆずとんレシピ!

「え〜?まだやるの〜?」な声は聞きません、聞こえません。(笑)
一応「ゆずとん開発レシピプロジェクト」の参加者ですから・・・。
ふふふv
このゆずとんからしの美味しさ、みんなにも知ってもらいたいな・・・v

posted by たえ at 12:30| Comment(15) | TrackBack(0) | ゆずとん系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HanukkahにちなんでシンプルなLatkes☆レシピ

DSC03973.jpg
今週はHanukkah(ハヌカ/ホニカ)ウィーク。
Hanukkahはユダヤのお祭りとでも言いましょうか、この期間、ユダヤ系の多くの家庭ではMenorah(メノーラ)という9本ろうそくが挿せるようになっている燭台に、第1日目から1本、2日目には更に1本・・・と明かりを灯してお祝いをします。

Hanukkahの詳しい説明はこちら→ ハヌカの祭りとクリスマス

ユダヤ人ではないたえとてっちゃんもこの週は、なぜか?(笑)Hanukkah(/Chanukkah)にちなんだモノ、ちょこっと頂きます。
特に深い意味はなく、ただ、初めてジューイッシュのお友達に連れて行ってもらったレストランで頂いたLatkes(ラトケス)が余りにも美味しくて。(笑)
シンプルなポテトのパンケーキなのに、物凄い美味しかったのが忘れられず、毎年作るのです。今年は16日からで、てっちゃんのお誕生日もあったりして、おもいっきり中途半端な今日水曜にこのLatkes(ラトケス)を作りました。
ほんまはブリスケットやユダヤのお菓子など、このお祝いに欠かせないお料理も作りたかったけど、ブリスケットを買いに行く時間なく・・・。このお祝いにちなんだお料理はこのLatkesだけになっちゃった。(汗)

Latkesは家庭により味付けや中に混ぜる具も違ったりして面白い。
ポテトだけの家庭もあれば、多彩な具を混ぜる家庭もあり、ソースもそれぞれに工夫されているよう。
たえが美味しいと思ったお店のものはもちもちしてカリっとした感じでした。
でも他のお店で食べると、完全なポテトパンケーキのようだったり、お友達に作ってもらった時もいろんなスパイスが入ったものだったり・・・。
たえはオレンジスイートポテトで作ったり、普通のポテトで作ったり。
自分の好きな味を探しながらいろいろ楽しんでいます。
でもそれなりに全てLatkesで、それなりに味も悪くないから、ずっと作っていきたい「ひとつ」にはなかなかならないのです。

ふふふ。早くもにやけてしまったわ・・・。
というのも、このラケトスにももちろん・・・。
幻の薬味・「ゆずとんからし」使ってみたからぁ〜。(笑)

「ゆずとんからし」を使ったらレシピに載せますよ〜。
これも「ゆずとんからしレシピ開発プロジェクト」に入れちゃいます☆


 〜***ポテトラケトス&とってもチャンキーなゆずとんアップルソース***〜

<材料>

<ポテトラケトス>
ルゼットポテト(中くらいのサイズ)・・・1個(ポテトの品種はなんでもOKです)
玉ねぎ・・・1/4個
塩・・・少々
胡椒・・・少々
卵白・・・1個
グリーンオニオン・・・大さじ1.5(あさつきやチャイブでも)

サラダ油


<作り方>

1.ポテトは皮を剥く。粗い目のおろし器でポテトと玉ねぎを摩り下ろす。
  ガーゼなどに1.を包み、水気をよくきる。

2.1.をボウルに入れ、卵白と塩コショウと刻んだグリーンオニオンを加え混ぜ
  合わせる。

3.フライパンを中火に熱し、心持ち少し多めに油を入れる。
  2.をフライパンに大さじ1〜2杯くらいづつ落として、5mm〜7mmくらいに
  薄めに伸ばし広げて焼く。
  片面約2〜3分、キツネ色になるまで焼く。
  焼きあがったら油をきって出来上がり♪熱いうちにゆずとんアップルソース
  やサワークリームなどを添えて頂く。


<ゆずとんアップルソース>
りんご・・・1個(今回はグラニーアップルを使用しました)
砂糖・・・小さじ1
レモン汁・・・小さじ1
カナダドライ(または炭酸水)・・・大さじ2.5
オレンジジュース・・・大さじ3(あればゆずの絞り汁を使ってください)
レモンの皮の摩り下ろし・・・小さじ1

柚子の皮の摩り下ろし・・・小さじ1(あれば)
ゆずとんからし・・・7mmくらい訂正します!お好みの量を使ってください☆


<作り方>
1.りんごは皮を剥いて芯を取り、1〜2cmくらいに角切りにする。

2.ゆずとんからしと柚子の皮の摩り下ろし以外の材料を全て小鍋に入れ、
  1.も入れる。りんごが柔らかくなるまで煮る。煮えたら火からおろして
  少し粗熱を取る。

3.2.を木ヘラやフォーク、フープロなどで粗めにつぶす。

4.3.にゆずとんからしを入れてよく混ぜ、器に入れたらゆずの皮の摩り
  下ろしを散らして出来上がり♪
  

*ラケトスはよ〜く焼いてる方が美味しいので、途中焦げそうだったら温度を下げてゆっくりと焼いてください。

*いろんなラケトスの作り方がありますが、他のラケトスでもゆずとんアップルソースは合うと思います♪

*ゆずとんアップルソースは頂く直前に少し温めても、冷めた状態でもお好みでどうぞv

*ゆずとんアップルソースを粗めのピューレ状にした時、まだ水分が少なそうだったら、レモン汁か柚子の絞り汁、またはオレンジジュースなどを小さじ1〜2杯足して伸ばしてください。


ポテトのカリッとした食感と、ゆずとんアップルソースの「甘ピリ」が不思議にマッチしていますv(あ、断言してしまった・・・。汗)
もう1品、Hanukkahと全く関係のないおかずをご紹介したいのですが、かなり長くなっちゃったので(いつもの事ですね・・・汗)次の記事でご紹介させて頂きますね〜♪
posted by たえ at 10:55| Comment(2) | TrackBack(1) | ゆずとん系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

大根の炊いたん with ゆずとん☆レシピ

DSC03947.jpg

いつもの大根の炊いたんに、「ゆずとんからし」をつけただけ・・・。(汗)
「そんなんレシピに載せんなよ〜っ」と批判を受けそうですが、美味しいから載せときます。(笑)
ご家庭のお大根や蕪の炊いたんにつけても・・・そりゃ勿論美味しいわな〜。



            〜***大根の炊いたんwithゆずとん***〜

<材料>
大根・・・1/2本
鶏がらスープ・・・1リットル
しょうゆ・・・大さじ3
みりん・・・大さじ1.5
塩・・・少々
鰹節・・・30g

くろごま・・・適宜
ゆずとんからし・・・適宜


<作り方>
1.大根を3cm厚さの輪切りにして、お水でさっと洗う。

2.お鍋に鶏がらスープ、しょうゆ、みりん、塩、そして鰹節は出汁取りパック
  やガーゼ、さらしなどで包んでからお鍋に入れる。
  お鍋を火にかけ、大根を入れたらとろ火で1時間ほど煮る。
  柔らかく煮えたらお出汁ごと一度冷ます。
 
3.盛り付ける前に冷めた2.をもう一度温めて、器に盛り、黒ゴマを散らして
  出来上がり♪
  頂く直前にゆずとんからしを適宜つけて頂きます。
   
*上のトッピングは黒ゴマの他に海苔やゆずの皮などでも合います♪
 お大根の優しい甘みとゆずとんからしの風味がめちゃくちゃ美味しいです☆
posted by たえ at 12:28| Comment(16) | TrackBack(0) | ゆずとん系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お餅の揚げだし・ゆずとん風味☆レシピ

DSC03946a.jpg

お出汁は揚げ出し豆腐ほど濃くなく、お出汁ごとゴクゴク飲めるくらい?薄めにしています。お出汁を飲む人、飲まない人、どちらの方もお出汁を多めにはるのがポイントです♪

              〜***お餅の揚げだし***〜

<材料>
お餅・・・2個
揚げ油・・・適宜

<かけ出汁>
だし汁・・・2カップ
薄口しょうゆ・・・大さじ1.5
みりん・・・大さじ1
塩・・・少々
キビ砂糖・・・大さじ0.5(甘口がお好きな方にv)

ゆずとんからし・・・適宜
お好きなお野菜・・・少量(今回はおネギとにんじんをさっと煮たものを添えました。)


<作り方>
1.油を熱してお餅をいれ、外側が香ばしく、中がぷくっと膨れるまで揚げる。

2.揚げている間にかけ出汁の準備をする。
  お鍋に全ての材料を入れて沸騰させて火を止める。

3.揚げたお餅の油を切り、器に入れてお出汁をかける。

4.好みでお野菜を乗せて、頂く直前に「ゆずとんからし」を付けて頂きます♪

* お野菜はお好きな物をどうぞ♪
  たえはその季節によって変わることもあれば、香味野菜をいろいろ組み
  合わせたり、具沢山にしてご馳走っぽい揚げだしにしたりもします☆
  今までは生姜の摩り下ろしなどを入れてアクセントにしていたけど、「ゆず
  とんからし」を入れたことで、いつものお餅の揚げ出しとはちょっと雰囲気
  が変わって、コチラもなかなか良かったです♪

posted by たえ at 11:55| Comment(6) | TrackBack(0) | ゆずとん系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きたっ!噂の・・・?「ゆずとんからし」☆

DSC03937.jpg
昨日、とうとう我が家にも届きました〜♪
今ちまたで流行の(?)つなば本舗の「ゆずとんからし」が!!

これ、使ってみたかったんよ〜。凄い嬉しいv
今回この「ゆずとんからし」を試せるきっかけとなったのは、ブログ友達でもあるO.C.Kitchenのかんさんがこちらに遊びに来てくれた時にコメントを残してくれた事がきっかけで・・・

わたくし。

生意気ながら。

「ゆずとんからしレシピ開発プロジェクト」 という企画に参加させていただく事にあいなりましたぁ〜。

パチパチ・・・って、でもね。
他に10数名の方が同じ企画にエントリーされているらしくて。
げっ・・・。アタシ、もしかして「場違いじゃ、あ〜りませんか」状態よ。
思わず、このゆずとんを味見したいと言う思いに負け、「やってみよかな・・・」いうてしもたけど・・・。
DSC03936.jpg
レシピ開発☆ なんてそんな大それた事できるんやろかぁ〜。
このレシピ開発は何でも、ゆずとんを使ったお料理をレシピにしてブログか若しくはクックパッドで紹介するというものだそうです。

すんごい楽しみなんやけど、その反面。
正直、心配なんですよぉ〜ん、よぉ〜ん、よ〜ぉん・・・。←やまびこ風

けど一度乗った船、あまり大した事出来ないかもしれんけど、袖をまくって いっちょやってみましょか♪←切り替え早っ

でもでもぉ、まずは味見してみないとねv
DSC03940.jpgDSC03944.jpg
というわけで作ってみたのは、これ。

『おもちの揚げだし・ゆずとん風味』☆
おもちのとろ〜んが見えにくいなぁ・・・。
写真のアングルがいつも悪すぎますが・・・。(汗)

このお餅はてっちゃんのお父さんとお母さんがついて丸めてくれたもの。
はるばる海を渡ってやってきた美味しいお餅を使わせてもらいました♪
「ゆずとん風味」とか言いながら、揚げだしを頂く直前にゆずとんをお出汁に溶いただけなんやけどね。(汗)
これがいつも作るお餅の揚げだしにピリッとしたパンチとキリッとした感じが
めちゃうまっv

これはですね〜。実は最初に開封した時にクンクン匂いでみたんですよ。
そしたらね・・・。
もうすっごい柚子のええにほひv
香りがいいとは聞いてたけど。
ここまで良いとは! 正直、驚きですよ奥さん!
すっごい新鮮な柚子の香りそのまま☆って感じなんです!

ちょこっと指につけて舐めてみると・・・。
柚子の香りが物凄い漂ってるのはもちろん、なんともいえないピリッとした唐辛子の風味、そこへきて利尻産昆布がそんなピリ辛さ加減を微妙に和らげている・・・。そう。ただ、ピリからって訳じゃない。
昆布のうまみがこのピリからを優しく、まろやかにしてるって感じなんです!
こりゃ〜、たまげたね。

一緒に同封されていたお手紙を拝見しても、機械による大量生産は柚子の香りを損なうということから、おばちゃんたちが柚子を1個づつ丁寧にむいむいしてくれてるんやって。だから1日たった1000個しか作れないんやって。
製造にもこだわり、そして素材にもこだわりを見せる国産・無添加・無着色。
まさに今の時代にぴったりやないの〜♪
「柚子ごしょう」ではない「ゆずとんからし」。
この文句にもある通り、つなば本舗さんのこだわりが明確な1品です。

もう1品、たえのお料理にゆずとんを。
DSC03948a.jpgDSC03956a.jpg
京の冬の味。大根の炊いたんv
これ好き〜ぃ。
白煮にしようかと思ったけど、ちょっと茶色く色づくお大根が家庭の味って感じで好きです。
鶏がらスープとカツオのお出汁でコトコトゆっくり炊いたお大根に、ゆずとんをちょびっと乗せて・・・。
あぁ・・・たまら〜んv
甘〜いお大根がホロホロと口の中で溶けていく感じは、たえの京オンナ魂を呼び起こすわぁ〜。(笑)
甘いお大根とキリッとしたゆずとんが文句なしに合う!
かぶも勿論あいます♪

余りの美味しさにもっと使いたくなってきた〜。
毎日食べてしまいそう・・・。(汗)

それに心配していたのがウソのように、今、アタシの中でいろんなレシピがフツフツと浮かんでおります。
だってこれ、いろんな物に合うで〜。
実はこの「ゆずとんからし」、1つしかないので、どこまでレシピ開発できるかどうか。それに一気に大量に使うレシピは、お料理の数が減ってしまうし・・・。とりあえず数多くのレシピ開発の為にも、少しづつ大事に使っていきたいと思います♪

レシピ開発の締め切りが1月下旬ということで、こちらで度々「ゆずとんレシピ」が出てくると思いますが、「えぇ〜。またゆずとん〜?」なんておっしゃらずに・・・ねっ?(笑)
本当は和食以外というのがテーマなのですが、今日のように和食も載せていくかもしれません。
レシピはレシピ系のカテゴリーに随時入れていきますね♪
もし「おっ!これ美味そう〜v」思った方は是非「ゆずとん」で、「ゆずとん」が無い方も「柚子こしょう」で作ってみてください☆
とにかく作れるだけ、バシバシ作ってくわv(笑)
そんなわけで、早速今日作ったお料理2品、レシピいってみたいと思いま〜す♪

最後に・・・。
かんさん、つなば本舗さん、面白い企画に参加させてくださってどうもありがとうございます♪
とにかく楽しみながら、この美味な「幻の薬味」を使ったお料理を考えてみたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

posted by たえ at 10:53| Comment(6) | TrackBack(0) | ゆずとん系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。